エリザベス女王杯(GT)

京都11R 距離2200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)アサヒライジング柴田善臣
(父)ヤマニンシュクル四位洋文
(市)アドマイヤキッス武豊
ヤマトマリオン幸英明
(父)ソリッドプラチナム小牧太
シェルズレイC.ルメール
レクレドール藤田伸二
スイープトウショウ池添謙一
ライラプス鮫島良太
10 (父)(市)キストゥヘヴン安藤勝己
11 ディアデラノビア岩田康誠
12 ウイングレット田中勝春
13 (父)サンレイジャスパー佐藤哲三
14 (父)ヤマニンメルベイユ武幸四郎
15 (市)フサイチパンドラ福永祐一
16 (父)カワカミプリンセス本田優


カワカミプリンセスが無敗の女王取りに挑む。
秋華賞は本当にこの馬の強さを見た気がする。
久々のレースで望んだ秋華賞で2馬身以上も前にいたアサヒライジングを差し切った。
その最後の瞬発力、勝負根性は古馬相手にも引けを取らないであろう。
秋華賞→エリザベス女王杯は青写真通り。
目一杯の仕上げでない秋華賞であの勝ち方なのだから、ここが本番の仕上がりできたこのレースは勝って当然。
古馬相手に強さを見せつけてくれそうだ。
その秋華賞で2着となったアサヒライジング。
ゴール前でカワカミプリンセスにさされたものの、米GTからの休み明けだったことを考えれば弱いわけではない。
米GTで2着、オークス3着というように実力はある。
「ジョッキーも完璧に乗ってくれたし、京都の内回りコースという絶好の条件だっただけに残念」と陣営。
ただ春に比べて心身共に成長していたので、『次は・・』という手応えはあったとのこと。
その後も順調で、まだ3歳で伸びしろもある。
スタミナがあるので距離ももつ、枠も1枠1番で絶好の場所。
巻き返しに期待が持てる。
その他気になる馬は、スイープトウショウ、ディアデラノビア、サンレイジャスパー
古馬の意地を見せるのはスイープトウショウ。
去年の宝塚を勝ち、エリザベスを制した実力馬。
去年も天皇賞5着からエリザベス1着と同じ展開。
天皇賞は京都大賞典を快勝した反動で負けたと見ていい。
体重の戻った今、狙える位置にいることは間違いない。
ディアデラノビアは、角居師、岩田騎手のメルボルンCを制したコンビが絶好調。
元々この馬に乗っていた岩田騎手が戻ってきたので、一発の可能性は大。
絶好調コンビがここも制すか。
サンレイジャスパーは、最近力をつけてきた馬。
ここ4走は重賞で、A→C→A→Aと好走している。
高配当を狙うなら、連に絡む可能性のあるこの馬を注目する。


さて、なる五郎の予想は、
本命◎はカワカミプリンセス
○はアサヒライジング
▲はディアデラノビア

馬連 1−16 11−16 8−16 13−16 3−16
枠連 1−8 6−8 4−8 7−8 2−8