高松宮記念(GT)

中京11R 距離1200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
(外)キーンランドスワン四位洋文
トウショウギア赤木高太郎
(父)(市)(地)プリサイスマシーン岩田康誠
(父)マルカキセキ吉田稔
マイネルアルビオン柴山雄一
(市)[地]ネイティヴハート内田博幸
リミットレスビッド田中勝春
(父)ブルーショットガン藤岡佑介
(外)シンボリグランM.デムーロ
10 カネツテンビー江田照男
11 オレハマッテルゼ柴田善臣
12 (市)ギャラントアロー幸英明
13 (父)シーイズトウショウ池添謙一
14 ラインクラフト福永祐一
15 (市)ウインクリューガー中舘英二
16 (父)タマモホットプレイ渡辺薫彦
17 (市)ゴールデンキャスト小牧太
18 コパノフウジン佐藤哲三


今回の高松宮では、これといった出走馬はいない。
有力馬の出走がないため、どの馬にもチャンスがある。
そんな中、なる五郎が注目しているのは、オレハマッテルゼ。
この馬は名前どおり、先頭を走るとソラを使ってしまい他馬を待ってしまう傾向が。
そのため、2着になることが多い。
しかし、今回のレースはシンボリグランのようなしぶとい馬がいるため、ソラを使うことはないだろう。
実力はあるので、あとはどこまで本気で走ってくれるかだ。
ほかに注目馬は、今書いたシンボリグラン。
前走は、馬場の状態が馬に合わずの3着。まともなら勝っていたと思われる。
状態は好調ということなので、あとはスタート次第。
リミットレスビッドは、重賞連覇がダートのため芝はどうかと思われがちだが、
実は芝のほうに適している。
芝は千二百で8戦のうち5勝しており、ダートは陣営もうれしい勝利である。
しかも、中京でメイショウボーラーやアドマイヤマックスといった実力馬と僅差の3着を演じるなど、
実力は十分にある。
今回も調子は上がっているので、期待大だ。
ほかには、プリサイスマシーン、マイネルアルビオンなどを抑えておくといい。
ラインクラフトは、急遽参戦が決まったため、どうなるかわからない。
急仕上げでどこまでやれるかが勝負の分かれ目。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はオレハマッテルゼ
○はリミットレスビッド
▲はシンボリグラン


馬連 7−11 9−11 3−11 11−14
枠連 4−6 5−6 2−6 6−7 6−8