菊花賞(GT)

京都11R 距離3000m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)トーホウアラン藤田伸二
ミストラルクルーズ池添謙一
シルククルセイダー秋山真一郎
タガノマーシャル和田竜二
アドマイヤメイン武豊
(父)ネヴァブション石橋脩
マルカシェンク福永祐一
(父)マンノレーシング小牧太
(父)インテレット藤岡佑介
10 (市)フサイチジャンク岩田康誠
11 トーセンシャナオーL.イネス
12 メイショウサムソン石橋守
13 (父)ドリームパスポート横山典弘
14 (市)アペリティフ安藤勝己
15 アクシオン田中勝春
16 (父)トウショウシロッコ吉田豊
17 パッシングマーク四位洋文
18 ソングオブウインド武幸四郎


先週のカワカミプリンセスは強いの一言。
無敗の5連勝はすごい。
さて、今回も強い馬が登場。3冠を目指すメイショウサムソンだ。
前走は1週目板手前から向こう正面まで折り合いがつかず、4コーナーではトモを滑らせバランスを崩した。
何とか立て直すも2着に。ドリームパスポートの大外強襲に負けてしまった。
だが、上記の出来事の他に4ヶ月の休み明けであったことを考えると強いことはは確か。
残り二百メートルからの伸びを見るとその強さに納得がいく。
オペラハウスの血統で、テイエムオペラーオーという良血がいる。
オペラハウスは古馬になってから活躍しているため、メイショウサムソンもこれからといえるだろう。
ベテラン石橋守騎手にプレッシャーはかかるが、そこはベテラン問題なかろう。
そんなこの馬を負かすことが出来そうな馬は、アドマイヤメインにドリームパスポート、マルカシェンクと言った面々。
特に逃げると強いアドマイヤメインや横山典弘騎手に代わったドリームパスポートは要注意。
前走は休み明けのアドマイヤメイン。
大外で武騎手が試し乗りで、逃げないレース。
上手くいかなければ、本番は逃げに戻すという感じで乗っていたための7着は評価に入れなくてもいい。
むしろ今回は逃げるということを念頭にしておいたほうが無難だ。
ドリームパスポートは3冠がかかるメイショウサムソンとは、3勝3敗と五分。
しかも関西エリアでは、負け知らず。
前走は休み明けでもキッチリとサムソンを破り好発進。
最後の一冠に乗り役を横山典弘騎手に代えて、取りに行く。
調子がいいマルカシェンクは一週早めての出走。
追いきりも前走以上に動きがよく、陣営もチャンスがあるとまんざらでもない様子。
抑えておいたほうがいいかもしれない。
そのほか、ミストラルクルーズ、アペリティフ、ネヴァブション、パッシングマーク、ソングオブウインドも注意。
ミストラルクルーズは前走の一週前の追い切りで、右トモが急性の化膿性疾患フレグモーネっぽくなって、
5日ほど稽古を休んで無理やり仕上げた状態。
それでも直線しぶとく伸びて権利獲得。このしぶとさが連に絡む可能性がある。
アペリティフは、春は京都新聞杯で賞金を上積みしてダービーに挑んだが、
初の長距離輸送でイレ込み、6着敗退。
だが、夏場のリフレッシュで大きく成長。鞍上もアンカツに代わり期待したい。

で、なる五郎の予想。
本命◎はメイショウサムソン。
○はアドマイヤメイン。
▲はドリームパスポート。


馬連 5−12 12−13 7−12 14−12 12−18
枠連 3−6 6−7 4−6 6−8 5−6 7−7