スプリンターズS(GT)

中山11R 距離1200m(芝・外回り) 3歳以上
枠番馬番馬名騎手
(父)ビーナスライン秋山真一郎
タガノバスティーユ勝浦正樹
[外]レザークE.サンマルタン
メイショウボーラー福永祐一
(父)シーイズトウショウ池添謙一
(市)ゴールデンキャスト小牧太
オレハマッテルゼ柴田善臣
(外)キーンランドスワンL.イネス
[外]ベンバウンD.オドノヒュー
10 (父)ブルーショットガン藤岡佑介
11 (父)タマモホットプレイ渡辺薫彦
12 (父)(地)シンボリエスケープ蛯名正義
13 [外]テイクオーバーターJ.フォード
14 [外]サイレントウィットF.コーツィー
15 (外)ステキシンスケクン後藤浩輝
16 チアフルスマイル岩田康誠


久しぶりのなる悟朗だ。秋のGTが始まった
ただ10月は仕事で出張のため、予想が出来ない場合もあるのでご容赦願いたい。
さて、今回のスプリンターズSは去年同様日本勢にこれといった馬がいない。
外国勢では、テイクオーバーターゲット、去年の覇者サイレントウィットネスなど、
グローバル・スプリント・チャレンジの覇者を目指す強者が来日している。
そんな日本勢の中で気になるのはチアフルスマイル。
キーランドCで不利な外枠を克服し、遅咲きだが良血馬として本格化してきた。
芝の千二百が合っているようで、ハマれば怖い。
陣営もハマればココでもとやる気充分。注意されたし。
若いが京成杯で逃げ切ったステキシンスケクンも注意。
3歳ということで微妙ではあるが、外枠を引き包まれることがないのでもしかしたら逃げ切る可能性も。
シーイズトウショウは過去2回惨敗しているが、6歳馬になりながらもパワーアップした。
札幌戦から中1週のローテーション。レース前の突然の豪雨という厳しい状況を跳ね除けての勝ち。
本格化してきた今なら勝てるかもしれない。
ただし、中山とは相性が悪く、夏競馬の疲れがどこまで残ってるかがポイント。
外国勢では、テイクオーバーターゲットが最注目馬。
前走は来日してすぐのレース。調整もほとんど出来なかった割には、2着と健闘。
2戦目の今回は調整も順調で得意の右回り。
勝てばグローバル・スプリント・チャレンジ優勝が確定する。
気合充分で、勝って栄光を手にする。
ほかに外国馬では昨年の覇者サイレントウィットネスが要注意。


なる五郎の予想は以下のとおり。
本命◎はテイクオーバーターゲット。
○はチアフルスマイル。
▲はサイレントウィットネス。
押さえにシーイズトウショウ。

馬連 13−16 13−14 5−13 7−13 12−13
枠連 7−8 3−7 4−7 6−7 7−7 3−8