ヴィクトリアマイル(JpnT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
サヨウナラ中村将之
ディアデラノビア岩田康誠
(父)アサヒライジング柴田善臣
(父)コイウタ松岡正海
(市)フサイチパンドラ福永祐一
(父)カワカミプリンセス武幸四郎
スイープトウショウ池添謙一
(父)(市)キストゥヘヴン横山典弘
スプリングドリュー内田博幸
10 (父)(地)アグネスラズベリ角田晃一
11 (父)ソリッドプラチナム小牧太
12 (父)ブルーメンブラット川島信二
13 (父)(市)コスモマーベラス蛯名正義
14 (市)アドマイヤキッス武豊
15 (父)サンレイジャスパー佐藤哲三
16 デアリングハート藤田伸二
17 (父)ジョリーダンス安藤勝己
18 (父)ビーナスライン秋山真一郎


去年設立された春の最強牝馬を決めるヴィクトリアマイル。
今年は各世代の有力馬がそろい、混戦と言われている。
先週のNHKマイルの大万馬券を筆頭に今年の春は、万馬券が多い。
ここでも伏兵が思わぬ万馬券を運んでくれる可能性がある。
そんな中、人気馬となるのが秋の2冠馬カワカミプリンセス。
本田騎手が引退して武幸四郎騎手に乗り役が代わった。
エリザベスは降着となったが、実質負けなしで強さは疑いようもない。
ただ、エリザベス後6ヶ月休んでいるのが気になるところ。
陣営はそれでも問題ないと見ており、あとは幸四郎騎手次第と言ったところ。
その幸四郎騎手はケイコから騎乗し、気性の激しい馬をうまくなだめて乗っている。
乗り代わりの心配はないかもしれない。
もう1頭の人気馬スイープトウショウは古馬ではあるが実力はある。
過去、エリザベスで1着、2着と二年連続で連に絡んでいる。
牝馬では上位の位置にいるといってもいい。
前走は牡馬相手に激しいレースをしての2着。
実力はいまだ健在だ。牡馬にも引けをとらないのだ、牝馬で負けるわけにはいかない。
気になるのは馬場要り拒否、ゲート入り拒否のおてんば娘。
ここさえすんなり行けば、勝てる可能性は大だ。
他にディアデラノビア、アドマイヤキス、デアリングハートが気になるところ。
ディアデラノビアは勝ちきれないところがあるが、去年は強敵相手に善戦している。
前走はハイペースに合わなかったが、去年3着と実力はあるから連に絡む可能性はある。
状態もいいので、この馬らしいレースが出来れば好勝負が期待できる。
アドマイヤキスは二千を得意とする馬。もちろんマイルも問題ないだろう。
前走は4着だったが、マイルでも通用することを見せている。
過去カワカミプリンセスに負けているのは二千以上。
この距離なら巻き返しがあるかもしれない。
デアリングハートは休み明けとあって余裕のある仕上げで6着とまずまずの感じ。
男と相手にレースをしたことと叩いた上積みで目イチの仕上がりに。
鞍上は藤田騎手でここを想定して、前走も騎乗している。
高配当を狙うなら抑えておいたほうがいい。
高配当を狙う馬でもう一頭、ジョリーダンス上げておく。
ダンスインザダークの仔で2連勝している。
鞍上はアンカツに代わっているのが気になるところ。
ここのところ、特に先週と今週土曜の3日間勝ち星がない。
ここに来て足踏み状態かもしれないが、一発はあるので注意が必要。
高配当を狙うには丁度いいかもしれない。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はカワカミプリンセス
○はスイープトウショウ
▲はディラデラノビア

馬連 6−7 2−6 6−14 6−17 5−6 2−7
枠連 3−4 1−3 3−7 3−8 4−7