ミドリハコベ 野草と一休み
Y371
野草名 ハコベ (繁縷)  別名:ミドリハコベ
科名 ナデシコ科 ハコベ属
花期 3〜9月
分布 日本全土
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2004年3月24日
野草と一休み 道端から窪地にかけて一面に敷き詰めたように咲いていました。小さな花ですが、これだけ沢山咲いていると見事という他ありません。
HOME

・春の七草のハコベラ。七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(コオニタビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)。

・一般にはコハコベも一緒にハコベと呼んでいる。

・名前の由来: 《繁縷》 「繁縷」は漢名。本草和名(918年)に「ハクベラ(波久倍良)」の名が記るされていて、それが変化して「ハコベ」となったらしいがはっきりしない。

・雌しべがY字状に3つに分かれている。よく似たウシハコベの雌しべは5つ。