オークス(JpnT)

東京11R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)スマートストーム長谷川浩大
(外)ローブデコルテ福永祐一
(父)マイネルーチェ大野拓弥
(父)(市)ハロースピード松岡正海
(父)ミンティエアー蛯名正義
(父)ミルクトーレル松田大作
(父)ベッラレイア秋山真一郎
ピンクカメオ四位洋文
(父)レインダンス鮫島良太
10 (父)トウカイオスカー後藤浩輝
11 (父)カタマチボタン藤田伸二
12 ラブカーナ菊沢隆徳
13 (父)ウィンナワルツ村田一誠
14 (父)ラストベガ横山義行
15 アマノチェリーラン池添謙一
16 (父)アドマイヤスペース柴田善臣
17 (父)ザリーン幸英明
18 (父)ザレマ武豊


今年の春は本当に万馬券が多い。
先週も3連単2,283,960円という万馬券が出た。
馬連でも30,740円という。
そんな中、オークスの最有力とされるダイワスカーレットが発熱による出走回避。
ウォッカはダービー出走と桜花賞1着2着がいないことで波乱が予想される。

そこで注目されるのが桜花賞3着のカタマチボタン。
桜花賞までゆとりを持ったローテーション、レース後も放牧されてじっくり調整。
初コースの阪神から乗りなれた東京はプラス材料。
合わせ馬での動きもよく、他の馬を見ながら折り合いが付けられる枠での出走。
鞍上も馬券圏内にいる藤田騎手。
この2週悔しい思いをしているだけに、ここはという気持ちはある。
フローラS組が注目を集める中、NHKマイルでピンクカメオが勝ったように今年の桜花賞組は力がある。
注目すべき馬であろう。
ベッラレイアはフローラSを制した馬。
桜花賞の1、2着馬がいなくなり、1番人気に躍り出た。
それもそのはずあざみ賞では最後方から、フローラSでは前が詰まっていながらも残り300でもの凄い末脚を披露。
この中間は順調で、血統的にも距離は問題なし。
あとは鞍上がプレッシャーに負けないかどうかにかかってくる。
同じフローラSで2着だったミンティエアーは前2走で場軍に突っ込むレースを経験。
鞍上もやる気を出していて、伏兵といえど侮れない。
他に気になる馬はローブデコルテ、ザレマ、トウカイオスカー、ラブカーナの4頭。
穴狙いでハロースピードを抑える。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はカタマチボタン
○はミンティエアー
▲はローブデコルテ

馬連 5−11 2−11 7−11 10−11 11−18 11−12 4−11
枠連 3−6 4−6 5−6 6−8 6−6 2−6