キツネのボタン 野草と一休み
Y523
野草名 キツネノボタン (狐の牡丹)
科名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
花期 4〜7月
分布 日本全土
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2005年5月11日
野草と一休み 散策路脇の水路のところどころに咲いていました。かって湿地だったせいでしょう、この水路は水辺の植物が豊富です。
HOME

・名前の由来: 《狐の牡丹》 葉の形が「ボタン(牡丹)」に似ているので。「キツネ(狐)」については、@毒があるから A牡丹と思ったら違うので狐に化かされた、など諸説がある。