Back  Index / Next 



日焼けのその後

この夏、ゴルフに行きまして、当然、日焼けをしました。
ゴルフ焼けと言うのはみっともないもので、特に僕の場合、プールに通っているものだから、日焼けをしている所と、そうでないところのギャップが悲惨です。
そこで、ゴルフの翌日、市民プール(こちらは屋外のプール)へ行って、こんがりトーストBoyになってまいりました。
ところが、以前なら、しばらく日がたつと皮がペロ〜ンとむけてくるはずなのですが、どうも、その様子がない。
そのうち、皮がボロボロとこぼれ落ちる様な感じで、まるで垢の様。
よーく肌を見てみると、細かいシワがいっぱいあって、そこで、皮が細切れになっている。
なるほど、若いころは肌がピンと張っているから、皮も一枚でビロ〜ンとなるけど、年を取るとこんな事になるのか。
しかも、そのシワの間は焼けていなくって白いまま。
だから、指で肌を引っ張るとマダラになっている。
みっともないったら、ありゃしない。
もう、2度と日焼けなんかしないぞ。

2002. 9. 15


 Back  Index / Next