アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』 
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
2 腰部
 胴体と腰を分けました。キットのパーツを芯に、外装を作り直していきます。
 後部の腰アーマーは、中央ブロックがストライクと同じデザインのようなので、アーマーを切り離します。
 ただし、中央ブロック自体も太い感じがするので、裏打ちして、付け根から先端に向けてすぼまるように削り込んでいきます。
 右側の写真は削ったところです。3ミリくらいは狭まったでしょうか。
  腰のフレーム部のパーツを全て切り落として、プラ板で塞ぎました。
 後部アーマーの後部中央ブロックは、やっぱり形状変更しました。
 フレーム部はプラを棒から削り出し。
 前部中央ブロックは、キットパーツを接続部のみ切り出して、プラ板を貼って成形しました。この後、角を削り落とします。
 左は腰パーツを組み合わせてみたところ。

 この後、仮組みしてみると、股関節の軸が長く感じられたので、左右各2ミリ程度詰めてあります。当然、関節軸には3ミリの真鍮線を通して、がっちり補強します。
 リアアーマーはプラ板プラ棒の貼り合わせで。
 先端部にプラ粉+瞬間接着剤で裏打ちしてから、削り出します。
 接合部は、関節技ボールジョイントを使用しています。
 バーニアはプラマテリアルを使用しました。
 フロントアーマーも同じく、プラ板とプラ棒の貼り合わせです。
 丈夫のブロックもプラ板、プラ棒製。
 接合部は関節技ボールジョイントで、受け側はキットのものを使っています。
 サイドアーマーは、7ミリの厚さまで重ねたプラ板からの削り出しです。穴の直径は18ミリ。ウェポンラックの中心軸がそのまま取り付け軸になる予定ですが……。
 サイドアーマーのバーニアのプラ板から。
 バーニアを仮付けしたところ。
 サーベルとライフルのマウントは、設定通りにしようかどうか迷った結果、変えました。
 右写真のように、「UバーニアL1」のパーツを切り離して(凄い肉厚だった)、左写真のように組み合わせます。この中にポリキャップを仕込んで、マウントの爪を取り付ける予定です。
 サイドアーマーの取り付けは、悩んだ結果、「関節技ボールジョイント」で取り付けました。
 ボールの方はコトブキヤのプラユニット「モビルパイプ」で太くしています。
 こいつは、本来の目的以外でも、使い勝手があります。
 前後の腰のアーマーも、「関節技ボールジョイント」で接続しています。前のアーマーの取り付け基部のポリキャップはキットの物。
 飾り台は、アガチス材のデコパージュと平板。
 日曜大工用の金具とボルト・ナットでがっちり固定してあります。ボルトで固定してあるので、取り外せます。
 暁との接続部分は、プラ板、プラ棒、プラパイプ。金具から延びたボルトにプラパイプをかぶせて固定してあのます。ボルトによる固定なので、取り外しや角度調整は出来ます。

 暁本体については、後部中央ブロックの中にポリキャップを仕込んであり、それにプラパイプを差し込みます。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。