Back  Index / Next 




データを読む 〜ダイエット編〜

僕がダイエット(実際にはシェイプアップですが)の為、水泳やジョギングを初めて1年半ず経過しましたが、一向に効果が現れていません。
まあ、僕のことはさておき、世の中のダイエット事情はどうなっているのだろうとインターネットで調べてみました。
やはり、ダイエットは女の世界というか、女性中心でアンケートの回答もなども90%が女性。
男性も少しは考えるべきだと思います。
ゴルフへ出かけ、ラウンド後、お風呂へ入るわけですが、脱衣所は出っ腹のオジサンの群れはとても見せられたものではありません。(出っ腹でなくても見たくはない)
と言うことで、データは女性側へ偏ったものとなっています。

まずはどれだけの人がダイエット経験ありかと言うと
過去にしたことがある 46%
現在、ダイエット中 19%
としたことがない 35%
ということで、65%の人がダイエット経験者。

しかし、ダイエットは禁煙と同じで一回で終わるわけが無い。
今までのダイエット回数はとの問に
0回 3%
1〜3回 42%
4〜6回 17%
7〜9回 1%
10回以上 12%
数え切れない 25%
ああ、なんだか涙ぐましいねぇ。
昔し、或る偉い人(名前失念)が言いました
「禁煙なんて簡単である。その証拠に何度でも出来る」
ダイエットもそれと同じでしょうか。

これだけ失敗を続けるにはワケがあるはず。
みんな、どの様なダイエットに挑み、そして敗れ去ったのか
1位 ずばり、断食!
2位 食べ吐き・・・
3位 あやしい薬
4位 下痢ダイエット
5位 坂口憲二を好きになる
そりゃ、失敗するはずだよ。
ダイエットの難しいところは、体重を落とすことでは無く、落とした体重を維持するところに有ります。
失敗する人は、断食で体重を落としても、そのまま一生、断食をするワケにも行かず、結局リバウンドしてしまうのです。
ところで、坂口憲二を好きになってダイエット失敗した人は、次に誰を好きになったのでしょうか。
気になるところです。(妻夫木聡あたりか)
ただ、恋をするとヤセルというのは結構よくある話で、
例えば、
  彼氏が出来る→この夏、海へ行くカモ→「やせなきゃ!」
或いは、
  彼氏が出来る→Hする→「やせなきゃ!」

という具合に、きっと身に迫った目標が出来るとダイエットも挫折しなくなるのでしょう。
しかし、結婚したとたん、太るというのも良くある話で・・・

さて、失敗続きの彼女たちに、天使が舞い降りてきました。
1週間で1Kg確実にヤセル薬を持っています。
彼女たちはいったい、いくら払うでしょうか。
0円 43%
〜1000円 26%
〜3000円 14%
〜5000円 6%
〜10000円 3%
〜30000円 0.2%
30000円以上 0.1%
わからない 8%
まあ、欲の皮がつっぱっていると言うか、なんと言うか、あれだけ失敗していると言うのに、約70%の人は1000円でやせようとしているのだ。

そんな彼女たちの前に今度は悪魔がやってきました。
寿命と引き換えに理想の体重にしてやるというのです。
彼女たちはどれだけの寿命を差し出すのでしょうか
そんな条件ならイヤ 46.5%
残り寿命の1%以下 23.9%
残り寿命の5%以下 8.1%
残り寿命の10%以下 7.7%
残り寿命の50%以下 11.8%
残り寿命の99%以下 2%
もう死んでもかまわない 0.4%
欲の皮のつっぱった彼女たちのことですから、寿命をさしだすワケがありません。
しかし、1%ならokという人が1/4近くいることにはビックリです。
いくら世界一長生きする彼女たちとは言え、このあと60年生きるとして、1%は6年です。
おばぁちゃんの時代を長く生きるよりも、綺麗な時をもっと謳歌したいのでしょうか。
女ごころってヤツですかねぇ。

ところで、どんなダイエット方法がよいのでしょうか。
話は簡単で、摂取したエネルギー(カロリー)以上に消費すれば良いのです。
ここで勘違いしていけないのは、
「それなら、摂取するカロリーを無くしちゃえばいいじゃん!」
と短絡的に考えること。
摂取するカロリーが減ると、身体の中では脂肪から不足分のエネルギーを賄おうとします。
それだけなら良いのですが、筋肉からもエネルギーを賄われてしまいます。
これがリバウンドの最大の原因。
エネルギー消費の殆どは筋肉が請け負っているのですが、その筋肉が減ると、カロリーの消費がされにくくなり、更に食事の量を減らさざるを得なくなります。
そしてその先に待ち構えているのが拒食症などの精神障害です。

つまり、摂取するカロリーを少し減らし(例えば間食をヤメルとか)、そして運動すること。
多分、みんな分かっていることですね。
ではどんな運動が良いのか。
ここでも失敗のワナがあります。
これまでロクに運動などしてこなかった人がいきなりジョギングを始めても続きません。
ヒザを痛めるのが関の山。
まずはウォーキングから始めましょう。(ウォーキングの方法はインターネットで調べてください)

それから、もう一つのワナが水泳。
水泳は全身運動だから一番いいと言われますが、200mくらい泳いでゼイゼイ言っているようでは全然効果なし。
せめて1kmは泳げないとダメでしょう(多分)。
ジョギングで500mや1km走ったからと言ってヤセルと思いますか。
それと同じで、水泳も長い距離を泳がなくてはダメなのです。
(これは僕の経験からも言えます)

そして何よりも大切なことは、やっていて楽しいこと。
運動をして体重を減らすのは、短期間では出来ないし、減らした体重を維持する為にも継続的に続けていかなくてはいけません。
それが辛い方法では続きません。
結局のところ、ダイエットをするのは、つきつめれば、日々の暮らしが楽しくなる為にするんでしょ。
だったら、楽しみながらやりましょうよ。
運動するのはどうしてもイヤという人はダイエットは諦めるべきだと僕は思います。


と、いろいろと能書きをタレてきましたが、
「じゃぁ、お前はどうなんだ」
と言われると、
まーるいお腹をさすりながら、「面目無い」と言わざるをえません。

ええ、いつの日にかきっと、ナイスバデーを手に入れてやるさ!


2003.7.13

 Back  Index / Next