アトリエ・ときわーくす(制作手順)番外編1
『ORB-01 暁』 
1/60フルスクラッチ
1/60で暁を作ってみるつもりです。ベースキットは、1/60ストライク。
私にとって初めてのフルスクラッチになりますが、さて、完成するのでしょうか。
ちまちま作っていきます。
プロポーションは自分のイメージを優先していくつもりです。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
8 宇宙戦パック シラヌイ
 流用パーツなどありそうにもないので、あっても出費は出来るだけ避けたいので、殆どがプラ板とプラ棒の工作になる予定です。
 バックパックその物はそれで何とかなりそうですが、ドラグーンは7個……。一個作ってあとは複製、なんて芸当は出来そうにもないので、やっぱり作るしかないか。
 中央のブロックはプラ板、プラ棒、プラ材の組み合わせです。
 途中写真がありませんが、フレームに合わせて接続ブロックを作ってから、外側ブロックを作り込んでいます。接続に5ミリのポリキャップを使う予定でしたが、間違えて5.5ミリのポリキャップを付けてしまいました。6ミリに径を大きくしています。
 接続軸はプラマテリアルから。

 左右のブロックも、現物合わせで、プラ板とプラ棒から。

 中央ブロックには、スタビレーター状に付くドラグーンの接続パーツを取り付ける5ミリポリキャップをを取り付けます。WAVE社プラサポを使いました。
 左右のブロックはプラ板を貼り付けていきます。
 中央ブロックと左右ブロックを並べて置いてみました。右はほぼ終盤です。
 この状態でドラグーンの大きさを考えてみたら、かなりの大きさになることが判明……。

 組んでみました。テールスタビライザー状に取り付けられるドラグーンの接続部の基部も取り付けてみました。

 暁の背中に取り付けてみると、こんな感じです。
 現状、ここから先にはドラグーンを作ってみないと進めないかも。
 ドラグーンの基部ブロックを取り付け部は、プラマテリアルのバーニアを削り、中に8ミリポリキャップを仕込んだもの。
 中央ブロックは先端部に向けて、少し延長しました。
 スタビライザー状に付く部分の位置は問題ないなとは思えるのですが、ドラグーンが三つ付く取り付け部は下過ぎる感じがしました。よって、取り付け軸の受け部分を上に持って行くべく、形状変更。形はオリジナルです。中々良い感じ、と思いたい。
シラヌイのパーツを全て組み上げるとかなりの重さで、背中に取り付けてみると、隙間が気になってしまったので、取り付け用の軸を増やしました。
 ストライクの背中のボックス状のパーツのディテールを活用しています。軸は2ミリアルミ棒です。
 さらに隙間隠しとして、横にプレート状のディテールを加えました。
スタビライザー状にドラグーンを取り付けるパーツは、共通の取り付け基部を作った後、それにプラ板を貼り付ける形で作っています。他の2種も基本的に同じです。
 左右に突き出す形でドラグーンを取り付ける基部は別に作った取り付け基部にプラ板を貼り付ける形で。
 左写真の一番右は、ドラグーン基部とこのパーツをつなぐパーツ。プラ板、プラ棒、アルミ棒製。
 ドラグーン基部ブロックの取り付け部に繋がる部分は、設定では一体ですが、別ブロック化しました。構造はコズミックリージョンを参考にしています。
 プラ板、ブラ棒、エポキシパテ製
ドラグーン取り付け基部とシラヌイ基部をつなぐ軸の根元のパーツの厚みが足りなく感じたので、かさ上げしました。上のエポキシパテはやめて、プラ粉+瞬間接着剤で隙間を埋めました。
 エンジンノズル付近のブロックはプラ板製。
 この部分は設定とは形を変えて、イラストのラインを入れる予定です。
 上の取り付け基部共々直接パーツに描いてバランスをチェックしながら形を決めていて、そこから図面を起こしています。多くのパーツがそうですが。
 エンジンノズル付近のブロックは設定と違って、こんな形。現物合わせから図面を起こして整形しています。
 両サイドのドラグーン取り付け基部の基部は、プラ板、8oプラパイプ、5oポリキャップ、プラ粉+瞬間接着剤より削りだし。写真のような位置に取り付けます。ポリキャップにドラグーン取り付けパーツを取り付けます。
 ドラグーンのサイズ(横幅)が決定したので、取り付け基部を貼り合わせました。何とかなってしまうものです。
 上部の隙間にドラグーンのスラスターを取り付けるパーツを差し込む予定です。
 取り付け基部のスラスター部分はプラ板とプラ棒の組み合わせで。色毎にパーツ分けはしてあります。取り付けはアルミの棒で。
 基部が出来たので、ドラグーンを乗せてみました。位置合わせで置いただけです。なかなか良い具合に密度感がありそうです。
 他のパーツと同じく、ドラグーンはプラ板プラ棒の箱組と削り出しから作る予定。出来る限り、軽くしたいので。
 最初は一つ作って複製しようと思いましたが、金もかかるし、重くなりそうだったので、プラ板製に変更です。
 取り付け基部とは磁石で接合予定。二つは写真のような位置になります。右の写真のように机の引き出し(鉄製)にくっつきます。基部側にも磁石を仕込む予定。
 ドラグーンのエンジンブロック近辺の膨らみもプラ板、プラ棒、プラ粉+瞬着製。全部で14個作らなければならないのは、かなり面倒くさい。
 気長にやろう……。
 ひたすら削りまくってやりました。
 ネクタイピンではないです。
 エンジンブロック近辺の膨らみに付くビーム砲の基部です。これもプラ板プラ棒製の予定。これも14個……。これも無茶苦茶疲れた。
 内部に2o計の穴を開けてあります。ビーム砲のバレル取り付け用です。
 ドラグーンのバーニアもプラ板製。内部にプラマテリアルを入れるか、接続パーツを組み込むか、はたまた両立できたらいいけど。
 ドラグーンと本体の接続パーツです。
 左写真の奥がドラグーンのスラスター内部のパーツ。手前が不知火パックの取り付けパーツ。
 右写真はそれぞれにディテール用パーツを取り付けたもの。
バーニア内部には下半分は接続パーツ、上半分はスラスターになりました。
 画像が粗いですが、エンジンブロック基部のビーム砲のバレルです。プラマテリアル、プラパイプ、プラ棒から作りました。もう一つアクセントが欲しいかな。
 右の写真は基部に取り付けたところ。
 バーニアの下に付くパーツもブラ板プラ棒からの削りだし。7個、28面……。
 強度不足になってしまい、プラ粉+瞬間接着剤であちこち穴埋め。
 今のところ出来上がっているパーツを組み合わせてみました。設定よりボリュームがあります。
 本体以外のパーツは全て取り外せるようになっています。
 後部のバーニア近辺はこんな感じで。先端部のボリュームが欲しい。
 ドラグーンの内、バーニアが取り付け基部にならない二つには、本体中央部の凹みの部分にポリキャップを仕込んであります。
アトリエ・ときわーくす
1 胴体 2 腰部 3 脚部 4 頭部 5 腕部 6 武器 7 空戦パック オオワシ 8 宇宙戦パック シラヌイ 9 全身 10 ラフスケッチ
プラモデル、ガレージキット INDEX のページに戻る。