宝塚記念(GT)

阪神11R 距離2200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
スウィフトカレント横山典弘
(父)ウォッカ四位洋文
(父)マイソールサウンド角田晃一
(父)マキハタサイボーグ和田竜二
ポップロック武豊
アドマイヤムーン岩田康誠
(父)カワカミプリンセス武幸四郎
(父)インティライミ佐藤哲三
(父)アドマイヤフジ福永祐一
10 アドマイヤメイン川田将雅
11 ダイワメジャー安藤勝己
12 (父)トウカイトリック幸英明
13 (父)ファストタテヤマ小牧太
14 シャドウゲイト田中勝春
15 アサクサキングス松岡正海
16 [地]コスモバルク五十嵐冬樹
17 メイショウサムソン石橋守
18 ローエングリン後藤浩輝

去年は出張で予想はできず、今年はGT惨敗中。
せめて最後は勝って有終の美を飾りたい。
ただ今年は例年以上にレベルが高そうな宝塚記念。
ウォッカにダイワメジャー、ポップロック、メイショウサムソン、カワカミプリンセス、ポップロックと
強豪ぞろいでどの馬を軸にするのか悩むところ。
伏兵にもアサクサキングスやシャドウゲイトなど侮れないのもいる。
そんな中、なる悟朗が注目するのはウォッカ、ポップロック、ダイワメジャー、メイショウサムソン。
3歳牝馬最強と言っても良いウォッカはダービーで圧倒的な強さを見せ付けた馬。
上がり33秒0はダービー史上最速でディープをも凌ぐ。
強いとは思っていたが牡馬相手にあんな勝ち方とは驚いた。
これなら古馬相手でもひけを取らないだろう。
レース後はトモに疲れが出ていたようだが大事には至らなかったようだ。
右にもたれる癖も見られなくなったのも好材料。
状態も問題ないようで期待が持てる。
ポップロックは重賞は去年と今年の目黒記念で勝ったのみ。
それでも海外GTや有馬記念で2着と一流馬に引けを取らない。
角居師にウォッカよりポップロックが勝つと言わせるほど充実している。
騎乗も最近復調を見せ始めている武豊。
この馬で勝って完全復活の足がかりにしたいところだ。
ダイワメジャーは去年騎乗がアンカツから四位に代わったが今回はアンカツが騎乗。
去年と同じローテーションであるが安田記念は1着で騎乗がアンカツと状態が違うので去年と比較してはいけない。
安田記念の好調を維持しているしこのあとは夏休みに入るので上半期の締めくくりにGT連勝を狙う。
アンカツも函館遠征でリフレッシュしたのか好調で期待が持てる。
メイショウサムソンは天皇賞では消耗戦を制し三千を3分1秒8で通過。
ナリタトップロードの日本レコード3分2秒5を上回っている。
ディープが天皇賞で勝ったときラップより速い。
ハイペースで持久力勝負なら十分に勝てるだろう。
坂路調教の成果で瞬発力も強化され、外枠なのでもまれることもない。
威力ある末脚が発揮されれば面白いレースになる。
伏兵のお勧めはシャドウゲイト。
大阪杯でメイショウサムソンと半馬身差の接戦を演じるほどの実力の持ち主。
それを証明したのが前走のシンガポールの国際GTを制したこと。
今回のメンバーと遜色ないといって良いだろう。
カッチーこと田中勝春も好調をキープしているし、明日は雨ということなら勝ち負けだろう。

なる五郎の予想は以下の通り。
本命◎はウォッカ
○はダイワメジャー
▲はメイショウサムソン

馬連 2−11 2−17 2−5 2−6 2−7 2−14
枠連 1−6 1−8 1−3 1−7 1−4