天皇賞・秋(GT)

東京11R 距離2000m(芝・内回り)
枠番馬番馬名騎手
(外)アサクサデンエン藤田伸二
(父)カンパニー福永祐一
サクラメガワンダー内田博幸
ダンスインザムード北村宏司
ローエングリン柴田善臣
(外)トリリオンカット和田竜二
スイープトウショウ池添謙一
[地]コスモバルク五十嵐冬樹
(父)インティライミ佐藤哲三
10 スウィフトカレント横山典弘
11 (父)ファストタテヤマ武幸四郎
12 (市)ハットトリック岩田康誠
13 オースミグラスワン四位洋文
14 ダイワメジャー 安藤勝己
15 アドマイヤムーン武豊
16 グレイトジャーインー蛯名正義
17 ローゼンクロイツ後藤浩輝



ディープインパクトの出走回避、はー津くらいは出走せず。
古馬の中でも最強に部類する二頭が出走しない天皇賞。
突出した強さを持つ馬がいないため、どの馬にもチャンスはある。
その中で、注目しているのはダンスインザムード。
過去2回出走して、2着、3着と惜敗続き。
ともにイレ込んでしまうという気持ちの面でコントロールが利かなかったのが、取りこぼしていた印象がある。
だが、今回は違う。今年に入り、心身ともに充実してイレ込みも解消されて安定した成績を残している。
内でゴチャついた安田記念は仕方がないとして、他のレースではパドックでもずいぶんと大人しくなった。
特に必見は毎日王冠では、直線でダイワメジャーにぶつけられる不利を受けながら立て直しての2着。
体力面でもパワーアップして、牡馬に負けない強さを見せつけた。
使っての上積みは大きい。大いに期待したい。
次に注目するのは、3歳馬アドマイヤムーン。
春は無冠に終わったが、それまでの日程が過酷のため燃焼していた感がある。
それは札幌記念を見ればわかること。
リフレッシュしたことで力強さが増し、外から一気の2着に1馬身差をつけての完勝。
あれこそがこの馬の強さといえよう。
ディープが出走回避したことにより、武豊が乗ることも吉。
古馬にも通用する末脚を見せてくれるだろう。
そのほか、ダイワメジャー、スイープトウショウ、スウィフトカレント、コスモバルクも注目。
ダイワメジャーは、出走馬に逃げ馬がいないことが吉。
陣営が希望した外枠も取り、安藤とのコンビで勝ちに行く。
こちらも逃げ馬がいないことがうれしいスイープトウショウ。
瞬発力勝負なら、血統からも言って負ける気配なし。
あとは枠さえ綺麗に入れば、実力を出せるであろう。
スウィフトカレントは、サマーシリーズのチャンピオンになり良い状態をキープ。
現時点ではスイープに勝てる見込みはないが、上位に食い込む実力はある。
連に絡むことを考えれば、抑えて置いて損はない。
コスモバルクも状態は悪くない。
海外でGTを取ったが、国内はまだ。今回こそと狙ってくる。
アサクサデンエンは、苦手の最内枠。藤田の腕次第では上位に食い込むかもしれない。


で、なる五郎の予想。
本命◎はダンスインザムード。
○はアドマイヤムーン。
▲はダイワメジャー。


馬連 4−15 4−14 4−7 4−8 4−10
枠連 2−8 2−7 2−4 2−5 4−4