秋華賞(GT)

京都11R 距離2000m(芝・内回り) 3歳以上牝馬
枠番馬番馬名騎手
(父)(市)キストゥヘヴン安藤勝己
(父)ソリッドプラチナム小牧太
(父)タッチザピーク池添 謙一
シェルズレイ岩田康誠
(市)フサイチパンドラ福永祐一
(父)ブルーメンブラット川島信二
シークレットコード横山典弘
(外)ホウショウルビー藤岡佑介
(市)アドマイヤキッス武豊
10 ヤマトマリオン幸英明
11 (父)キープユアスマイル田中勝春
12 (父)カワカミプリンセス本田優
13 サンドリオン秋山真一郎
14 ブロンコーネ和田竜二
15 (父)ニシノフジムスメ藤田伸二
16 (父)アサヒライジング柴田善臣
17 トシザサンサン熊沢重文
18 (父)コイウタ吉田隼人


ディープインパクトの年内での引退はショックだった。
来年も凱旋門に挑戦ほしかったが、仕方が無い。
ディープのような馬が再び現れてくれることを祈る。
さて、オークス馬の出場馬が13頭と史上最多の今回のレース。
気になる馬は、そんなオークス場に集中する。
まずはキストゥヘヴン。
桜花賞を制した馬だが、オークスでは距離に泣いた。もちろん疲れもあっただろう。
前走は叩き台で、不利なレース、牡馬レースでの5着は悲観するものではない。
馬体もしっかりしていて好調。唯一気になるのは最内なこと。
それでも鞍上は色気を出している。
次に気になるのは、オークス4着のアドマイヤキッス。
ローズSで豪快に差し切り。春とは違う走りを披露した。
中間の調整も順調で「今までで最高の状態」と厩舎サイドは最高潮に盛り上がっている。
武騎手は、冷静に前走を分析し更なる完璧さを求めているよう。
ただし、否定的ではないので一発あるかもしれない。
オークスを制したカワカミプリンセス。
まだ4戦のキャリアながら、デビュー戦はドタドタ馬場で逃げ切り勝ち、
2戦目は不利な大外枠から豪快な差し切り勝ち、スイートピーSでは普通は届かないところから差し切り勝ち、
前走は好位追走から抜け出しと、どんな競馬でもできる馬である。
休み明けとはいえ、じっくりと調教してきただけあって好調である。
以前にもテイエムオーシャンで同じような調教をしてきた陣営だけあって、そのときの経験も生かされている。
力は本物。キャリアが浅いのが気になるところ。
次に注目アサヒライジング。
戦前ではレベルが低いとされた前走のアメリカンオークスは、
勝った馬はブリーダーズCフィリー&メアターフで一番人気が予想され、
3着馬もその後にGI勝ちなど、その後出走メンバーが続々活躍し今にしてみればかなりレベルの高かった一戦、
そのレースで出遅れて大外を捲る競馬で2着はかなり評価していい内容だ。
今回はぶっつけ本番ではあるが、潜在能力は高く陣営も自信を持っている。
他に注意すべき馬は、ソリッドプラチナム。小牧騎手の調子が気になるが、馬は好調。
ここで小牧騎手が復活するかも。
あと、フサイチパンドラも注意が必要。

で、なる五郎の予想。
本命◎はカワカミプリンセス。
○はアドマイヤキッス。
▲はキストゥヘヴン。


馬連 9−12 1−12 2−12 12−16 5−12
枠連 5−6 1−6 6−8 3−6 6−7