オークス(GT)

東京11R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)ブルーメンブラット川島信二
(市)フサイチパンドラ福永祐一
(父)アクロスザヘイブン小野次郎
(父)ヤマニンファビュル石橋守
(父)ニシノフジムスメ藤田伸二
(父)コイウタ横山典弘
(市)ユメノオーラ渡辺薫彦
シークレットコードG.ボス
(父)カワカミプリンセス本田優
10 (父)アサヒライジング柴田善臣
11 (市)テイエムプリキュア熊沢重文
12 (父)キープユアスマイル田中勝春
13 (市)アドマイヤキッス武豊
14 ブロンコーネ吉田豊
15 シェルズレイ岩田康誠
16 (市)マイネジャーダ四位洋文
17 (父)(市)キストゥヘヴン安藤勝己
18 ヤマトマリオン菊沢隆徳


さて、今回はオークス。
2冠を狙うキストゥヘヴンに雪辱を晴らすアドマイヤキス。
休み明けからいまいち調子が上がっていないテイエムプリキュア。
他にも有力馬はたくさんいる。
まずはアドマイヤキス。
桜花賞では14キロ減と体調が万全ではなかったアドマイヤキス。
反動が心配されたが、立て直しは万全で問題なし。
中間はビシビシ鍛えてあり、武騎手もその動きに満足の様子。
陣営はハナからオークスを狙っていたので、今回は負けられない。
キストゥヘヴンは、前走ラストで切れの凄い所を見せた。
もっとも陣営は体重キープに必死だったりしたのだが。
今回は、カイバを代えた効果で馬体回復は成功。
あれば馬も句にせず、距離も不安は無い。
ただ、掛かるような面を見せるだけに少し不安もある。
テイエムプリキュアは雨はプラスになるが、明日の予想は晴れ。
馬場の状態にもよるが、時計が掛かるなら勝算も。
ジョッキーは強気で勝負に来る。
フサイチパンドラはケイコで鋭い動きを見せている。
稽古をつけた福永騎手も絶賛しているほど。
稽古どおりなら一発もありえる。
カワカミプリンセスは競馬で使うたびに良くなっている馬。
もともと期待されていなかった馬だが、使うたびに良くなり評判も鰻上り。
初戦は不良馬場を快勝。2戦は絶対不利な大外から一気の差し切り。
無敗のGT制覇を目指す。
ニジノフジムスメは桜花賞は除外になった馬。
それが功を奏したのか、却って良くなり忘れな草賞も最内を突いて差し切った。
道悪も苦にしないので、一発がある可能性がある。
アサヒライジングは、スタミナ豊富な母系だけに距離に問題は無い。
馬体に張りがあり、落ち着きがあって最高の状態。
柴田善騎手も自信ありで期待が持てる。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はアドマイヤキス
○はカワカミプリンセス
▲はキストゥヘヴン

馬連 9−13 13−17 2−13 5−13 10−13 11−13 13−18
枠連 5−7 7−8 1−7 3−7 6−7 7−8