アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』 
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
1 胴体
 私は普通にキットを作る時も、無茶苦茶なまでに手を加えますが、必ず胴体から作り始めます。全体の中心として、ここを基準に各部を作っていきます。
胴体が短く太いと感じたので、下に向けて延長しました。5mmのプラ棒を貼り付けています。
 白いパーツはこの後、細く削り込んでいく予定です。裏側にプラ板を貼って裏打ちをしています。
 ストライクの完成写真と暁の設定を見比べながら、どのように形を作っていこうか考えます。腹部の構成は同じようなので、プロポーションの変更と後ハメ工作だけで済みそうです。
 最初の予測と大きく変わって、腹部に厚みを出す必要が出て来ましたが、単なるおデブにならないようにライン取りを気を付けています。
 白い部分も削り込んでいきます。
胴体を組み合わせてみたところ、暁の胸部の上下厚がストライクより厚いことを感じたので、赤い部分も上方に向けて延長します。
 青い胸のパーツを取り付ける部分を切り離し、1mmプラ板を貼った後、5mm角棒を貼り付けました。
 腹部を延長したり、胸部の青いパーツを削り込むための裏打ちをしたり。
 で、胸部パーツはこんな感じに削り込みます(右側)。でも、まだ削り込みが足りないことが判明し……

 最終的に右側の写真のようにまで削り込みました。裏打ちパーツが全て削れてしまいました。内部の肩関節やポリパーツも削っています。これくらいが削り込める限界でしょうか。ちょっとピンぼけになってしまいましたが。
 穴が空いた部分はエポパテで埋めました。この後、ラインを整えていきます。
 現在、切り出してあるパーツを組んでみたところです。
 バランスはこんな感じです。

 中央の出っ張りも邪魔なので、切り落としてしまいます。
 胸部下から伸びている棒は、腹部との接続用の真鍮線です。
 胸部のラインを直して、肩の出っ張りを取り付けます。前後幅を3ミリ延長しています。
 胸部上面の部品を作って乗っけてみましたが、ここで問題発生です。胸部から腹部へのプレート状のパーツと襟が繋がっているはずなのですが、それをそのまま利用してしまうと、胸部から腹部へのパーツがえらく細くなってしまうことが判明しました。設定(平面)の嘘なのでしょうね。
 さてどうしようと考えたあげく、結局は上の方を切り離して、外側にずらして接着し、更に上方で少し外側に拡げることにしました。
 写真の中で、左側のプレートがパーツのまま、右側のプレートが加工後。
 両側のプレートを加工しました。
 両側のプレートを加工して、胸部上面のパーツを乗っけてみました。こんな感じになります。
 まだ完成には遠いですね。思った以上に大変です。

 腹部の白いパーツも削り込んでいっています。
 胸部ブロックの下方、腹部ブロックの後方などに、プラ板を貼りまくって、削り出してライン修正をしていきます。
 この段階では、まだ準備段階です。

 襟にもプラ棒を貼って、高さを増していきます。
 首も、内部の仕切り板(?)を削って調整し、高さを稼いでいます。
 胸部上面にプラ板を貼ってから、これまでに貼ったプラ板プラ棒を一気に削りだしていきます。

 胸部中央のブロックは作り直しました。また、胴体のプレートもまだ幅が狭かったので、加工し直しています。

胴体の赤いブロックの背中側も削って、腰が括れた感じにします。
 プレート状のフレームの延長開始です。まずは3mmプラ棒を貼り付けてから、削りだして、隙間はエポパテで埋めていく予定です。
 胸部中央ブロックは、キットの腹部の赤いパーツを加工して作りました。取り付けると、こんな感じになります。取り付けは、キットのポリパーツを利用していますが、赤いパーツに厚みがあるようなので、もう少し削ります。
 胸部中央ブロックの上面パーツも組み合わせてみました。まだ直線主体なので、プラ板を貼って、曲面を形成していくことになります。
 プレート状のフレームも、延長のためのプラ棒を貼ってあります。
 胴体のパーツに曲面をつけたり、胸部上面のパーツを作ったり。
 スカート以外はほぼ完成した腰部と組み合わせてみました。こんな感じのプロポーションになります。ここを基準に、各部を作り出していきます。
 胴体部は、板状のフレームの形状の変更を始めています。
 あちこちの形状変更をした後、隙間をエポキシパテで埋めて、形状を作っていきます。
 この状態では、ポリパテを盛っただけで、この後、形状を作り上げていきます。
 エポパテは、まだ盛るべき所が沢山です。
 一部、パテをはがして盛り直し……。
 ……で、硬化後に削りだしたら、一部に隙間が出来てしまいました。
 イメージに合わせるために、左右に2ミリずつプラ板を貼り付けます。
 胸部のインテークは、2ミリのプラ板の箱組で。この辺りはなかなか複雑な形状をしています。

 写真では判りにくいですが、襟のパーツも、形を修正してあります。首の位置が3ミリ後方にずらしてあります。上の写真と比較したら判るでしょうか。
 肩との位置関係から、肩の段差を2ミリ高くして、それに伴って襟も3ミリ高くしました。
 前面のプレート状のパーツは形状に、更に手を加えました(左側)。設定とは違います。
 それを胴体に付けてみると、右側のようになります。
 背中のパーツ(青)の内側にポリキャップを仕込んで、シラヌイの取り付け時の補強としました。外見は殆ど損なわれていないはずです。
 また、プレート状のバーツにプラ棒を貼り付けて、形状をやや変えました。これは、オオワシを取り付けた時に、オオワシの後部が下がらないようにするためのゲタです。
 
 どちらも、全てのパーツが着くと、かなりの重さになってしまいます。
 左……脇のバーニア(ダクト?)を取り付ける部分を彫り込んでいます。
 右……胸のインテークの仕切り板はプラ板から。後は形を削り出してやって完成です。
 胸の上面のパーツも削り出しています。
 キットのままでは、首が細すぎるので、左右に2ミリずつ、後ろに3ミリ、プラ板を貼って太くしています。
 背中のバーニア類はプラ板の箱組で(左)。とりあえず、取り付けてみました(右)。接続部分も含めて、まだ改修の余地ありですね。
 設定では黒の塗り潰しでしたが、バーニアの中身を作ってみました。プラマテリアルを中心に、プラ板で仕切り板を作っています。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。