KBNHA

Howie Dorough -- 歴史


History
1973年フロリダで生まれる。6歳の頃姉のPollyAnnaに「オズの魔法使い」のオーディションに連れて行かれ、Munchkin役を得る。小さな役でしかもお客さんは200人程度ではあったがこれが彼に大きな自信を与えた。その後子役タレントとして活躍。映画デビューもしている。

1度ポップ・バンドを始めたがそれは長続きはしなかった。しかし歌い続けたHowie。歌は上達しAll State Chorusにも参加した。やがてHowieの才能はオーランドのエージェントの間でも有名となり、プロダクションと契約。リッキー・マーティンがいたグループMenudoや、Micky Mouse Club、New Kids On The Blockのオーディションに応募するなど数々のオーディションに参加。ある時、ビッグ・ポッパから会いたいという話があり、オーディションへ。そしてHowieがオーディションの最初の合格者となった。


1973年8月22日
フロリダ州オーランド、オレンジ・メモリアル・ホスピタルで生まれる。

3, 4歳
祖父母のベッドの上でぴょんぴょん跳ねながらおもちゃのギター片手に、50年代にヒットしたリトル・リチャードの「Baby Face」を歌う。

4歳
姉のAngieが結婚して子どもが生まれる。Howieは叔父さんになる。

小学校
Fern Creek Elementary School。
授業中は先生を真剣に聞いており、休み時間はダンスばかりしていた。

7歳
初舞台。劇場(現在はHowieが共同経営しているTabu Night Club)で、「オズの魔法使い」でマンチキンの国の小さなロリポップ・ギルドのひとりを演じる。『あの時着てた衣装は僕のサイズより2サイズ大きかったんだ。それで、ステージで踊ってる途中でズボンがずるずる落ちてきちゃって片手で持ち上げながら踊ってたんだよ(笑)』

小学校6年生
パーティーの席でそこにいた一番かわいい女の子2人からキスされる。

中学校
Winter Park Junior High School。
学校のバスケの試合でソロで国歌斉唱をしたとき、途中で歌詞を間違える。『あれ、今僕なんて歌ったんだろう?あれ?あれ?ってパニクっちゃったよ(笑)』

中学校2年生
地元のSea Worldで学校のイベントがあり、他の生徒たちを前にダンスを披露。途中で靴が脱げてしまい、しばらくそのまま裸足で踊っていたがいい加減恥ずかしくなって靴を履いて踊りなおした。

高校
オーランドのダウンタウンに近いところにあるEdgewater High School。
ライチャス・ブラザーズの『アンチェインド・メロディ』を歌ったとき、その澄んだファルセットにみんなが感動し、涙を流す生徒までいた。

16歳
映画初出演(ノン・クレジット)。「バックマン家の人々」に、終わりの方で出てくる生徒のひとりとしてエキストラとして出演。

17歳
ラテン系の役のオーディションでAJと出会う。

1991年8月22日(18歳の誕生日)
付き合っていた彼女が自分の両親に頼んで1日空けてもらい、友だちを呼んでパーティーを開いてくれる。(彼女 : 子どもの頃からお互いに知っていたが付き合ったのは高校3年から2年間。高校3年間、コーラス部でHowieのパートナーだった。)

大学
Valencia Community College
音楽専攻。2年で中退(准学士号修得)。同級生の'N SyncのChris Kirkpatrickとコーラス隊で一緒に歌う。

20歳
映画「コップ・アンド・ハーフ」にメッセンジャー役で出演。主人公が街中で追われているシーンで自転車に乗っているのが一瞬だけ映る。


⇒ *The One ※ KBNHA