皐月賞(JpT)

中山11R 距離2000m(芝・内回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)(市)フサイチホウオー安藤勝己
(父)ローレルレゲイロ藤田伸二
(市)マイネルシーガル後藤浩輝
(父)ブラックシャンツェ上村洋行
(外)フェラーリピサ石橋守
(父)ドリームジャーニー蛯名正義
(父)サンライズマックス池添謙一
ナムラマース藤岡佑介
サンツェッペリン松岡正海
10 (父)メイショウレガーロ福永祐一
11 (父)ニュービギニング四位洋文
12 アサクサキングス武幸四郎
13 モチ川田将雅
14 (外)エーシンピーシー柴田善臣
15 (父)アドマイヤオーラ武豊
16 (外)フライングアップル横山典弘
17 ヴィクトリー田中勝春
18 (父)ココナッツパンチ吉田豊



今年から「G」から「Jp」に代わりました。

今回は無傷の四冠馬フサイチホウオーとライバル馬アドマイヤオーラが
話題に上がっているが私は混戦するのではと思っている。
朝日FSのチャンピオンドリームジャーニーに
3着以内に必ず入るナムラマース。
そのほかにフライングアップルやココナッツパンチなど注目馬は多数。
フサイチホウオーは重賞勝ちがないのが気になるところ。
また圧倒的な強さで勝つのではなく、並んで勝負というレースをしているのも気になる。
父のジャングルポケットと同じローテーションで同じ枠。
気になる要素は多々ある模様。
ただ陣営は強気で鞍上のアンカツは好調が維持されているので連には絡む可能性はある。
仕上がりは良好、鞍上も良好あとはどこまで力を出せるか。
ライバルのアドマイヤオーラは新馬戦から3戦連続33秒台の末脚を繰り出す強馬。
弥生賞では初距離と輸送を克服した。
勝負強さもあり折り合いも問題ないと好材料が揃っている。
中間も順調に来て仕上がりも問題なし。
鞍上も武騎手と相性も良い。
ドリームジャーニーは弥生賞前の追い切りでオーバーワークがたたっての3着。
今回はきっちり仕上げ巻き返しを図る。
ナムラマースは重賞を2回制している馬。
10戦しているのが気になるところではあるが、3着以下がないというのは実力がある証拠。
勝っているのがすべて藤岡騎手というのも相性がいい証拠である。
仕上がりは良好なので注目したい馬。
フライングアップルはなかなか勝てなかった馬。
それがスプリングSで最後方からの追い込み勝ちと本格化の兆しが見える。
今回は前走以上と手ごたえ十分。
鞍上の横山騎手もこの前より数段いいとお墨付きの注目馬。
ココナッツパンチは新馬戦を快勝後、2戦目に強気の重賞で2着と実力の片鱗は見せている。
弥生賞ではアドマイヤオーラに負けない激走を見せ、権利を獲得。
非凡なところを見せている。
キャリアが浅く揉まれるのが心配だったが大外とその心配もなくなった。
あとは吉田騎手の腕次第。
他に注目はローレルゲレイロ。
人気薄で新馬戦のみの1勝馬ではあるが、3着以下はない。
朝日FSでも2着と実力はある。
距離は未経験でも連に絡む可能性は高い。
高配当を狙うなら抑えておきたい。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はアドマイヤオーラ
○はフサイチホウオー
▲はナムラマース


馬連 1−15 8−15 6−15 15−16 15−18 2−15
枠連 1−7 4−7 3−7 7−8 2−7 1−8