桜花賞(GT)

阪神11R 距離1600m(芝・右回り)
枠番馬番馬名騎手
(市)ユメノオーラ渡辺薫彦
(父)アサヒライジング柴田善臣
(父)ラッシュライフ四位洋文
(市)ダイワパッション長谷川浩大
(市)テイエムプリキュア熊沢重文
(父)グレイスティアラ田中勝春
エイシンアモーレ福永祐一
(市)アドマイヤキッス武豊
アイアムエンジェル柴山雄一
10 アルーリングボイスM.デムーロ
11 ウエスタンビーナス藤田伸二
12 (父)コイウタ横山典弘
13 (父)(市)ミッキーコマンド石橋守
14 (父)(市)キストゥヘヴン安藤勝己
15 (父)ウインシンシア秋山真一郎
16 シェルズレイ岩田康誠
17 (市)フサイチパンドラ角田晃一
18 (父)タッチザピーク柴原央明


さて、大混戦が予想される桜花賞。
去年ほど強い馬はいないためである。
桜花賞のトライアルとされるレースで有力馬が負けるという波乱から、
このような形になったのだが……。
しかも、前哨戦、もしくは桜花賞から乗り役が変わるという交代劇まであり、波乱は必至であろう。

そんな中、私が注目するのは、テイエムプリキュア。
前走は、骨折で乗り役が変わり4着。
もともとこの馬は、道中の手ごたえが悪く見える馬。
乗りなれない上村では、難しかったのかもしれない。
今回は熊沢が戻り、陣営も手ごたえを感じている。
抑えておいて損は無いだろう。
人気馬となるアドマイヤキッスは、前走から乗り役が武豊に。
前々走は、横山で1着だったのに、なぜか交代している。
裏の事情がありそうだが、どうなのだろうか。
馬の実力は前走でわかるとおり、圧倒的な強さを持っている。
あとは、前走の反動が気になるところ。
乗り役交代といえば、キストゥヘヴン。
前々走は、アンカツで前走は横ノリ。そしてまた、アンカツに戻る。
この交代劇も、新聞には出ない事情があると見る。
実力はあるのだから、外すべきではないが気になるところ。
その横ノリは、コイウタに騎乗。
成績は安定しているので、抑えておきたい。
他にフサイチパンドラ、シェルズレイにも注目したい。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はテイエムプリキュア。
○はアドマイヤキッス。
▲はキストゥヘヴン。


馬連 5−8 5−14 5−12 5−16 5−17
枠連 3−4 3−7 3−8 3−6 4−7