ジロボウエンゴサク 野草と一休み
Y405
野草名 ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索)
科名 ケシ科 キケマン属
花期 4〜5月
分布 本州(関東以西)、四国、九州
撮影地/撮影日 茨城県石岡市/2004年4月22日
野草と一休み 道脇に咲いている花を何気なく見ながら歩いていて、偶然この花に目が留まりました。車をやり過ごすために立ち止った瞬間でした。
HOME

・名前の由来: 《次郎坊延胡索》 伊勢地方の子供が、スミレを太郎坊、本種を「ジロボウ(次郎坊)」と呼び花を絡ませて遊んだことから。「エンゴサク(延胡索)」は、本種の仲間の魂茎が漢方薬として用いられ延胡索と呼ばれるため。