天皇賞(GT)

京都11R 距離3200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
キタサンブラック武豊
トゥインクル勝浦正樹
カレンミロティック池添謙一
トーセンレーヴ武幸四郎
フェイムゲームH.ボウマン
アドマイヤデウス岩田康誠
ファタモルガーナ内田博幸
シュヴァルグラン福永祐一
トーホウジャッカル酒井学
10 アルバートC.ルメール
11 タンタアレグリア蛯名正義
12 ヤマニンボワラクテ丸山元気
13 マイネルメダリスト柴田大知
14 サトノノブレスム和田竜二
15 サウンズオブアース藤岡佑介
16 ファントムライト三浦皇成
17 ゴールドアクター吉田隼人
18 レーヴミストラル川田将雅


春の天皇賞です。
一番人気はディープ以来、出ていない波乱の多いレース。
連対率も悪いので一番人気は押さえ程度が良いだろう。

抜けた馬がいない今回はどの馬にもチャンスはある。
注目の馬はキタサンブラック、フェイムゲーム、シュヴァルグラン、アルバート、ゴールドアクター。
キタサンブラックは良い枠が引け、フェイムゲームは名騎手に乗り替わり。
阪神大賞典を勝ったシュヴァルグランは調教で好調だった。
アルバートはルメール騎手が積極的に騎乗すればチャンスは十分ある。
ゴールドアクターは外枠になってしまったが実力のある馬。
上手く内に入り脚を溜められれば勝ちきることができる。
他にタンタアレグリア、ヤマニンボワラクテ。


で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はキタサンブラック
○はフェイムゲーム
▲はシュバルグラン


馬連 1−5 1−8 1−17 1−10 1−11 1−12
枠連 1−3 1−4 1−8 1−5 1−6