ヴィクトリアマイル(GT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ダンスインザムード北村宏司
マイネサマンサ森下博
ジェダイト佐藤哲三
(市)スナークスズラン田中勝春
(父)(市)コスモマーベラス柴田善臣
ラインクラフト福永祐一
(父)(地)アグネスラズベリ本田優
(父)オーゴンサンデー後藤浩輝
レクレドール蛯名正義
10 (父)ヤマニンシュクル四位洋文
11 ロフティーエイム安藤勝己
12 ショウナンパントル吉田豊
13 ディアデラノビア岩田康誠
14 チアフルスマイル横山典弘
15 デアリングハート藤田伸二
16 ヤマニンアラバスタ江田照男
17 アズマサンダース藤岡佑介
18 エアメサイア武豊


東京開催GT二連勝と波に乗る武騎手。
今年が第1回となるヴィクトリアマイルにはエアメサイアで騎乗予定。
はたして三連勝となるのか?

まずはダンスインザムード。
厩務員が変わったことによって昨年の夏から秋にかけては不調だった。
だが秋以降、違う厩務員に変わると本来の力を取り戻してきた。
さすがにマイラーズCでは牡馬のダイワメジャーに負けたが、前哨戦としては上々。
精神面も大人になり、調整も上手くいっている。
1枠に渋い顔も、あとは鞍上に任せるだけ。
ラインクラフトは陣営のトーンが上がっていて「マイルまでならエアメサイアに負けない」と自信満々。
確かにマイルならこの馬だといえるが、果たして東京のマイルはどうか。
阪神牝馬Sから上積みが無く、先週ケイコが強すぎたから今週は軽めと不安なところも。
もっとも、きっちり仕上げる厩舎であるから要らぬ心配かもしれないが。
アグネスラズベリは、あまり印象が無いが4連勝してきている馬。
陣営は「無理な競馬をすると反動が残る心配があったので、楽なところを選んで勝ってきた」と言っている。
長距離輸送、初のGT、道悪挑戦と未知数が多いが、厳しい流れを経験し、4連勝という勢いもある。
ラップもラインクラフトに見劣りしないものを刻んでいる。
マイルは守備範囲。人気薄だけに、波乱の立役者になる可能性がある。
ヤマニンシュクルは中山牝馬Sで強さを見せた。
脚に爆弾を抱えるこの馬。だが、素質は充分ある。
陣営も強気で、テンションをあげないようにと四位騎手より10kg重い助手が騎乗し、
それでも稿時計を出している。
四位騎手も新潟大賞典で久々の重賞勝ちをし、勢いが出てきつつある。
一発もあるかもしれない。
ロフティーエイムは骨の病気でデビューが遅れた馬。
1年前の入厩時には名前すら決まっていなかった。
だが、この1年で重賞ウイナーになりGTに挑戦するまでにいたる。
いい状態で仕上がり、連に絡む要素有り。
鞍上もアンカツなら、抑えておくべき。
ディアデラノビアはオークス3着の馬。
その後調子を崩し、成績も今ひとつ。
だが、岩田騎手に代わってから調子を上げており、復調の兆しがある。
そろそろ荒れる内枠ではなく、外を引いたことがプラス材料にもなる。
大外強襲もありえるので注意が必要。
チアフルスマイルは、今年に入って5戦も消化。
そろそろとも思えるが、陣営はそうは思っていない。
この馬は間隔を詰めたほうが走るといい、デキも充分。
2週前まで除外対象だったため藤田騎手ではなくなったが、最近は重賞で2着が多い横ノリ騎手が鞍上。
この馬で久々の重賞勝ちを目指し、力が入っているとのこと。
ヤマニンアラバスタは、左回りに強い。
3ヶ月休のあと火と叩きあり、上積み充分。
当日輸送をクリアできれば、悲願のGTを獲る事が出来る。
ラストはエアメサイア。
鞍上は波に乗っている武騎手。
ここを狙ってのローテーションで、前走もここを想定して2着を確保してから流していた。
仕上がりも充分、ラインに借りを返すと陣営も気合充分。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はダンスインザムード
○はエアメサイア
▲はラインクラフト

馬連 1−18 1−6 1−7 1−10 1−11 1−13 1−16
枠連 1−3 1−4 1−5 1−6 1−7 1−8