アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』 
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
4 頭部
 ストライクのパーツを基に、作っていきます。
1/60ストライクの頭部です。これを基に作っていきますが、似ているようで、結構非なるラインが多くて苦労しそうです。
 ブロックごとに見てみると、結構似ているところが多いのですが、位置関係が全然違うので、ブロックごとにばらしてしまいました。一番手前は首パーツです。
 右上写真
 形状変更の開始です。額にプラ板を貼って、前方の張り出しを大きくします。これは、「大張正巳描くところのドラグナーが好き!」という個人的な好みです。
 顎の部分にもたっぷりとプラ板を貼り付けて、顎を削り出す予定です。 





 左写真 右下写真
で、削りだしました。顎がちょっと前に出すぎているかもしれません。もう少し削らないと、胸のパーツに当たってしまいます。
 後頭部のカメラの部分も、彫り込みます。
 そのために、あらかじめ後頭部に瞬間接着剤とプラ粉で裏打ちをしておきます。ただ、荒れているので、もう少し修正が必要です。

 頬のパーツのプレートを切り離しました。プレートはプラ板で作り直します。

 後頭部のパーツは瞬間接着剤とプラ粉で裏打ちをして、削り出します。
 また、後頭部の垂れのパーツも切り離して、プラ板を接着して、大型化します。
 インテークの位置は、ストライクより少し後ろ、かつ下になるので、後頭部のパーツは削っています。
 接着(仮止め)をすると、こんな感じになります。
 後頭部はパーツは、この後、上方にパテを盛りって、成形する予定です。
 顎を少し短くして、頭頂部のトサカを削って、形状を合わせた物に、耳(?)の基部を取り付けました。耳の基部はプラ板、プラ棒の固まりです。ちょっと大きい感じがしますが、もう少し削って形状合わせをするので、それでちょうど良くなるかな、という読み(願い)があります。
 インテークの付いたパーツは、左右にもボリュームが不足していたので、パテを盛大に盛る必要が出てきました。

 耳のパーツと角のパーツ。全てプラ板、プラ棒から制作です。


 頭部の現在の全パーツ頬当て以外は揃っています(そのはず)。
 あるだけのパーツを組み合わせてみました。
 後は頬当てのパーツはほぼ揃います。後はエポパテをあちこちに盛って形出しをしていきます。
 耳がちょっと長いかな。
 どのみち太いので、細くはしていきます。
 頬当てをプラ板の積層から作って、取り付けてみました。
 顔パーツを変えなくても良いかなあ、なんて思ってしまいますが、それをやってしまうと、暁ではなくなってしまうので、ちゃんと手を加えます。
 角の部分、後頭部にエポパテを盛って、削り出しました。傷や凹みの部分に溶きパテをすり込んでいるので、少し見にくいです。
 これで殆ど形は出来たはずですが、顔面も含めて細部はまだです。
 マスクのパーツにエポキシパテを盛って、削り出します。設定より鼻の高い顔になりました。
 もう少し低くてもいいかも。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。