Y014
野草名 クサノオウ (草の黄)
科名 ケシ科 クサノオウ属
花期 5〜7月
分布 沖縄を除く日本全土
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2003年4月27日  
野草と一休み この花の黄色は見事ですね。里山のいたる所、少し開けた場所に咲いています。昨年群生していた所は、耕され畑になっていました。
HOME

・名前の由来: 《草の黄》 茎や葉を切ると黄色(「オウ(黄)」)の液がでるため。

・ケシの仲間なので有毒ですが、薬用(鎮痛剤など)としても利用されている。

・アリ散布植物。誘引物質(エライオソーム)でアリに種子を運んでもらっている。蟻の巣に運ばれた種子は、付着してるエライオソームだけが食べられ、捨てられる。そこで発芽する。