日本ダービー<東京優駿>(GT)

東京10R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
スーパーホーネット川田将雅
メイショウサムソン石橋守
(父)(市)ロジック幸英明
マルカシェンク福永祐一
(父)トーホウアラン藤田伸二
アドマイヤメイン柴田善臣
(市)フサイチリシャールG.ボス
パッシングマーク北村宏司
サクラメガワンダー内田博幸
10 アドマイヤムーン武豊
11 ヴィクトリーラン安藤勝己
12 (市)アペリティフ和田竜二
13 (父)(市)トップオブツヨシ池添謙一
14 (外)ジャリスコライト横山典弘
15 (父)ドリームパスポート四位洋文
16 (市)ナイアガラ小牧太
17 (市)フサイチジャンク岩田康誠
18 エイシンテンリュー蛯名正義


今年のダービーは、ディープほどの馬はいないが、強者ぞろい。
今年の皐月賞馬メイショウサムソン、逃げ馬アドマイヤメイン、皐月賞で2着のドリームパスポート、
負けて強さを見せ付けたフサイチジャンク、弥生賞を勝ったアドマイヤムーン、
他にグラスワンダーの子、サクラメガワンダー、ジャリスコライトにフサイチリシャール、NHKの覇者ロジック。
この中でなる五郎が注目する馬を検証しようと思う。
まずはメイショウサムソン。
皐月賞は強さを見せ付けたレース。鞍上の石橋騎手が馬の能力を知り尽くしたレース展開での勝ち。
勝ちある勝利で2冠を狙う。
もちろん、仕上がりは最高。あとは自分の競馬をするだけ。
アドマイヤメインは、逃げ馬として一級の素質を持つ。
よどみないペースで後続の脚をなし崩しに消耗させる厳しい勝ち方。
こうしたレースが出来るのも、血統のなせる業。
今回も芸術的に逃げ切りを図る。
ドリームパスポートは、末脚が凄い。
直線の短い中山ではその脚が生かされなかったが、東京なら末脚を生かしたレースを見せられる。
仕上がりも申し分なく、一発もあるかもしれない。
フサイチジャンクは、皐月賞では内枠が災いして包まれる形に。
それでも外から追い上げての3着は、底力を感じさせる。
今回は外枠で距離もデビューから意識してきたので申し分なし。
早めに美浦に入厩したのもプラス材料。
馬体もいい感じに仕上がり、あとは岩田騎手の手綱にかかっている。
アドマイヤムーンは、武騎手がリベンジに燃える。
同じアドマイヤのメインに騎乗して青葉賞を勝った武騎手。
メインで行くのかとも言われたが、ムーンに騎乗することに。
皐月賞は、ジャンクを蹴っての騎乗でジャンクの背を見てのゴール。
今回こそは選んだ馬で先頭を切る。
もともと先頭に立つと気を抜く馬。今回は先頭にメインがいるので気を抜けない。
前にいる馬を抜こうとする性格から、メインを見ての競馬となるだろう。
状態も申し分ないので、上手くすればアドマイヤでのワン・ツーもありうる。
マルカシェンクも注目馬だ。
デビュー戦でフサイチリシャールを完封。2戦目にGUデイリー杯を制し、京都2歳Sではドリームパスポートを破っている。
骨折が無ければ、高評価を受けていたところだろう。
その馬が最高の仕上がりで戻ってきた。
陣営は皐月賞を見て、この馬なら負ける気がしないと強気。
この馬はぜひ抑えておくべきだろう。
サクラメガワンダーは、ラジオたんぱではビシッと仕上げてものにしたが、弥生賞、皐月賞は輸送を考えた追い切り。
そのため、着順は振るわなかった。
今回はビシッと仕上げて申し分ない。あとは馬体重が減らなければ、勝負になるだろう。
他に注目はトーホウアラン、ジャリスコライト


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はフサイチジャンク
○はアドマイヤメイン
▲はマルカシェンク

フサイチジャンクは、ずっと追ってきた馬。なので本命から外せません。

馬連 6−17 4−17 2−17 5−17 9−17 10−17 14−17 15−17
枠連 3−8 2−8 1−8 5−8 7−8 3−7 3−5 5−7