天皇賞(GT)

京都11R 距離3200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
ストラタジェムG.ボス
(父)マッキーマックス藤田伸二
(父)チャクラ小牧太
ローゼンクロイツ安藤勝己
トウカイトリック芹沢純一
(父)トウカイカムカム幸英明
(市)ディープインパクト武豊
ビッグゴールド和田竜二
(父)デルタブルース岩田康誠
10 (市)アドマイヤモナーク四位洋文
11 リンカーン横山典弘
12 ハイフレンドトライ小林淳一
13 (父)ファストタテヤマ武幸四郎
14 (父)アイポッパー福永祐一
15 (父)シルクフェイマス柴田善臣
16 (市)ナリタセンチュリー田島裕和
17 ブルートルネード池添謙一


さて、今回の天皇賞は軸は決定している。
ディープインパクト。この馬は説明するまでも無いだろう。
このメンバーなら間違いなく、勝てる。はずす要素がどこにも無い。
何しろ前走の走りを見れば、今年もこの馬が強いとわかるはずだ。
そこで相手になるわけだが、ディープがらみだと高配当が付かない。
それでも探せば、高配当になるだろう馬がいる。
まずはマッキーマックス。
前々走ではレコードで快勝し、前走はプラス10キロの余裕残しの調教でも粘り強く2着に。
叩いただけあって、状態がいい。鞍上は藤田を背に上位を狙っている。
リンカーンも面白い。
状態も申し分ないし、鞍上は横山典なので、連帯率も申し分ない。
秘策を常に考えている横山典なので、本番で面白いことをしてくれそうだ。
穴狙いなら、トウカイトリック、ストラタジェムが狙い目。
ストラタジェムは日経賞のG前の伸び足が強烈だったし、
トウカイトリックは、エルコンドルパサーの子。
大賞典でディープに続く2着と期待が持てそうだ。
配当に妙味は無いが、抑えにデルタブルース、ローゼンクロイツを買うといいだろう。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はディープインパクト
○はマッキーマックス
▲はリンカーン


馬連 2−7 7−11 5−7 1−7 4−7 7−9
枠連 1−4 4−6 3−4 2−4 4−5