Back  Index / Next 



地デジがやって来た!

我が家も先週からついに地デジ対応になりました。
本当はもっと早く対応できたんですけどね。
と言うのも、話せば長くなるのですが、今年の大河ドラマで『龍馬伝』をやるじゃないですか。
普段は大河ドラマなんぞは見たことが無いのですが、龍馬ファンの僕は
「これは見なくてはいけない。そんでもって、ブルーレイで永久保存しなくては」
と考え、ブルーレイレコーダーを購入したんですが、最近のAV機器って配線が複雑で、説明書を見てもナニガナンダカ・・・・
悪戦苦闘の末、ようやく録画はできるようになったものの、デジタルで受信するには地デジ対応のテレビか、もしくはチューナーが必要だと聞いていたので、チューナーを買うまではアナログで辛抱することにしたんです。
それが去年のこと。(共同アンテナなのでそちらの心配は無し)

年が明けて、チューナーを買ってきて、いよいよ我が家も地デジ化だと思ったら、今度はテレビとブルーレイレコーダーとチューナーの配線がワカラナイ・・・・。
ネットで分からないかと思って調べたところ、ブルーレイレコーダーがあればチューナーは不要らしいとの情報が・・・・。
えっ、そんな事電器屋の店員は何も言っていなかったぞ。
ネットの掲示板に「本当か」と書き込んだら、そんな事は当たり前の事らしく(HDレコーダーも同じく)、"ツリ"かと疑われる始末。
どうやらブルーレイレコーダーの設定方法がマズかったらしく、再度設定しなおしてみたらようやく地デジを受信出来るようになりました。(なので、チューナーは返品しました)

それしても、地デジは綺麗だね。
ウチの場合はまだブラウン管のテレビなんだけれど、それでも綺麗。
女優や女性タレントが映りを気にするのも納得する。
肌の質感が全然違って、地デジだと"しっとり"して映る。
今までのは何だったんだろう、地デジに慣れてしまうと、もうアナログには戻れません。
唯一難点なのは、地デジを見るときはブルーレイレコーダーをONにしておかなくてはいけない事。
と言うことはやっぱりチューナーが必要?
そんじゃぁ、配線はどうするの?
なんだか話が元に戻ったみたいです。


2010. 1. 31



 Back  Index / Next