アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
 ビームサーベルはプラ板とプラ棒からの削り出しです。
 ビームサーベルの柄は、プラ板とプラ棒の組み合わせ。この状態だと、2本繋げた状態です。
 ビームサーベルの刃の部分はプラ板からの切り出し。1ミリ板を貼り合わせて、削りだしていきます。真ん中の棒状のパーツは、柄です。
 ビームライフルは、ストライクのキットをベースに形を作っていきます。
 ストライクのライフルは形は良いのですが、小さく感じたので、大幅に大型化します。
 ストライクのライフルです。形状は良いはと思いますが、ボリュームが不足している感じなので、幅増し、延長を行う予定です。
 当然、それから形状変更。
 左の写真のようにバラバラにして、後ろ半分は6ミリ幅増し、前半分は5ミリ幅増ししています。
 銃身とグリップはキットの厚みのまま。
 延長開始。
 切断面やら上面、下面にプラ版、プラ棒など貼りまくっています。この辺りは設定のバランスを無視していますが、立体としての見栄え優先と言うことで。元のキットとは随分とバランスが変わってしまいました。
 バラバラにしてパーツを仮止めしてみました。
 設定を見ながら、使わない部分を更に斬ったり削ったりします。
 追加パーツをプラ板とプラ棒の貼り合わせから削り出します。それを取り付けた状態。小さなパーツ(左)はライフル上部に付くパーツ、小さなパーツ(右)はセンサー。プラマテリアルのパーツを両断して、幅増ししている途中です。
 シールドは、プラ板、プラ棒から作っていきます。
 形はコズミックリージョンを参考にして、縦に長い形としています。
 完全に好みです。
 ウィングガンダムVer.Kaのシールドっぽい?
 シールドは、まずは裏側から。ここが形の基準になります。プラ板とプラ棒製。
 縦に半分に割った状態でプラ板2枚を切り出して、削り出すことで、ほぼ対称形が完成します。それを貼り合わせて、補強して、内側の穴の周囲にプラ棒を貼ります。ここにシールド基部を取り付けることなにります。
 形を整えた後、塞ぎます。
 表の曲面をどう出そうか、と考えて、ヒートプレス(バキュームフォーム)は難しそう(現状、技術がない)なので即却下。パテ盛りはパテの消費量と重さが半端にならないのでやっぱり却下。
 結局はプラ板の積層からの削り出しで行うことに。補強に取り付けたプラ棒の梁を基準にして、ななめにプラ板を貼り(上左)、更に貼り重ねます(上右)。
 力尽くで削り出します(下)。
 まあ、それなりに軽いですし、何とかなるものです。
 中央のブロックも、基本的には同じ作り方です。プラ板の無垢なので、あとで裏側を削りたいものです(左)。
 先端部分を削り出した本体に中央ブロックを乗せてみました(右)。
 中央ブロックの縁に合わせて曲げた3ミリ角棒を貼り付けて段差の基部とします。更にラインを整えるようにブラ板を貼り付けまくって、削り出していきます。
 何だかんだ言って、重くなってきました。
 穴の部分にシールドを取り付ける基部を作り始めます。プラ板、プラ棒を基に、キットのパーツを組み合わせています。グリップはキットのものとポリパーツを組み合わせて可動します。
 プラマテリアルやプラ板プラ棒を貼り付けて、一応は完成。らしさ(?)優先です。
 取り付け部を腕に取り付けてみると、こんな感じです。取り付けは、ボールジョイントを使いました。バーニアパーツを削ったもので、出来る限り隠してあります。
 左右の出っ張りはプラ板、プラ棒から。
 コズミックリージョンを参考にしながらも、オリジナルの形にしていきます。
 もう一つの目的としては、取り付け基部をしっかりすることでした。結果として裏にディテールが少し入りました。
 白い十字パーツは、プラマテリアルのバーニアとプラ板、プラ棒、エポキシパテ(予定)から。
 上のものはエポパテの削りだしが上手くいかなかったのと中央の円柱が大きすぎる感じがしたので、作り直しです。で、プラマテリアルのバーニアとプラ板で。
 左右のブロックを取り付けてみました。
 左右のブロックは「コズミックリージョン」の形状を参考にしてみました。形状は変えてあります。
 少し折れ曲がる角度で取り付けてあります。
 衝角(? 設定の白い部分)は別パーツで。プラ板の細切りを貼り合わせて、削り出しました。効率はよくないですな。
 グリップ部より、少しだけ先端側にちょっとしたディテールのパーツを付けてみました。プラ板製です。
 制作を再開して、色々手を加えて、現状はこんな感じ。表面を仕上げれば、ほぼ完成です(予定)。
 オリジナルのビームシールドユニットです。
 オーブ製のアストレイゴールドフレーム天ミナのオプションでもビームシールドはあったようですから、暁でもありそうです。
 とはいえ、ヤタノカガミでビームは弾き返せそうです。対ビームサーベルと実体弾、という所でしょうか。
 ところで、暁の動力って何なんでしょうね。ヤタノカガミを実効させることを考えれば、核エンジンなのでしょうね。
 そうすれば、PS装甲も半永久ですね。でも、ヤタノカガミの下にPS装甲って発動しているのかな。
 ビームシールドの必要性が減ってしまったような。
 まあ、対ビームサーベルということで。
 それに、(ある意味)最強のモビルスーツですから、こういう物も着けてみたくなってしまいます。見栄え優先ということで。 
第1案
 最初、ストライクフリーダムの腕のユニットを参考に形を考えてみました。
 が、小さすぎたので、ボツにしました。
第2案
 上の第1案とほぼ同じ形ですが、二回りくらい大きくしてみました。一気に作ってしまうと形を出しにくそうだったので、三つに分けてみました。
 しかし、あるひらめきがあったので、中央ブロックはボツになりました。
第3案
 今回の暁制作で余っているストライクのパーツを眺めていたら、ひらめきました。
 ストライクの前腕の外側のパーツです。これに第2案の左右ブロックを取り付けることにしました。
 ストライクの腕パーツそのままでは太い感じがするので、左右パーツを内側に張り出す形で細く見せつつ、シールドのユニットのスペースを確保することにしました。
 中央ブロックの凹みの中に内蔵するビームシールドの取り付け基部です。これでシールドが持ち上がる形になります。
 2ミリのポリキャップとプラマテリアル。プラ板から。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。