Y046
野草名 ミゾホオズキ (溝酸漿)
科名 ハエドクソウ科 ミゾホオズキ属  (旧:ゴマノハグサ科)
花期 6〜8月
分布 沖縄を除く日本全土
撮影地/撮影日 茨城県桜川市/2017年6月3日
野草と一休み 可愛らしい花ですね、それに今の季節、この花の黄色は特に目立ちますよね。林道脇の湿った場所に群生していました。
HOME

・名前の由来: 《溝酸漿》 「ミゾ(溝)」などに生え、果実がナス科の「ホオズキ(酸漿)」に似ているため。