安田記念(GT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ダイワメジャー安藤勝己
ダンスインザムード北村宏司
テレグノシス武豊
[外]ブリッシュラックB.プレブル
メイショウボーラー福永祐一
(市)ハットトリック岩田康誠
(外)シンボリグラン柴山雄一
(父)フジサイレンス江田照男
ローエングリン四位洋文
10 [外]ザデュークD.ダン
11 (父)カンパニー内田博幸
12 (父)(市)バランスオブゲーム田中勝春
13 (外)エイシンドーバー蛯名正義
14 インセンティブガイ横山典弘
15 (外)アサクサデンエン藤田伸二
16 [外]ジョイフルウィナーD.ビードマン
17 オレハマッテルゼ柴田善臣
18 グレイトジャーニー佐藤哲三


GTも残りわずかとなった。
前回はメイショウサムソンの強さに感服。
今回も面白いレースを期待する。

で、まず、いらない馬を紹介。
ダイワメジャーは最内を引いてしまい陣営のテンションも下がり気味。
鞍上のアンカツも2、3着がいいところと弱気。
ローエングリンも外すべき。
すでにピークを過ぎていて、2年前ならと陣営の関係者も話しているという。
微妙な馬はアサクサデンエンにザデューク、ハットトリック。
アサクサデンエンは今年はまだ勝ち星なし。
陣営も去年ほどではと弱気。
ザデュークは実績はあり、香港のトップクラスは間違いない。
ただ、陣営にとっても馬にとっても初来日。
日本での調教の経験がないというのがハンデとなるか?
乗り役も他のレースで馬に乗れないため、コースに戸惑いが出そうだ。
ハットトリックは去年ほどの輝きがない。
ただ陣営は強気で勝ちに来ている。果たして……。

さて、今回は要らない馬など紹介してみたが、ここからはなる五郎の注目馬の紹介。
まずは、ヴィクトリアマイルで復活したダンスインザムード。
好状態を保っていて元気。仕上げも万全で鞍上もヴィクトリアで勝って自信を持ち、強気でいる。
テレグノシスは、勝浦騎手から武騎手に乗り代わり。
状態もよく、武騎手も馬の能力を最大限に引き出せると強気。
インセンティブカイは前走で横山典騎手が馬を掴めたと言ったそう。
馬の癖などがわかれば後は、どうレースするかだけ。
状態もデビュー以来最高と一発を狙っている。
オレハマッテルゼは、高松宮で勝ち京王SCでも勝って調子を上げている。
ただ外枠に陣営は歓迎できないのが本音。
それでも鞍上の柴田善騎手はバランスオブゲームが行くといっているので、上手く内を取れればと前向き。
状態も良いし、安定感のある馬。2冠もありえる。
カンパニーは東京のマイルに自信があり、差し比べにも他に負けないと自信あり。
厩舎側も同厩舎のオレハマッテルゼより期待しているとのこと。
感触もこちらのほうがよく、馬主も内田騎手を指名するほど力を入れている。
ブリッシュラックは、去年の雪辱を晴らしに来日。
2度目ということもあり、調教もスムーズに。陣営も思惑通りの仕上がりにニンマリ。
これに勝てばアジアマイルチャレンジの賞金100万ドルが手に入るため、勝ちを意識している。
プレブル騎手は他のレースでの騎乗があり、コースを知ることができ他の香港馬の騎手より有利。

なるみ五郎の予想は以下の通り。
本命◎はブリッシュラック。
○はテレグノシス。
▲はダンスインザムード。

馬連 3−4 2−4 4−11 4−17 4−6
枠連 1−2 2−6 2−8 2−3 1−8 2−2