20030727 アナログとデジタル

 今日、ペンタブレットを買った。個人的には2台目である。前のパソコン(Lavie)の時、1台買ったのだが、パソコンの性能が低く、反応が遅すぎ、敢え無く断念した。現在のVAIOノートに繋ごうと思ったのだが、一応は繋がった。しかし、専用のドライバのアップデートが必要であり、何よりシリアル接続だったので、使いにくかった。それで、結局断念。
 それから約1年、経済的に少しだけ余裕が出来た(?)ので、買ってみた。現在のところ、使い勝手はなかなか宜しい。反応もダイレクト。すぐにホームページに作品が上げられることはないだろうが、その内には、と考えている。
 とはいえ、デジタルに完全に移行するつもりは全然ない。
 やはり、アナログの画材を使って描く時の、画材によって使う感触が全く違うというのは捨て難いものだし、そっちの方が好き。
 それに、手を動かしているところ(タブレット上)ではないところ(画面)に変化が起こるというのにも、多分、慣れないだろうなあ。
 しかし、タブレットも、CGのソフトも画材の一つとして、使いこなしていきたいものである。
 実のところ、CGの黎明期には、どうも好きになれなかった。どれもこれも、似たような感じで、冷たい感じがしてしまう。現在もその感覚は余り変わっていないが、CGならでは、という表現もあり、それは活用していきたい、と考えている。  デジタルに改めて手を出そうとした理由がそこにある。
 ソフトも、安くて性能が良いのが出てきたしね。
 まずは、遊んでみようかな。
 オモチャにしては、決して安くないけれど……。