アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』 
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
5 腕部
 ストライクのパーツを基に、作っていきます。
 腕もストライクから。フレームを生かして、形状を出していく予定です。
 前腕にフリーダムのそれを使いたいところですが、足と同じで、却下です。で、プラ板細工になります。 
 前腕で5ミリ、上腕で5ミリ程度延長します。
 手首であと5ミリ程度の延長が必要かな。
 肩のブロックを取り付けるパーツ。左はプラ板とプラ棒を組み合わせたものに、WAVE社のプラサポとポリキャップから作ったもの。

 右は、ストライクの肘ブロックを使わなくなったので、そのパーツを利用して作り直したもの。キットパーツは利用したい。
 肩は、腕に取り付ける方法から、腕と肩を繋げる関節軸を延長して、腕と肩関節の間に、肩を取り付ける関節ブロック(自作の方)を挟み込む形としました。
 関節ブロックは、
 肩内部は接合の軸を一つ切り外して、ポリキャップに繋げる軸を取り付けています。

 上の写真は肩の取り付け基部の関節ブロック。
 下の2枚は、肩の取り付け構造の写真です。
 肩のフレームにプラ板プラ棒を貼って、削りだし、形を整えます。
 左はプラ板プラ棒を貼った状態、並びに、肩関節ブロックとの位置関係の変更。
 フレーム自体には、内側に1ミリプラ板を貼って厚みを出しています。
 右は削りだして、形を整えたところ。腕その物は進んでいません。
 フレームのパーツにプラ棒を貼って、更に形状を変更します。
 肩関節をストライクの肘パーツに変えたことで、フレームパーツにもう少しボリュームが欲しくなったので、プラ棒を貼って削り出します。ついでにラインも変えます。
 一度形になったフレームパーツですが、バランスを考えて下にボリュームアップしたら、間が保たなくなってしまいました。
 そこで、MGストライクの肩フレームを参考にして、ちょっとだけディテールを追加しました。
 円柱状のパーツも、プラマテリアルで少しだけ情報量アップです。
 肩アーマーについては、キットパーツを芯にして、プラ板で形状を整えていきます。
 上段左の写真の左側が削り取りの線で、右が削ったところ。
 更に装甲のパーツにもプラ板を貼って、形状変更していきます。
暁独自のパーツもプラ板を貼って、無理矢理成形して行きます。
 見た目以上に結構複雑な構造をしていますが、何となく、見えてきました。
 削って形状を整えていきます。
 キットのパーツの自作パーツを接着して、フレームから取り外せるようにしました。これで塗装が少し楽になります。
 テーパーを付けるためのプラ板を貼った後、肩の先端を削り落としたところです。これで、ほぼサイズは決定。
 設定よりメリハリが付きすぎているのは、好み、かな。
 テーパーを付けるためのプラ板を削ってラインを整えた後に、下半分のプラ板を貼り付けます。エポパテを詰め込んだりしなければならないので、暫くは停止、かな。
 フレームパーツと装甲パーツの隙間にエポパテを詰め込んで削り出してみました。まだ削らなければならない部分もありますが、ほぼ形は出来ました……。
 肩内部のバーニアはプラ板の箱組からの削り出し。
 バーニア内部には、マテリアルでディテーリングの予定。
肩の内側のディテール用のパーツ。余り見えないけど、これがないと奥が見えてしまいます。プラ板、プラ棒、プラマテリアル製。
肩の装甲も段差を付けてみました。少しだけ情報量を上げてみました。
 左は腕の構造です。
 右はそれらを組んだところです。
 基本的には、肩接合のための関節ブロック以外は、キットの構造そのままです。
 上腕の外装も5ミリ延長しています。
 設定では、上腕の各面は面イチなのですが、ストライクの意匠を踏襲して段差を残してみようかな、とも考えています。
 一部が削れて、修正の必要がありますが……。
前腕部のフレームの出っ張りを削って、外装を取り付ける準備。穴の開いた部分にはプラ材とプラ粉と瞬間接着剤で埋めます。ここに外装に付けた棒を差し込む予定です。
 前腕部の構造です。
 左写真
 奥左がフレーム、奥右が前腕の装甲の芯を取り付けたところ。
 手前左から、手の甲側とその両脇の部分(判りにくい)の芯、前腕部の内側の芯、肘近辺のふくらみの部分(の芯)、肘のブロックの芯の予定のストライクのパーツ。
 右写真
 前腕部を削って細くし、装甲に厚みを持たせてみました。肘周辺のパーツの膨らみの準備もしています。前腕カバーは形状を修正する必要があります。
 前腕の肘付近のふくらみのパーツです。外側は大きくして、シールド取り付け用のラッチの部分にポリキャップ(5mm)を仕込みました。
左 ふくらみパーツを仮付けしてみました。

右 肘のブロックはプラ板の箱組から。まだ途中です。
 ふくらみパーツのプラ棒の隙間にエポパテを詰め込んで、削り出しました。
 前腕の装甲パーツにテーパーを付けたり、角を削ったりして、細く見えるようにします(デザイン上でも、角は削れていますが)。
 前腕のパーツを手首のところで切り離して、装甲を手首から差し込めるようにしました。
 右の写真はそれらを組み立ててみたところ。手首のパーツは形状変更中です。
 肘のブロックの幅が広かったので、底面は変えずに、上にすぼまるように削り込みました。段差も追加しました。
 前腕の装甲パーツを更に形状変更しています。ふくらみパーツの厚みを出しています。

 肘関節近辺を削りだしてラインを整え、手首付近のブロックも削り出しました。
 ストライクのキットは、手首のブロックの上に更に装甲が被さっていましたが、そのようにしては、太すぎるので、グレーのパーツがそのまま装甲になるようにしてしまいます。色を塗れば判らないけど。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。