江戸道(所沢街道)

現在、所沢街道と呼ばれている街道の所沢市内の旧道部分である。

所沢街道は東京都西東京市の北原交差点で青梅街道から分岐し、

東村山市を抜けて所沢に至る道である。

志木街道と交差する「秋津町3丁目」の交差点の脇に旧道の入口がある。


「秋津」という地名は所沢市と東村山市の両方にある。

およそ、柳瀬川をはさんで北側が北秋津村(所沢市)、南側が南秋津村(東村山市)である。

北秋津村の江戸道については以下のような記述がある。下線部分

------------------------------------------

「新編武蔵風土記稿」

巻之百五十七 入間郡之二

北秋津村

南秋津村は多摩郡に属せり、…

東は上安松村、南は則南秋津村にて柳瀬川を界とす、西は久米村にて、北は所澤村なり、

皆畑の地村内に一條の道あり、南秋津村より入所澤村へ達す、

是江戸より秩父への往還の路なり、

------------------------------------------

「新編武蔵風土記稿」

巻之百五十七 入間郡之二

久米村

村内に二條の路あり、其一は江戸より青梅への路にして、久米川村より入りて

岩崎・上新井両村の間に達す、

一は所澤と北秋津との間にあり、是は江戸より所澤へ出る路なり、

又古の鎌倉道と云ふものあり、所澤・上新井二村の間より村内へかゝり

十二町餘にして野口村へ達す、道幅は今は纔に三四尺なり、

------------------------------------------

 秋津3丁目から柳瀬橋までの間は、並行する現在の所沢街道の交通量とは

比較にならないほどひっそりとしている。

東京都東村山市秋津町3-10付近


 

「柳瀬橋」

合流点の先に橋の欄干が写っている。

「柳瀬橋」のたもとで現在の街道と合流する。鳥居の裏側が旧道。

橋は柳瀬川沿いにのびる道と江戸道との交差点でもある。

合流点にある石塔には道標を兼ねているものがある。

上新井村・荒幡村/所澤村・久米村/上安松村・岩崎村

この橋には様々な方面から道が集まっていることがわかる。

東京都東村山市秋津町3-32付近


 

「柳瀬橋」の北側で再び旧道が分かれる。

分岐した後すぐに直角に曲がり、旧北秋津村の中心部に入る。

酒屋があり、正面には富士塚・石塔などが集中する部分である。

上の地図では江戸道(赤線)が日月神社を避けるように左に屈曲し、緑色の道と共通する部分。

緑色のは日月神社。

屈曲部分にある酒屋

道は再び屈曲する。江戸道を挟むように道の両側に石塔がある。

一方通行出口になっている道は昔の久米村を抜けて山口へ抜ける道。

江戸道は右に折れる。

正面の庚申塔にも道標が刻まれている。

庚申塔

宝暦5年(1755年

右 ちゝぶ  左 やま口道

 

反対側の地蔵菩薩は明治40年のもの

埼玉県所沢市北秋津243付近


 

北秋津交差点

直進してきた現在の所沢街道と再び合流する交差点の脇には3つの石仏などがある。

この交差点は新旧合わせて6本の道が合流している。

車が写っている道が江戸道・左側の切通し部分が現在の所沢街道。

交差点の一角にある神社の左(西)側の道に入ると所沢駅の東口に向かう。

この道が江戸道である。

 

埼玉県所沢市北秋津243付近


 

所沢駅東口周辺は再開発がされ、旧道を辿ることはできない。

しかし、神社の脇よりほぼ直線的に駅につづく道がある。

ただし、この道が江戸道であると決めることはできない。

 

所沢駅東口駅前付近

埼玉県所沢市くすの木台3丁目付近


江戸道は所沢駅を挟んで駅の西口に再び現われる。現在のプロペ通りである。

プロペ通りは、駅から斜めに旧市街にのびる駅前の繁華街である。

下の地図は昔の地図に小字名を重ねたものである。

プロペ通りにあたる部分を挟んで「江戸道東」「江戸道西」があることからもわかる。

所沢市史地誌編 附図参照

下の写真は、所沢の駅が市街を外れたところに設けられ

江戸道を寸断していることを示している。

駅の手前(写真下側)が北秋津。向こう側が所沢旧市街側。

プロペ通りは、旧市街側で、道を挟んで左が「江戸道西」、右が「江戸道東」である。

所沢市教育ネットワーク 「キッズところざわ」写真パネルCDより

http://www.tokorozawa-stm.ed.jp/index.htm

 

所沢駅西口のプロペ通り入口(男の人が立っている)。

埼玉県所沢市日吉町11-20 付近


-----------------------------------------

「新編武蔵風土記稿」

巻之百五十七 入間郡之二

所澤村

此所今江戸より秩父郡へ往還の馬次なり、

月毎に三八の市をたてり、驛の間往還の長さ十三町、

又古の鎌倉海道の名残なりと云う道あり、道幅は今は四五尺に通ず、

南より北へ通ず、南の方は久米村より多摩郡恋ヶ窪の方へ達す、

新田の間をすぎて其の末は上野下野等へ通ずと云う、

今、此海道の係る所を本宿と號す、

されば、此所昔も宿驛などにやありし土地に傳る所も、

天正・文禄の頃は民家も皆此本宿及び久米村の内なる金山と云あたり迄も

軒を列ねしが、御討ち入りの後、今の如く居を移し替えしと云

-----------------------------------------

 プロペ通りが旧市街で合流すると、そこは根岸の交差点である。

「新編武蔵風土記稿」の記述からも、鎌倉街道が通る本宿・金山から

江戸中心の生活になり、江戸道が合流し三八の市が並ぶ上町〜下町の

通りに移行している事がわかる。根岸の交差点はこの中心街の

東側の入口であり、市街道や引又道、江戸道が合流する要衝である。

 

江戸道(所沢街道)は正面交差点左側(東村山方面)から合流している。

根岸の交差点は下町の東(右)側にある交差点である。

 

所沢市史地誌編 附図より

戻る