イヌノフグリ 野草と一休み
Y660
野草名 イヌノフグリ (犬の陰嚢)
科名 オオバコ科 クワガタソウ属  (旧:ゴマノハグサ科)
花期 3〜4月
分布 本州、四国、九州、沖縄
レッドリスト 国・絶滅危惧U類(VU) 茨城県・絶滅危惧U類
撮影地/撮影日 茨城県小美玉市/2013年3月19日
野草と一休み 可愛らしいですね。でも小さな花で、周りに咲いているオオイヌノフグリばかりが目に付きます。久方ぶりの出会いです、Eさんに感謝。
HOME

・名前の由来: 《犬の陰嚢》 果実が2個の球をくっつけたような形をしていて、これを犬の「フグリ(陰嚢)」にたとえた。