桜花賞(GT)

阪神11R 距離1600m(芝・右回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)ショウナンタレント柴田善臣
アポロティアラ勝浦正樹
(父)カタマチボタン藤田伸二
クーヴェルチュール鮫島良太
(父)レインダンス武幸四郎
(外)ローブデコルテ福永祐一
イクスキューズ北村宏司
ピンクカメオ蛯名正義
アマノチェリーラン池添謙一
10 (父)ハギノルチェーレ岩田康誠
11 ニシノチャーミー藤岡佑介
12 (父)カノヤザクラ上村洋行
13 (父)フローラルカーヴ柴山雄一
14 (父)ウォッカ四位洋文
15 (父)アストンマーチャン武豊
16 (地)ベリーベリナイス秋山真一郎
17 [地]エミーズスマイル内田博幸
18 (父)ダイワスカーレット安藤勝己


3強と言われる馬がここで対決。
その中でも強いと言われるウォッカ。
この馬を倒すのはアストンマーチャンかダイワスカーレットか。

ウォッカは状態も安定しており、思い通りの調教ができたとのこと。
ライバルとの勝負付けも完了。
四位騎手も本気モードに突入。
異常なハイペースやアクシデントがなければ死角なし。
アストンマーチャンは、重賞勝ちを続けている武騎手が騎乗。
前走は本番を想定して控える競馬を。
しっかりと折り合い直線でも鋭く伸びて快勝している。
陣営も仕上がり具合に満足。
あとは本番でこの馬の力を出し切れば、ウォッカにも勝つ見込みあり。
ダイワスカーレットは前走、中間に熱が上がったり下がったりして不安定な状態での出走だったとのこと。
使った上積みは当然あり、まだまだ成長する余地を残していると
前走のチューリップ賞に関してもそこまで悲観の様子はなし。
鞍上はアンカツ。いまだ波に乗っているので鞍上も申し分なし。
力を出し切れば逆転の可能性もあり。

他に注目馬は、ショウナンタレント、ローブルデコルテ
ハギノルチェーレ、アミーズスマイル。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はウォッカ。
○はダイワスカーレット。
▲はアストンマーチャン。


馬連 14−18 14−15 1−14 6−14 10−14 14−17
枠連 7−8 7−7 1−7 3−7 5−7