アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』 
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
7 空戦パック オオワシ
 流用パーツなどありそうにもないので、あっても出費は出来るだけ避けたいので、殆どがプラ板とプラ棒の工作になる予定です。
 バックパックその物はそれで何とかなりそうですが、翼が大変そうだなあ。
 プレートパーツを基準にして作っていきます。

 プレートパーツはプラ板3枚の貼り合わせです。
 写真中央はバーニアブロック。プラ板で形を作って、内側からプラ粉と瞬間接着剤で補強してあります。あとでエッジを落とすためです。

 左から組み合わせたプレートパーツ。接続ブロック。バーニア本体。バーニアの内側パーツ(プラ板、プラ棒、プラマテリアル製)。

 左はプレートパーツと接続ブロックの組み合わせ。右はバーニアとその中身の組み合わせです。
 プレートパーツと接続ブロックを取り付けたものに、バーニアを取り付けました。ポリキャップで接続しているので、少しだけ上下に可動します。

 バーニアの先端を更に削り込んだり、プレートの内部にしきりを入れたりしています。
 取り付け基部は、ビーム砲の取り付け部以外は、これでほぼ完成かな。
 ビーム砲の取り付け基部はプラマテリアルのバーニアから。中に5ミリのポリキャップを仕込んでいます。
 中央の胴体と機首部分もプラ板とプラ棒から。右側の長いパーツが機首。

 胴体の高さを少し下げてやりました。機種と胴体を繋ぐブロックも作成中。バーニアブロックも、かなり削り込みました。


 現在組める部分を全て組んでみたところ。

 コクピット(?)パーツはプラ板、プラ棒からの削りだし。


 本体の背中に取り付けてみました。こんな感じになります。
 現状のパーツを取り付けてみました。
 胴体パーツに付くエンジンブロックもプラ板とプラ棒の箱組。中にポリキャップを仕込んで、取り外せるようにしています(塗装時の利便性を考えて)。
左 胴体パーツの上半分は、プラ板とプラ棒を組んで、隙間にエポパテを詰め込んで、力尽くで削り出しました。スマートな作り方ではないですね。

右 更に外側のエンジンブロックはプラ板とプラ棒の組み合わせからの削り出し。
 機首パーツ内部のディテール用パーツ。プラ板、プラ棒、プラマテリアル製。
 内側のエンジンブロックはプラ板とプラ棒の組み合わせから。設定とは少し変えていく予定です。
 後半部分に厚みを出す事にしました。
 垂直尾翼とのかねあいからです。
 内側のエンジンブロックを削りだして、更に外側のエンジンブロックのインテークやノズルを作って、取り付けました。
 そして、それらを組み合わせたところ。でかい。
 更に翼を付けると、無茶苦茶でかい。
 翼だけでも長さ30センチ程度は行きそう。ということは、全幅70センチ以上……。
 翼の基部はプラ板、5oプラパイプ、3oポリキャップより。
 ポリキャップもまとめて削り出します。
 大鷲の主翼はプラ板から作りますが、余りにも巨大なので、最初に型紙を作ってみました。失敗したら、目も当てられないので……。
 最初、左のようにしましたが、ちょっと厚みがありすぎる感じがしたので、右のように少し薄くしました。
 垂直尾翼も主翼と同様、型紙を作っています。この形で良さそうです。
 ビーム砲の取り付けアームはプラ板とプラ棒、プラパイプ、ポリキャップより。
 大鷲本体との接続部分はコトブキヤのポリパーツをプラ板で囲んだもの。
 ビーム砲との接続部分も同様の予定。 
 ビーム砲のグリップの形状はビームライフルのそれを参考に。ピンぼけ……。
 ビーム砲の内部フレームはプラ板、プラ棒、プラパイプ、ポリキャップから。
 グリップ基部はポリキャップで可動。
 ビーム砲伸縮部分も、ポリキャップとプラパイプでぶれないようにしています。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。