NHKマイルカップ(GT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
(市)マイネルスケルツィ柴田善臣
(父)ファイングレイン横山典弘
(地)モエレフィールド田中勝春
(外)アポロノサトリ蛯名正義
(市)(地)モエレソーブラッズ柴山雄一
(父)(市)ロジック武豊
(父)(市)エムエスワールド藤岡佑介
(外)ステキシンスケクンG.ボス
(父)(市)ゴウゴウキリシマ石橋守
10 (市) ダイアモンドヘッド岩田康誠
11 タガノバスティーユ池添謙一
12 ユウカージナル小牧太
13 (父)アドマイヤカリブ後藤浩輝
14 (外)セレスダイナミック和田竜二
15 (外)キンシャサノキセキ安藤勝己
16 ディープエアー四位洋文
17 (外)ドラゴンウェルズ藤田伸二
18 (市)フサイチリシャール福永祐一


天皇賞は、ディープインパクトの圧勝だった。
まさに怪物と呼ぶにふさわしい勝ちっぷりだった。
2着のリンカーンも2番人気に答える内容の競馬だった。
配当は少なかったけど。

さて、今回は天皇賞のように確実に軸となる馬はいない。
しかし、強い馬が揃っていまる。
1番人気はフサイチリシャール。皐月賞は5着と振るわなかった。
今回も皐月賞同様、勝つのは難しいと思われる。
その理由として、皐月賞に出走したことがあげられる。
もともと、NHKマイルを狙っていたが、急遽皐月賞にも出走。
余計な皐月賞を使ったことで、この中間どこまで立ち直っているかが勝負の分かれ目。
このメンバーでは上位にいるが、大外を引いたのも不安要素と軸にするのは難しい。
福永騎手がどのような乗り方をし、雨がどのような影響を与えるか。
リシャールのレース展開によっては美味しい配当になるであろう。
2番人気のマイネルスケルツィは、最内のニュージーランドTを快勝。
しかも、ここを見据えての余裕残しの調教での勝ち。
それだけ馬の能力が高いと言えよう。
しっかりと仕上げ、鞍上の柴田善騎手も土曜に勝ち星を挙げて勢いに乗っている。
高松宮記念のように、GT制覇を狙っている。
陣営も騎手も手ごたえをつかみ、間違いなく勝ちを獲りにくる。
他の注目馬は、アポロノサトリ、ロジック、アドマイヤカリブ、キンシャサノキセキ。
特にキンシャサノキセキは、鞍上の安藤騎手が美浦に乗りに行くほど関心度が高い馬。
連帯率の高い、安藤騎手は抑えておくべき。
ロジックは難しいところ。橋口厩舎と武のコンビは、過去二度NHKマイルに挑戦しているが、
1番人気に押されながら結果を残せないでいる。
今回は人気はそれほど高くないのがどう影響するか。
三度目の正直となるか、それとも二度あることは三度ある?
明日の東京は雨なので、どこまで影響があるか。楽しみなレースである。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はマイネルスケルツィ
○はフサイチリシャール
▲はキンシャサノキセキ

馬連 1−18 1−15 1−4 1−6 1−13
枠連 1−8 1−7 1−2 1−3 7−8