NHKマイルカップ(JpnT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
アサクサキングス武幸四郎
マイネルレーニア松岡正海
(父)(市)オースミダイドウ岩田康誠
(市)マイネリュフォーグ川田将雅
(市)マイネルシーガル後藤浩輝
イクスキューズ横山典弘
(父)キングスデライト長谷川浩大
(父)ゴールドアグリ安藤光彰
(外)ワールドハンター蛯名正義
10 (父)ローレルレゲイロ藤田伸二
11 (市)トーホウレーサー四位洋文
12 (外)シベリアンバード田中勝春
13 (父)ダイレクトキャッチ北村宏司
14 (市)ピンクカメオ内田博幸
15 ハイソサエティー柴山雄一
16 (父)(市)シャドウストライプ安藤勝己
17 (外)ダノンムロー武豊
18 (父)ムラマサノヨートー小林淳一


ここのところ高配当が出ている。
万馬券も多い。
明日の東京は雨で降水確率80%。
人気も割れて混戦模様とくれば高配当がまたまた出ると思われる。
また、今回中央に来て初対決となるアンカツとその兄安藤光の対決は楽しみでもある。

さて、注目馬はアサクサキングス、イクスキューズ、ローレルゲレイロ、
シベリアンバードにシャドウストライプといった面々。
中でもマイルに安定感のあるローレルゲレイロは1番人気である。
そのローレルゲレイロは皐月賞では距離が影響して6着。
さすがに長かったようだ。
しかし先ほど書いたとおり、マイルには安定感があり朝日FSでは2着になっている。
陣営も大目標をここにしてきたため、仕上げは十分。
鞍上も調子を上げてきた藤田騎手が騎乗するので魅力は十分だ。
アサクサキングスは万全の出来で挑んだ皐月賞で7着と振るわず。
距離が長かったのが敗因と分析する陣営は、実績のある東京に期待。
マイルも勝っている馬でチャンスは十分。
鞍上は幸四郎だが、きさらぎで勝っているので問題ないだろう。
イクスキューズは強行日程のため不安視されているが、
この厩舎は僅かに熱が上がっただけで回避、出走取り消しをする慎重さ。
その厩舎がゴーサインを出すのだから。問題ないだろう。
ここに来て場体が増えてパワーアップしているのも強み。
鞍上も横山騎手に代わり強化を図っている。
シベリアンバードは、穴狙いで注目。
出走できただけで良かったと言う調教師に対し、出るからにはと目一杯に仕上げた厩務スタッフ。
その効果もあって馬の具合は絶好調の様子。
力負けはしないと力が入っている陣営。
うまく連に絡めば高配当になるだろう。
シャドウストライプは前走、初芝で戸惑いながらも終いはメンバー中最速の上がりを見せた。
折り合えたら、ビックリするくらいに切れる脚を使う可能性があると話す陣営の思惑通りだった。
今回2度目でも手ごたえ十分。鞍上のアンカツも好感触をつかんでいる。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はローレルゲレイロ
○はシャドウストライプ
▲はイクスキューズ

馬連 10−16 6−10 1−10 10−12 5−10
枠連 5−8 3−5 1−5 5−6 5−7