Y117b
野草名 オオヒナノウスツボ (大雛の臼壺)
科名 ゴマノハグサ科 ゴマノハグサ属
花期 8〜9月
分布 沖縄を除く日本全土
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2007年8月20日
野草と一休み 谷津田の土手、くずの葉の間から顔を覗かせて咲いていました。筑波山では普通に見られますが、市内での出会いは予想外でした。
HOME

・名前の由来: 《大雛の臼壺》 「オオ(大)」型のヒナノウスツボの意味。 《雛の臼壺》 雛は小さいを意味し、小さな壷型の花から臼を連想して「ヒナ(雛)のウス(臼)ツボ(壷)」。