Y026b
野草名 カラスビシャク (烏柄杓)
科名 サトイモ科 ハンゲ属
花期 5〜8月
分布 日本全土
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2009年5月1日  
野草と一休み 周りの3小葉はカラスビシャクの葉です、これから沢山生えてきそうで楽しみですね。スギナに、負けるな!
HOME

・名前の由来: 《烏柄杓》 仏炎苞の形から「ヒシャク(柄杓)」を連想。「カラス(烏)」は人には使えないものという意味。