マイルチャンピオンシップ(GT)

京都11R 距離1600m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
[外]コートマスターピーL.デットーリ
スーパーホーネット幸英明
(父)(市)(地)プリサイスマシーン松岡正海
(父)(市)ロジックC.ルメール
テレグノシス蛯名正義
(父)カンファーベスト江田照男
ダンスインザムード武豊
(市)ハットトリック岩田康誠
(外)ステキシンスケクン小牧太
10 ダイワメジャー安藤勝己
11 (市)マイネルスケルツィ柴田善臣
12 (父)ニューベリー四位洋文
13 (市)キネティクス池添謙一
14 (外)キンシャサノキセキ秋山真一郎
15 マルカシェンク福永祐一
16 (外)シンボリグラン柴山雄一
17 (父)(地)アグネスラズベリ角田晃一
18 デアリングハート藤田伸二


エリザベス女王杯はカワカミプリンセスが斜行したために膠着してしまいました。
勝っていただけに悔やまれるとともに、改めて馬の強さを実感しました。
ディープも凱旋門賞は失格となり、悔やまれます。
しかしメルボルンカップでは、デルタブルース、ポップロックの日本勢のワンツーで決めてくれました。
悪いニュースもあれば、良いニュースもあります。
有馬記念のファン投票も始まり今年もあとわずかですが、いいニュースが増えると良いですね。


さて、マイルCSの注目馬はダイワメジャー、ダンスインザムード、キンシャサノキセキ。
ダイワメジャーは、安藤騎手との相性が良く馬自身も大きく成長したこともあり、秋は2連勝している。
その2勝も、東京コースのハイペースを2番手から押し切っての勝ちっぷり。
完全に本格化してきたといえるだろう。
枠順も申し分なく、ここなら外からかぶせられる心配がない。
天皇賞のときと同じ調教で、中2週でもきっちりと仕上がっている。
配合も申し分なく、注意が必要だ。
ダンスインザムードは、前走の天皇賞時に「少なくとも今度はダイワメジャーには負けない」と話していたが、結果は惨敗。
それでもなお、ダイワメジャーの居るレースに出るのは、意地なのか勝算があるからなのか。
陣営は、牡馬相手に二千の力勝負では限界が見えた感じ。
マイルの一瞬の切れなら太刀打ちできると判断しての出走。
疲れもなく、十分に落ち着きもあるので、最高の状態で臨めるとのこと。
さすがにダイワに勝てるとは言ってないが、武騎手に鞍上が代わりどこまで勝負できるか気になるところ。
キンシャサノキセキはNHKマイルで注目していた馬。
3着という大健闘。案の定、絡んでくれた。
今回も期待してこの馬を狙う。
特に前走の桂川Sは春からの飛躍を感じさせる勝ち。
中1週ではあるが、疲れを見せずに上向いている感じを見せている。
本当はこの馬に乗るはずだった安藤騎手も気にしているほど力をつけてきている。
他に気になる馬は、ステキシンスケクンにマルカシェンク。
マルカシェンクは、菊花賞は距離が長すぎた感じで、今回の距離のほうが適正だろう。
毎日王冠では勝ち馬のダイワメジャー等古馬相手に0秒2差の4着と健闘している点からも、
上位に食い込んでくることは間違いない。
枠もいいところを引き当て、あとはエリザベスに続きここも狙う鞍上の福永次第。
ステキシンスケクンは、馬場がいい時にしか走らない馬なので、好走するには良馬場が絶対条件。
馬場次第では、上位に来るだろう。好配当を狙うなら、抑えておいてもいいだろう。

さて、なる五郎の予想は以下の通り。
本命◎ダイワメジャー
○はダンスインザムード
▲はキンシャサノキセキ

馬連 7−10 10−14 10−15 9−10 3−10
枠連 4−5 5−7 4−7 5−5 7−7