Y010
野草名 カタバミ (傍食)
科名 カタバミ科 カタバミ属
花期 5〜9月
分布 日本全土
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2002年5月5日  
野草と一休み 舗装道路の割れ目に根を張って大株になっています、その生命力には驚きですね。ロード練習でそこを通るたびに、元気付けられます。
HOME

・名前の由来: 《傍食》 睡眠運動で夜になると葉を内側にたたむので、葉の「カタわら(傍)」が食ベられたように見えるため。食は古い言葉で「ハミ(食)」とよむ。

・葉には蓚酸を含んでいる、酸なので当然噛むとすっぱい。この酸で葉が虫や動物に食べられるのを防いでいる。

・自動散布植物。熟した実は刺激を受けると、縦に裂けて自力で種子をはじき飛ばす。