コオニタビラコ 野草と一休み
Y389
野草名 コオニタビラコ (小鬼田平子)  別名:タビラコ
科名 キク科 ヤブタビラコ属
花期 3〜5月
分布 本州、四国、九州
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2004年4月7日
野草と一休み ここの田圃は色々な春の野草が競って咲いていて面白い。先日の雨のせいでぬかるんでいて足場が悪く、撮影には苦労しました。
HOME

・春の七草のホトケノザは本種のことで、シソ科のホトケノザではない。七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(コオニタビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)。

・別名のタビラコ(田平子)は、田に根生葉を平たく広げる様子から。ムラサキ科のキュウリグサの別名も同じタビラコなので注意を要す。