日本ダービー<東京優駿>(JpnT)

東京10R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
(父)タスカータソルテ武豊
(父)ゴールドアグリ勝浦正樹
(父)ウォッカ四位洋文
(父)ゴールデンダリア柴田善臣
トーセンマーチ内田博幸
マイネルフォーグ川田将雅
(父)フィニステール藤田伸二
(父)ドリームジャーニー蛯名正義
(父)ヒラボクロイヤル武幸四郎
10 プラテアード北村宏司
11 ナムラマース藤岡佑介
12 サンツェッペリン松岡正海
13 (父)ローレルレゲイロ池添謙一
14 (父)アドマイヤオーラ岩田康誠
15 (父)(市)フサイチホウオー安藤勝己
16 アサクサキングス福永祐一
17 ヴィクトリー田中勝春
18 (外)フライングアップル横山典弘


先週も3連単は万馬券と荒れている春のGT。
今回はフサイチホウオーで固いといわれているが2着3着に来る馬によってはまた荒れるだろう。
そのフサイチホウオーは、前走は前有利の展開に泣かされた。
それでも最後の末脚はメンバーで一番だったのは確かだ。
元々目標はダービーで皐月賞はオマケ。陣営にはこの敗戦は予定通りだったとか。
皐月賞後はハードな調教をこなして最高の仕上がりになっている。
不安材料もなく鞍上のアンカツもここは通過点と超強気。
陣営もダービーで勝てるだけの調教ふができたと自信を持っている。
あとは皐月賞とと同じ展開にならなければ爆発的な末脚を見せてくれるだろう。
軸はフサイチホウオーで固定して良いと考えられる。
相手には牝馬最強の一角ウォッカ。
桜花賞ではダイワスカーレットに負けはしたが、牡馬と互角に戦える力は持っている。
距離にやや不安はあるものの、ここまでハートの強い馬は見たことがないという陣営は意に介してない。
周りの雑音に気を取られず、鞍上の四位騎手とともに初のダービー制覇を狙う。
他に気難しいヴィクトリー。
この馬で久々のGTを制覇した田中勝騎手は海外でもGT勝ちして波に乗っている。
陣営もヴィクトリーの特徴を掴んで巧みに調教して仕上がりに文句なし。
あとはこの馬が気持ちよくは知ってくれれば、2冠も夢ではない。
状態は好調で調教前に障害を取り入れ工夫をして望むのはヒラボクロイヤル。
同コース同距離で勝っているが他の馬と比べるとどうか。
青葉賞のようなレースができればあるいは。
鞍上の幸四郎は色気十分で勝ちに行くつもりだ。
他に気になる馬はサンツェッペリン、ローレルゲレイロ、ドリームジャーニー。
高配当を狙うならトーセンマーチ、フィニステール、アサクサキングスを買う。
アドマイヤオーラは乗り役が代わったことが吉と出るか。
好調ではあるが東京コースが苦手の岩田騎手がどう乗りこなすかが鍵だろう。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はフサイチホウオー
○はウォッカ
▲はヴィクトリー


馬連 3−15 15−17 9−15 12−15 13−15 8−15 5−15 7−15 15−16
枠連 2−7 7−8 5−7 6−7 3−7 7−7 4−7