朝日杯フューチュリティS(JpT)

中山11R 距離1600m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
ベルカント武豊
テイエムキュウコー三浦皇成
アトム川田将雅
マイネルディアベルM.デムーロ
サトノロブロイ松田大作
(外)アジアエクスプレスR.ムーア
エルカミーノレアル川須栄彦
(地)ニシノデンジャラス田辺裕信
ツィンクルソード福永祐一
10 グリサージュ江田照男
11 ショウナンアチーヴ後藤浩輝
12 アポロスターズ勝浦正樹
13 [地]プレイアンドリアル柴田大知
14 ウインフルブルーム和田竜二
15 ハイアーレート吉田豊
16 ショウナンワダチ北村宏司


先週も外れて残り二回当たるのか。
今年はあまり運が良いとは思えないのですが、頑張ります。

さて、先週ほどレベルの高い馬がいないと言われる朝日杯FS。
中山でのレースは今年で最後。来年からは阪神になるそうです。
トリッキーなコースであるため今後に影響が出る中山よりは阪神がいいのではという話も。
一部ではここでのレースでかかるようになった馬もいるという噂もあり代わるのは良いかもしれません。
それはさておき、今回の注目は武騎手でしょう。
ここを制すれば平地GT全制覇という偉業が達成されるということで注目を浴びています。
先週の阪神ではなくこちらを選んだベルカントに騎乗。
最内枠を取り逃げ馬としては最高のお膳立てができました。
状態も良くあとは距離をどう克服するかが問題。
血統的にも短距離ではないかという話もあり、マイルはどうか。
最内枠が功を奏するかがポイントです。
そしてもう一つの注目はコスモバルク以上とオーナーが押しているプレイアンドリアル。
地方馬ですがこのメンバーなら引けを取らない実力があります。
前走は二着ですが、コース差によるところで負けて強しの印象。
順調に仕上がっているそうです。
ただ気になるのは地方所属のままということ。
北海道所属から川崎所属になったとはいえ、外厩で鉾田を借りての中間調整。
コスモバルクも苦戦した中央制覇は達成できるのか。
他に注目はアトム、アジアエクスプレス、エルカミーノレアル、ツィンクルソード、ショウナンアチーヴ、ウインフルブルーム、ショウナンワダチ。
アトムは前走1200勝ちのホウライアキコを侮っての負け。
それでもレコード決着の2着なのだから実力はある。
ホウライアキコは大外で泣いたが、こちらは良い枠を引いたことにより勝つ可能性は高い。
仕上がりも申し分なくディープ産駒でマイルも不安なし。
このメンバーなら十分勝ち負けです。
アジアエクスプレスは二戦ともダート。
初芝が問題になるがメンバー的には通用する可能性も。
阪神ジュベナイルレベルならいらないが。
エルカミーノレアルはさすがにGT級とまではいかないレベル。
普通ならいらないがGVレベルとも言われるこのメンバーならひょっとしてもあります。
人気薄の分馬券的にもおいしい穴候補。
ツィンクルソードは終いの脚がすごい馬。
折り合いに苦労するが祖母分溜めることができれば弾けた走りを見せてくれます。
鞍上が上手く折り合いをつければ十分通用する。
ショウナンアチーヴは高松宮記念馬ショウナンカンプと阪神JF馬ショウナンパントルの仔。
血統的にGTを取ってもおかしくない良血馬です。
血統からマイルも通用し、一戦ごとに力をつけています。
問題はゲートで、ここをうまくクリアできれば十分通用すると思います。
ウインフルブルームはここまでセンスで買ってきた馬。
まだそこが知れず力が付けば将来的には楽しみな馬です。
最大の特徴であるセンスの良さが生かせる中山なら現状でも通用すると思います。
ショウナンワダチは陣営が思っている以上の力を発揮し勝ってきた馬で、中二週ですが面白い馬です。
ただ大外になったことが気になるところ。
連に絡むことを考えて押さえておきます。


で、なる五郎の予想。
本命◎はプレイアンドリアル。
○はアトム。
▲はベルカント。


馬連 3−13 1−13 6−13 7−13 9−13 11−14 13−14 3−16
枠連 2−7 1−7 3−7 4−7 5−7 6−7 7−8