Back  Index / Next 




第7回ボクデミー賞 〜おまけ〜

クズベリー賞 金賞の発表は終わりましたが、今回は特別に、書ききれなかった事をまとめて発表です。


「銀色のシーズン」
ロケ地が長野県白馬の八方尾根スキー場で、そこは僕のホームゲレンデ。
毎年シーズンになると出かけていたが、丁度撮影していた時は眼球摘出手術直後であった為、そのシーズンだけは行けなかった。
行けていれば撮影風景を見れたり、あるいは田中麗奈と恋に落ちたりしていたかもしれない。
そんな訳で、見覚えのある場所が沢山出てきて、最初は映画館で観たのだが、確認しきれなかったので、後日DVDを借りてきて再確認をして、「ああ、ここはパノラマゲレンデだな」とか、「おっ、マウント(おみやげ屋)じゃないか」などと、一人で盛り上がっていました。
このレストハウスは確か、リーゼンスラロームゲレンデにあったと思う。


「バイオハザード・3」
アリス(ミラ・ジョボビッチ)が悪の科学者を倒して物語は終わるのだが、ゾンビウィルス作ったアンブレラ社はまだ存在していて、それが実は東京の地下にあるというオチ。
東京メトロに乗る時は気をつけよう。
『夜空雪風』だなんて、風流な鉄道会社だけれど、駅名が『考楽火月星』とは、SFチックです。しかも、『Zatoichi Square』。


「扉は閉ざされたまま」

東銀座の松竹ビルの前で撮影していた作品(闘病記の義眼編J参照)。
このシーンの撮影を見学していました。
どしゃぶりですが、実際は晴れでした。


「レッド・クリフ Part 1」

そっくりさん、大集合!

曹操/漢の丞相
チャン・フォンイー 渡瀬恒彦
 
趙雲/曹操軍の武将
フー・ジュン 近藤正臣
 
張飛/曹操軍の武将
ザン・ジンシェン 藤山直美
 
関羽/曹操軍の武将
パー・サンジャブ 上條恒彦
 
尚香/孫権の妹
ヴィッキー・チャオ 大神いずみ(元木大介のヨメ)
 
周瑜/孫権軍の司令官
トニー・レオン 岡田義徳
 
魯粛/周瑜の家来
ホウ・ヨン 田崎真也
 
小喬/周瑜の妻
リン・チーリン チャン・ツィイー

そっくりさんが沢山出てくる映画でしたが、中でも最後に紹介したリン・チーリンなんかは本当にチャン・ツィイーに似ていると思いませんか?
諸葛孔明役の役者も金城武にそっくりだと思ったら本人でした。


「折り梅」

東京の人にとっては、そんな事は日常茶飯事なんだろうけど、イナカモンの僕は知っている場所が映画やテレビに出てくると、それだけでテンションが上がってしまう。
それも、チラリと出るのではなく、地元が舞台ならなおさらだ。
名古屋のベッドタウンで、これといって特徴のある土地ではないけれど、それが返ってこの映画に生活感やリアリティを出しているのではないでしょうか。
(でも、この映画はこの豊明市で実際にあった実話を元にしています)

しかし、撮影隊は見かけなかったなぁ。


2009. 4. 23



 Back  Index / Next