【第15回庄内緑地公園マラソン 2009年5月24日(日)】

10マイル 非公認コース

 会社仲間が参加する大会であり、これで2回目となる。今回の参加メンバーの紹介は次の通り。

Hさん:関シティマラソンにも参加してこれが2連続参加。常連化してくれてます。
    一番最年長。ヘビースモーカー。健康診断で結果値がひどかったのか健康に目覚めつつある。
Nさん:関シティマラソンにも参加してこれが2連続参加。同じく常連化してくれてます。
Wさん:僕とほぼ同年の選手。初参加。喫煙しているためか、歩きを交えて完走を目指すと宣言。
    奥さん、お子さんも連れてのアットホームな参加。
Oくん:初参加。まだまだ若い入社3年目の選手。さやわか系。
    アディゼロボストンを履いて参加している。少し膝に痛みを抱えての参加。
以上は10km参加。
Oさん:紅一点の参加であるが、今回は友達と参加のため別グループで行動。友達と5kmに参加。

 この大会は実に手作り感がいっぱいの大会で、ほほえましい。プロの運営会社に任せている大型の大会と比較すると各種段取りが悪いが、それは「新日本連盟愛知県連盟」主催のためご愛嬌である。緑豊かな庄内緑地公園のサイクリングコースを周回する。ここは春秋の渡りの季節によく鳥を撮影しに来るところである。
 朝の天気予報で午前中に少し雨が降るようなので、電車で行く予定を変更して車にした。そして全然使っていない一人用テントを持参する。これは荷物を雨から守る目的である。9時過ぎに駐車場に到着し、陸上競技場の空いた場所にテントを張り出す。そうするとNさんと合流した。もう9時前からきていて受付済みという。テント設営を手伝ってもらってから僕も受付をする。参加賞は、シューズケース、ランニングキャップ、タオル、Tシャツからどれかを選択できるが、すでにシューズケースが品切れである。

 9時40分ごろまで待っても誰もこないので、Nさんと偵察をかねて周回コースを歩いて回ってみることにした。意外と木々の日陰の間を歩く感じで涼しげである。ヒヨドリ、ムクドリをよくみかける。一周歩き終わり、しばらくしてHさん、Oくん、Wさんと合流し、最後に別グループで参加しているOさんにも会ってお話をする。
 今回のスタート時間は、10マイルは10時50分、10kmは11時ちょうど、5kmは11時20分となっている。例年、参加人数によって違ってくるようだ。去年は700人ほどの参加であったが、今年は倍以上の1500人程度参加しているということで、マラソンブームがさらに盛り上がっているようだ。特に若い女性の参加が目立つ。

 準備運動もそこそこにこのグループでは僕だけ参加の10マイルの時間が迫ってきた。このころには通り雨もやみ、晴れてきて気温があがってきていた。さすがに5月後半にもなると晴れると暑い。
 スタートラインにいく。今日はファンランの予定なのでやや後ろに陣取る。アットホームな大会だけあり、スタート時間も実に適当であった。スタートしてキロ5分を超えるペースでゆっくりと走る。なんだかとても気持ちいい。
 最初の1周はサイクリングコースの1.8kmを走り、残り2.3kmコースを6周走る。そして最後に陸上競技場を約400m走りゴールする。周回コースのため、何周走ったか忘れるといけないので、各自7本の輪ゴムが渡される(10kmは4本)。1周まわる都度、陸上競技場手前の輪ゴム回収箱に1個ずつ投げ入れ、最後の7個目を入れ終わると、すぐに陸上競技場に突入してゴールする。給水場は2箇所も用意してくれ、陸上競技場を出たところと、周回コースではその反対側にも用意されている(水とポカリ)。

 最初の1周をまわってくると、直前に10kmもスタートしていたようで、コース上に10kmのゼッケン色(オレンジ)もたくさんみえる。そして、この2.3kmコース上のどこにも人があふれかえっている状態となった(後、5kmもコース上に出るとすごい人だった)。
 しばらくすると、Oくんをコース上に発見。追いついて会話するが、けっこう息が切れていてつらそうなのでそのままパスさせてもらう。またまたしばらくいくとHさんを発見。同じく、追いついて話をするが、けっこう息が切れている。彼らにとってオーバーペースになっているか、あるいは走りこみが足りないせいかのどちらかだと思う。そのままパスする。けっこう間をあいてようやくNさんを発見。キロ5分〜5分15秒ペースというところか。Nさんはよいペースなのでゴールまで出会うことはないだろう。
 2.3キロの周回コースを3周目に入ると5kmも走り始めたようで、5kmを意味するブルーのゼッケンが周回に目立つようになる。Oさんがいないか探しながら走るが、3周目はキャッチできず。4周目の1.5kmあたりでようやくOさんを見つけた。音楽を聴きながら走っているところは若い女性らしい。抜きながら「ファイト」と声をかける。「あっ、お疲れ様」と声をかけていただく。
 さて、ファンランをする予定であったが、いつものいけないクセで2.3kmコースの4周目から自分の本来のペースにした。今日はとても呼吸が楽である。おそらく、300mインターバルを10〜15本程度する練習を何度か繰り返したせいだと思われる。気持ちよく走り最後の陸上競技場をまわりゴールする。手元のタイムで1時間14分15秒(スタートラインから計測)。後に速報で表示された時間は1時間14分25秒であった。グロスタイムのため10秒のライムラグがある。

 競技後、Oさんも含めてしばらく談笑し、それぞれ用事のある人もいたので解散する。HさんとNさんで近くの中華料理屋さんにいき、ラーメンを食べる。車で来ていない彼らは生ビールも飲んでいた。旨そうだなぁと思って眺めていた。
 さて、会社仲間参加型マラソンで次に狙っているのは11月23日の名古屋シティマラソンである。その前に僕は北海道のJAL千歳国際マラソンをやらないといけないし、9月にはどこか海外のマラソンにも参加したい。

 1時間14分25秒(グロス)

庄内緑地公園内の案内図は下記を参照のこと:
http://www.nga.or.jp/institution/syounai/index.html#


マラソン          ホーム