職員コラム


山田 秀典 H29.7
笠原 麻衣子 H29.7
小林 多美男 H29.7
牧野 荘平 H29.4
桑原 武夫 H29.4
新井 章弘 H29.4
長沼 真由 H29.4
中島 弘明 H28.10
飯塚 祐子 H28.10
竹内 範子 H28.10
富岡 眞一 H28.7
野村 哲郎 H28.7
前島 尚 H28.7
茂木 健太 H28.4
渋澤 雅貴 H28.4
星野 明美 H28.4
山田 秀典 H27.10
望月 弘子 H27.10
吉田 雄哉 H27.10
桑原 武夫 H27.7
小川 早紀 H27.7
藤本 美紅 H27.7
中島 弘明 H27.4
新井 麻衣子 H27.4
和田 壮平 H27.4
茂木 健太 H26.10
阿久澤 和彦 H26.10
中島 弘明 H26.7
野村 哲郎 H26.7
吉田 伸明 H26.7
富岡 眞一 H26.4
町田 拓也 H25.10
田村 遼祐 H25.7
藤野 歩 H25.7
桑原 武夫 H25.4
後藤 栄里子 H24.10
井之川 芳之 H24.10
野村 哲郎 H24.7
宇賀 大祐 H24.4
押江 保江 H24.4
菅野 あき子 H23.10
高橋 俊行 H23.10
野村 哲郎 H23.7
福島 和夫 H23.7
茂木 健太 H23.4
野村 哲郎 H22.7
横堀 健弥 H21.7
横堀 健弥 H21.5



睡眠時無呼吸症候群   医師 山田 秀典

「睡眠時無呼吸症候群」という疾患を御存知でしょうか。

睡眠中に無呼吸(10秒以上の呼吸停止)が1時間あたり5回以上起こっている状態の方がこの疾患にあたりますが、重症な方は1時間に5回どころか50回以上も呼吸が止まっている場合もあります。睡眠中に呼吸が止まると体が低酸素の状態になり、眠っていてもしっかりと体が休まっていません。睡眠中の大きな鼾(いびき)、頻繁な中途覚醒、また起床後の頭痛や倦怠感、日中の過剰な眠気や集中力低下などとして症状が現れることが多く、放置しておくと高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3~4倍高くなり、重症例では心血管系疾患発症の危険性が約5倍にもなるとされています。

診断確定には1泊入院していただき、ポリソムノグラフィー検査を受けていただく必要があります。これは睡眠時の脳波、呼吸状態、酸素飽和度や鼾の回数などを検知できる機械を装着していただき、睡眠中の状態のデータを取らせていただくもので、結果は1週間以内に判明します。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は無呼吸のタイプや程度に応じて治療法は変わります。軽症の場合は体重を減量することで改善がみられることもありますが、重症の場合で気道閉塞が主な場合は、保険治療にてCPAP療法という睡眠時マスクを介し気道内に陽圧をかける機器を装着していただき、睡眠時の呼吸の安定化を図る治療を行います。CPAP療法をしっかりと行うことで、健常人と同等まで死亡率を低下させることが明らかになっています。

この疾患は成人男性の約3~7%、女性の約2~5%にみられ、男性では40歳~50歳代が半数以上を占める一方で、女性では閉経後に増加するとされています。また体重が多めの方、お酒好き、睡眠薬をよく服用する方は発症リスクが高くなっています。

御心配な方は当院で検査・治療をしておりますので、一度外来にて御相談ください。



地域包括ケアシステムに向けて   事務員 笠原 麻衣子

国は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、地域包括ケアシステムの構築を目指しています。このシステムは、重度の要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される仕組みです。私たちの病院や施設も前橋市北部地域を中心として皆さまに必要とされる役割を果たしていくことが求められています。このため当院では、診療データの管理・保管機能強化を行い、次に一般病棟の一部に地域包括ケア病床を導入し、さらに外来診療においてかかりつけ医機能を充実させ、地域医療に貢献しようと方針をたてています。これらを実現するために一昨年秋から関係職員が毎月集まり勉強会や検討会を重ねました。

1つ目の取り組みは患者の皆さまの病名、重症度、診療内容、ADLの程度などの診療データを整理し、適切に管理・保管することから始めました。これにより診療記録全般の質的向上や効率のよい運用が可能となり病院の基本的機能が高まりました。診療記録保管・管理規定を作成したり診療情報管理部門を設置したりと、診療情報管理士として勉強したことが大変役立ちました。

次の取組は看護基準の引上げです。地域包括ケア病床においては手厚い看護の提供が必要とされます。また施設基準のひとつとして平均在院日数(入院期間)の短縮も求められ、昨年10月より医局の先生方や看護師の方々にご尽力いただきました。このなかで看護部長とともに平均在院日数を毎週医局へお知らせする作業を行いました。在院日数短縮は予想より早く進み、本年3月より看護基準を15:1から13:1に引き上げられました。そして現在は地域包括ケア病床設置の準備を行っています。一般病棟の一部に急性期治療を経過し、症状の安定した方に対してリハビリ、在宅復帰等への復帰支援に向けた医療を行う病床になります。今年7月の設置を目指しています。

これらを整えた後、外来診療ではかかりつけ医機能の充実を図ります。患者の皆さまに対して主治医が療養上の指導や服薬管理、介護保険への対応、在宅医療の提供、急病時の24時間対応等を行っていくものです。準備したり解決したりしなければいけない問題が山積しますが、これまでのようにひとつずつ勉強し、確実に実現していこうと頑張っています。医療事務職員として入職したての頃は何もわからず目の前の仕事をこなすのに精一杯でした。10年経過し、多少の専門知識は得られましたが今回新しい仕事にあたって、まだまだ学習や経験の必要性を痛感しています。これからも医療の仕事を通じて、少しでも患者の皆さまやこの地域のお役にたてればと考えています。



チーム検査室   臨床検査技師 小林 多美男

検査室に求められることは、必要とされる精度を確保した検査結果を、可能な限り迅速に臨床現場に届けること、これが検査室の最も主要な役割といえるでしょう。医学の進歩のほか、検査方法、検査機器の進化(。変更)そのような変化に最近、いや前々から目も耳も、そして頭脳も衰えた者にとっては(、削除)つらい試練です。検査の精度を確認するため、日々の精度管理のほか、毎年(行われる 削除)日本臨床検査技師会の精度管理調査と群馬県臨床検査精度管理調査が実施されます。今年も(、削除)間もなくやってくる試練ですが、チーム検査室で(若き勇者たちの力を借り)乗り切って参りたいと思います。

精度と速度と同等の比重で求められるものとして、安全性と経済性といわれます。安全性とは、検査中に生じるケガや障害はもちろん、職場が原因で生じるメンタル障害の防止も含まれます。私たちが病める人になっては良い医療を提供できなくなってしまいます。そうならいためには、「和と輪」「元気と陽気」が不可欠だとありました。これをもとに、「精度」「速度」「安全性」「経済性」をチーム検査室で追及して参りたいと思います。



花粉症   医師 牧野 荘平

花粉症とはスギ、ヒノキ(針葉樹)、カモガヤ(イネ科植物)、ブタクサ、ヨモギ(キク科植物)などの花粉アレルゲンに対してIgE抗体を作り出し、開花の季節に花粉アレルゲンとIgE抗体が結合して、主としてヒスタミンなどが作られ、鼻水、くしゃみ、鼻閉のアレルギー性鼻炎の症状を呈します。これをⅠ型アレルギー反応と言います。

花粉症は花粉飛散時期に起きるため季節性アレルギー性鼻炎といわれます。


【歴史、頻度】

花粉症と言えば春先に飛散するスギ花粉で起こるスギ花粉症です。戦後、建材、治水の目的で国有林に北海道、沖縄を除き広くスギが植林されました。1960年後半から花粉生産力の強い樹齢30年を超えるスギ林の面積が多くなり1070年前半からスギ花粉症が急増し現在に至っています。スギ花粉症の頻度は栃木県壬生町で25.6%(成人)、京都府で16-27%(学童、生徒)でありました。

【症状】

花粉症の症状は、花粉が鼻粘膜、眼結膜に付着して、そこでアレルギー反応を起こすことによっておきます。鼻粘膜に付着するとアレルギー性鼻炎症状が起き、眼結膜に付着するとアレルギー性眼結膜炎症状、目のかゆみ、流涙、視力低下などが起ります。皮膚に付着すると皮膚の痒みもあります。また、アレルギー反応が強いと熱感があるように感じ、集中力が低下することもあります。

【検査法】

どの花粉に対してのIgE抗体があるかは、採血して血液中のIgE抗体を測定します。測定法はいくつかありますがRAST法が一般的です。必要な花粉アレルゲンをいくつか選択します。簡便法として同時多項目測定法があり、同時に36種類(VIEW)の一般アレルゲンについて検査ができます。花粉アレルゲンエキスを直接皮膚に注射する皮内反応があります。

【治療】
原因花粉回避

スギ花粉予報で飛散が多い時は外出を控える。メガネ、マスクをつける。

薬物療法

経口抗ヒスタミン薬:アレグラ、ジルテック、セルテクトなど(一部で眠気に注意)

経口抗アレルギー薬:インタール、リザベン、シングレア/キプレス、IPD

局所薬:(点鼻)ステロイド:アラミスト、フルナーゼ、抗アレルギー薬:インタール、ザジテンなど、(点眼)ステロイド:フルメトロン、抗アレルギー薬:インタール、ペミラストンなど

免疫療法

皮下免疫療法:原因花粉のエキスを少量から皮下に注射して、その花粉に対する反応性を抑制するものです。

スギ花粉舌下免疫療法:花粉エキス(シダトレン)を毎日舌下に投与し少なくとも2年間継続が望ましい。

免疫療法は長期間の治療を続ける必要があるため、薬物療法で十分な効果が得られない患者を対象とします。免疫療法の最大のメリットは治療を中止後も効果が持続することです。



脳卒中にならないために   医師 桑原 武夫

脳出血や脳梗塞などの脳卒中の90%は、高血圧など変更や管理ができる危険因子によるものです。米国脳卒中学会のガイドラインでは、血圧を管理して初発脳卒中リスクを軽減するために、地中海食やDASH食を推奨しています。地中海食とDASH食はどちらも果物、野菜、全粒粉、ナッツや豆類、鳥肉、魚肉を主体とする食餌療法です。共に飽和脂肪酸を多く含む食品や赤身肉は制限しますが、乳製品に関しては、地中海食ではあまり用いないのに対し、DASH食では低脂肪製品の摂取を重要視しています。脳卒中リスク軽減のために(1)健康な食生活、(2)自動血圧計での自宅で血圧のモニタリング、(3)高血圧前段階を高血圧に進めないための身体活動や健康な食生活、(4)体重管理など生活様式の改善、(5)年1度受診による血圧の評価、(6)降圧剤の降圧効果が得られない場合や深刻な副作用がある場合は、その患者に合った薬剤の組み合わせを検討、(7)禁煙と受動喫煙の回避、を推奨ポイントとして挙げています。


【脳卒中予防十か条】
1.手始めに高血圧から治しましょう
2.糖尿病放っておいたら悔い残る
3.不整脈見つかり次第すぐ受診
4.予防にはタバコを止める意志を持つ
5.アルコール控えめは薬過ぎれば毒
6.高すぎるコレステロールも見逃すな
7.お食事の塩分・脂肪控えめに
8.体力に合った運動続けよう
9.万病の引き金になる太りすぎ
10.脳卒中起きたらすぐに病院へ


「調べる」ということ   事務員 新井 章弘

趣味が多い。旅行、音楽、映画、ゴルフにクルマ、男のくせに妻より長いウインドーショッピング・・・まだまだある。とにかくやりたいことが多くて、目下の悩みはその趣味をこなす時間が足りないことだ。

どうしてこんなことになったのか、考えてみると原因は幼いころに遡る。物心ついたとき、家の本棚には昔懐かし「百科事典」があった。植物、動物、宇宙、乗り物など、分厚い10数冊のものだったと記憶している。まだまともに文字も読めない頃から、階段に座って眺めていたらしい。また私の両親はお世辞にも勉強ができるほうではなかった(失礼)ためかあまり教えてくれず、とにかく「自分で調べなさい」が口癖だった。今思うとこれは親の作戦だったのか、騙された(笑)息子はとにかく何でも調べた。今と違いインターネットなど無い時代、辞書を引き、図書館に通ったものだ。これが癖というか習慣になり、いろいろなことに興味を持ち、とにかくやってみることを覚えた。小中学生のときはジャンルを問わずとにかく本を読み漁り、高校生になるとテレビでやっていた「アメリカ横断ウルトラクイズ」や「高校生クイズ」など参加型クイズ番組にはまり、本気で出演を考え雑学に手を出した。社会人になり金融機関に就職すると、お客様とコミュニケーションをとるため「浅く広く学べ」と言われた。こうしてありとあらゆることに興味を持ち、調べ、試すことを覚えた結果、多趣味となったのだ。しかし趣味に関してはいささか困るこの癖ならぬ習慣だが、こと仕事となると多少は役に立っているようである。調べることが苦ではないため、辞書はインターネットに置き換わったがあいかわらずちょっとしたことでも検索をかけ新たな知識を得る。もちろん鵜呑みにするつもりはないが。多分これからも「物は試し」などと言いながら趣味を増やし続けるだろう。妻の呆れる(諦める)ため息が聞こえそうだ。

「ああ、時間を下さい」



自己紹介   看護師 長沼 真由

私が上武呼吸器科内科病院に入職し2月で半年となります。今回上武新聞の記事に乗せて戴けるということで、自己紹介を少しさせて頂きます。

以前は埼玉県の行田市の病院で働いていました。行田市は歴史のある土地らしく、映画の「のぼうの城」の舞台になった場所であり、古墳など多くありました。約5年住んでいましたが、なかなか行く機会がなく一度も行くことはありませんでした。今思えば行田市の観光をしてみればよかったと思います。機会があればぜひ行ってほしいと思います。

行田の病院では主に整形外科で勤務していました。下は幼児から上は100歳を超える患者がおり年齢層の幅が広かったです。整形外科での勤務では驚くことが多かったと今は思います。例えば、自転車から転落し大腿骨頸部骨折となりOPEをし、リハビリを行って自宅に退院した90歳後半の男性患者さんがいました。自転車で転んで骨折したため、入院中に自転車は乗らない方がいいねと患者さんと良く話していました。その元患者さんは私のアパートの近くに住んでおり、近所を歩いていると颯爽と自転車をこいでいる所を発見したときは驚き、「あぁまた再入院する日も近いな」と思いました。けれど再入院することはなく、再び近所のツタヤで元患者さんが女性誌を元気に立ち読みしている所に遭遇した時はさらに驚きました。整形外科の患者さんは元気な方が多く日々驚き、そのたびにいろいろな学びがありました。

内科と呼吸器を勉強したいと思いこの病院に転職しました。内科病棟にも約半年以前の病院で働いていましたが、呼吸器の管理や、ALSの患者さんなどの看護はまだまだ勉強が必要であり日々働きながら学んでいきたいと思います。まだ慣れないこともありますがこれからも宜しくお願い申し上げます。



肝臓専門医の今後   医師 中島 弘明

私が医師になってから早くも20年以上が経つが、この時代の日本の肝臓専門医はC型肝炎との闘いの歴史であったと言っても過言ではない。日本の肝臓疾患の中では圧倒的に患者数が多く、しかも死に至る怖い疾患である。血液を介したC型肝炎ウイルスの感染により肝炎から肝硬変となり肝癌や肝不全、食道静脈瘤の破裂などで多くの患者が亡くなっていくのを経験した。インターフェロンという治せる薬が日本で認可されたのがちょうど私が医師になった年であった。しかし副作用が多い上、効果が少なく、大変苦労したものであった。その後インターフェロンの工夫や併用薬により治癒率は向上したが、何よりも画期的であったのが近年のDAA(直接作用型抗ウイルス薬)製剤の登場であった。インターフェロンのようなつらい副作用がなく内服薬のため、入院も必要なく100%に近い治癒率で患者を治すことが可能になった。今までの闘いから考えると夢のような時代になったと言える。

では肝臓専門医の残った仕事は何か?。B型肝炎はコントロールは可能になりつつあるがまだ治せるところまでは到達していない。A、E型肝炎のような急性の肝炎は今後も続くであろう。その他、自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎のような体質的な疾患、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、うっ血肝などがある。特に今トピックスになっているのが非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)である。脂肪肝の中でも肝硬変、肝癌へと進展していく怖い病気である。しかし所詮は脂肪肝なのでやせれば治る(初期のうちなら)のだが、なかなかやせてくれないのが現状である。今のところ特効薬はない。患者さんに「世の中治したくても治せない病気が多い中、あなたの病気は自分の努力で治せるのだから頑張りましょう」と説得するのだが、大抵この言葉も無効である。この病気との新たな闘いが肝臓専門医の大きな仕事となりつつある。まだまだ闘いは続くのである。



秋のたのしみ   管理栄養士 飯塚 祐子

暑さも和らぎ、過ごしやすい季節になってきました。

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる(秋が来ているのを目にはっきり見ることができないけれども、風の音で秋の訪れを感じた)と和歌にありますが、風の音を聞き分けられるなんて、昔の人の感性にこそ驚かされます。季節の変化を皆さんは何で感じますか?気温だったり、景色だったり、いろいろな所で小さい秋を見つけられると思いますが、食べ物で季節を感じる方も多いのではないでしょうか。

実りの秋と言われるくらい秋は食材の収穫期です。栗、さつま芋、里芋、きのこ、新米、枇杷、柿など・・魚は秋刀魚が旬ですね。今は、流通や保存技術の向上で一年中手に入る食材も増えてきました。それでもやはり、旬のものと時期の外れたものとでは、美味しさも栄養価も格段に違います。ビタミン豊富なほうれん草も夏に収穫されるものは冬の半分以下のビタミンしか含みませんし、苦味も強くなります。やはりほうれん草は冬が旬の野菜なのです。

旬の食べ物は栄養価が高く、美味しく、経済的。良いこと尽くしですね。ただ、冬眠しない私たち、エネルギーは蓄えずに使いましょう。食欲の秋に偏らず、スポーツや行楽も楽しんでいきたいですね。



薬の使用期限について   薬剤師 竹内 範子

暦の上では秋となりましたが、厳しい暑さが続いています。体調を崩されてはいませんか?

ところで皆さんは薬にも食品と同様に使用期限があるということを御存じですか?

自分が病院からもらった薬には記載がなかったという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、きちんと存在します。記載がないからといってずっと使えるわけではないのです。

今回はそんな薬の期限について説明させて頂こうと思います。

まず、薬の使用期限とは主にメーカーが保証した期間であり、一般的には6か月~3年が有効期間とされています。但し、この期限はあくまでも、未開封且つ一定範囲の温度で保管した場合での話です。食品の賞味期限となんだか似ていますね。補足ですが、病院からもらう薬に関しては一般的に、調剤年月日から投与日数分までが薬の有効期限と考えられています。

開封後は品質や性状の変化が早まります。保管方法により差はあるものの、薬は必ず劣化していきます。期限が切れた薬は時には劣化が進み、体に有害な物質に変質してしまうこともあるのです。本来、治療目的で薬を使用するのにこれでは本末転倒ですね。

言うまでもなく、使用期限が数日切れただけで有害な物質に変質することは極稀です。しかし、保管状態による為、具体的にこの期間内ならば問題はないと断言することも出来ません。その為、期限切れ後、未開封だから大丈夫、勿体無いから飲むということは危険ですので止めて下さい。安全に使用する為にも期限を守るようにして下さい。

以上のように薬にも使用期限があることを心に留め、安全に、効果的に使用しましょう。



若い人でも保険で「禁煙治療」ができます!   医師 富岡 眞一

厚生労働省は今年の4月より診療報酬を改定し、若い人の禁煙診療に保険の適用を認めました。それまでの禁煙の保険診療には、ニコチン依存症の基準とともに「1日の平均喫煙本数に喫煙年数をかけた喫煙指数が200以上」という基準がありました。この基準だと、たとえば20歳から吸い始めて1日20本吸っている27歳の方が、結婚を機にタバコを止めたいと思っても20本×7年=140で基準を満たさず、保険を使って禁煙診療を受けることができませんでした。外来ではこのような事例が時々あり困っていました。

若いうちに禁煙できれば、タバコによる肺がんや肺気腫、心血管障害などの健康被害は最小限にできることは証明されているので、古い基準は禁煙診療の足かせでした。禁煙学会もかねてから改定を要望していました。

これからは、35歳以上の場合は今までと同じに喫煙指数が200以上の基準が適応されますが、34歳以下であれば、ニコチン依存症の基準を満たせば、喫煙指数に関係なく禁煙に保険が使えます。たとえ喫煙本数が10本でも喫煙年数が1年でも大丈夫です。タバコは万病の元です。これを機に若い人の禁煙が進むことを期待しています。



やさしい行動   診療放射線技師 野村 哲郎

3歳になる息子と買い物をしていた時のことです。1人で不安そうにしている子に「迷子かい?」と声をかけると、大きな声を上げて泣きながら私の方へ来てくれました。その後、無事に母親の元に届けることが出来ました。息子が生まれる前の私は、こういった行動が自然にできませんでした。息子がいることで少しですがやさしい行動ができたのではないかと思います。

数日後、1人でいる子に息子は、何かしてあげたく声をかけようとしていました。やさしい行動が息子に伝わったと思うとうれしいです。言葉でいろいろと言うだけでなく、行動することにより教えるという大切さを実感しました。息子のこれからの成長が楽しみです。

そして私自身も親として息子と共にもっと成長していかなくてはと思いました。



貴方の住む町はどうですか?   医療相談員 前島 尚

昔は良かった的な話はうんざりだが、こと近所つき合いに関しては別だ。作りすぎたオカズをお裾分けするなんて当たり前で、雨が降ってきたら隣のおばさんが洗濯物を取り込んでくれたりもした。子供がイタズラをすれば、よその子でも自分の子と同じように叱ってくれた。そういう大人がいた当時を思えば感謝しきれないのだが、今はよその子を叱ったりすればその親に通報されるかもしれないらしい。信じられないのが、道に迷って困った人に道を聞かれたら「知りません」と答えて立ち去るよう小学校で教えているとのこと。不審者問題に起因するのでしょうが何とも世知辛い世の中になったものだ。

以前、ある地域で一人暮らしをしていたミヨさん(仮名)という認知症のお婆さんを私どもの老健で預かった。誰かがそばにいれば生活できるのだが独居では些か不安で、東京に住む長男が緊急避難目的で老健に申し込んだのだ。さてどうしよう、どこか認知症対応グループホームにでも入所してもらおうかな…なんて思っていたら、ミヨさんの近所に住んでいるというお婆さん達が五人くらいでドカドカと施設へ面会にきた。

仰るに「ミヨちゃんとは昔から一緒に住んでいる友達なんで、ご飯の準備も買い物も私たちが手伝える。だから施設に入れるのじゃなく息子にお願いして家に帰しておくれ。私たちが一緒にいる。」と。そこからはトントン拍子で、東京の長男も子供のころから家族同然に付き合ってきた近所の人達で面識があり、皆さんが面倒みるのを負担じゃなければ…ってことで居宅復帰を了承。デイケアなどの居宅介護サービスを組み込んだりもしたが本当に家に帰ることができてしまった。

デイケアなどのフォーマルサービスに対し、このお婆さん達の手助けはインフォーマルサービスという。公的機関や専門職による制度に基づくサービスではなく、家族、友人、ボランティアなどの支援だ。これがちょこっと組み込まれた居宅介護計画(ケアプラン)は言い方は変かもしれないが「艶」が出るのだ。昔だったらインフォーマルなサービスは入れまくり放題だったろうが、今はこんな時代で難しい。だけどミヨさんが住む町では素晴らしいインフォーマルサービスが組み込めた。前橋も捨てたもんじゃない。



【下痢】についてのお話し   医師 茂木 健太

“下痢”とはどのようなものを言うのでしょうか?

下痢の定義を調べてみると、「24時間以内に3~4回以上認められる、軟便または液状便」「1日の糞便中の水分量が200ml以上になったもの」「便中の水分が80~90%になったもの」等さまざまです。一般的には、“水様もしくは泥状の状態の便”を下痢と呼んでおり、1日の回数や便中の水分量などの具体的な数値まで考えることはありません。このような“下痢”は、日常どこにでも見られる病態であり、ほとんどの場合は危険なものではありません。しかしなかには大変危険な“下痢”もあり、すみやかな対応を怠れば、生命の危険をもたらすこともあります。

【 下痢の病態生理 】

通常成人の場合、一日に分泌される体液量は7L以上といわれています。唾液:1L、胃液:2L、膵液:2L、胆汁:1L、その他の腸液:1Lです。さらに経口摂取される水分が約2Lあるので、合計すると、小腸・大腸に負荷される水分量は1日9Lほどにもなります。これらの水分のうち、小腸では75%が吸収され、残りの水分の90%が大腸で吸収されて通常の便が形成されます。したがって、この小腸・大腸における水分吸収作用が何らかの原因により障害されると、便は水様となり、下痢が発症することになるのです。

【 下痢の分類 】

下痢は、発症のしかたや持続期間などから急性の下痢と慢性の下痢に分類されます。急性の下痢は、急激に発症し、1日に4~5回以上の排便となり腹痛を伴うことが多いです。下痢の持続期間は1~2週間程度です。慢性の下痢は、発症が急激ではなく、便は水様から軟便程度で排便回数はさまざまです。3~4週間持続することが多いです。

また下痢を発生機序から分類すると、以下のようになります。

●浸透圧性下痢

原因としては、酸化マグネシウムなどの下剤やソルビトール・ラクツロースなどの過剰摂取があげられます。牛乳製品の摂取で下痢を起こす乳糖不耐症なども同一の機序です。浸透圧性下痢は絶食により改善します。

●分泌性下痢

原因としては、コレラ菌や病原性大腸菌による毒素(エンテロトキシン)、回腸切除等による胆汁酸の吸収障害、Zollinger-Ellison症候群等による内分泌系(ホルモン)の異常、ひまし油等の下剤の過料摂取があげられます。分泌性下痢は絶食では改善せず、1日に1L以上の多量の水分を排泄することがあるので注意が必要です。

●腸管粘膜障害による下痢

原因としては、潰瘍性大腸炎・クローン病・放射線腸炎などの慢性腸炎、サルモネラ・キャンピロバクター等による感染性腸炎、抗癌剤等の薬剤があげられます。

●腸管運動異常による下痢

何らかの原因で腸管運動が異常に亢進すれば、水分吸収が不十分となり下痢が発生します。胃切除後(ダンピング症候群)の下痢はこれにあたります。またこれとは逆に、腸管運動が低下したために下痢になることもあります。



むくみ予防で健康な身体を   理学療法士 渋澤 雅貴

みなさんこんにちは。今年は例年に比べて暖冬である、なんて話もありますが、それでも、日本列島を覆う寒波の影響で厳しい冷え込みが続く今日この頃。これだけ冷え込むと暖房をつけても部屋が暖まるだけで、手足の冷え込みやむくみはなかなか改善されませんよね。そこで今回は、「むくみ」について少しお話をさせていただきます。

むくみとは、医学的には「浮腫(ふしゅ)」といって、余分な水分が溜まった状態のことです。人の身体では、心臓から送り出された血液が動脈を通って全身へと運ばれます。その血液中の血漿成分が細胞間液となって、細胞に栄養や酸素を運ぶのです。そして、細胞に栄養や酸素を運び終えた細胞間液は、細胞でいらなくなった老廃物や二酸化炭素を回収して、再び血漿成分となって静脈を通り心臓に戻るほか、一部がリンパ管に流れ込み、最終的には静脈と合流します。ここで、血流が悪くなったりスムーズに流れなくなったりすると、心臓から遠い足先や指先などの末梢にまで血液が行き渡らなくなります。ここで問題なのは、血液が行き渡らないということは、老廃物や不要な水分も回収できないという点です。通常、血液は栄養分や酸素を全身に届けた後に、老廃物や不要なものを回収して戻るのですが、血流が悪くなるとそのどちらもできなくなり、老廃物や水分が細胞の間に溜まってしまうため、むくみが起こるのです。また、足は心臓から遠く、さらに心臓よりも下にあるため、重力の影響を受けることで循環が悪く、特にむくみやすいと言われています。

そこで、足の静脈やリンパ管の流れを助けているのが「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎです。ふくらはぎの筋肉が、心臓と同様に、ポンプのような働きをすることで、静脈やリンパ管の流れをスムーズにしています。ところが、運動不足によってふくらはぎの筋力が落ちると、ポンプ機能が上手く働かなくなるので、むくみやすくなってしまいます。また、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢でいると、ふくらはぎのポンプ機能が休止状態になるため、むくみにつながるのです。むくみ予防として、以下の運動をおすすめします。

①1時間に1回は席を立って歩くようにする。

②椅子に座ったまま、踵の上げ下ろしをして、ふくらはぎの筋肉を使う。

③椅子に座ったまま膝をのばし、足首の曲げ伸ばしをする。

むくみを予防するとともに、ふくらはぎの筋力をつけて、スレンダーな美脚を維持できるようにしていきましょう!



禁煙外来   看護師 星野 明美

当院では禁煙外来を行っています。私は1年前に禁煙支援士の講習を受け初級の禁煙支援士になりました。

日本での喫煙者は、「平成26年全国たばこ喫煙者調査」によると、成人男性の平均喫煙率は30.3%でした。これは、昭和40年以降のピーク時(昭和41年)の83.7%と比較すると、48年間で約50%減少しています。しかし、まだ30%の喫煙者がいます。たばこは吸わなくても他人の喫煙で吐かれた煙を吸い込むことで受動喫煙となります。喫煙後の喫煙者からも、30~45分間は呼気から吐き出されている事が近年では分かってきました。また、大気汚染で認知度が高まったPM2.5は、微小粒子状物質の大きさのことで、タバコの粒子はこれに相当します。スギ花粉が30μmなので、非常に小さな粒子であるということがわかります。そのため肺の奥深くまで入り込みやすいのです。1日20本のたばこを吸う男性の場合、吸わない男性に比べ、肺がんで4.5倍死亡しやすいことがこれまでの研究で分かっていますが、禁煙をすれば5年でその危険度が半分、10年たつと、吸わない人と同程度にまで危険度を大きく下げられます。そこで最もよい肺がんの予防法は禁煙になります。喫煙をしていて健康にお悩みの方、健康な生活を送るために、まずは禁煙を考えてみませんか。応援します。



吐く息で喘息かどうかがわかる!?   医師 山田 秀典

当院では昨年9月に「ナイオックス・マイノ」という検査機器を導入しました。これは呼気一酸化窒素(NO)濃度測定を行うものです。実は呼気中のNO濃度測定を行うことで気管支喘息の可能性が高いかどうかが判定できます。気道に喘息のアレルギー性炎症が起きると気道上皮で誘導型一酸化窒素合成酵素というNOを作る酵素が増えることがわかっています。そこで呼気中のNO濃度を測定すれば、結果的に気道で起きている喘息のアレルギー性炎症の程度が評価できるということになります。

今まで気道のアレルギー性炎症の程度を判断するために喀痰中に白血球の一種「好酸球」が含まれているかを調べていました。しかし痰が外来にてすぐに出る患者さんは少なく喘息を疑うすべての患者さんに有用な検査ではありませんでしたが、この検査で代用が可能となりました。また喫煙などが原因で肺機能が低下し気管支喘息と臨床症状が類似する慢性閉塞性肺疾患(COPD)では呼気NO値は上昇しないため、その疾患との鑑別やCOPDに気管支喘息が合併している可能性の判断も行い易くなりました。さらに気管支喘息は安定期より喘息発作時にNO値が高くなるため、現在の喘息のコントロール状態の評価や治療を強めたり弱めたりする目安としても有用な検査です。気管支喘息の診断は最終的には医師が問診・診察・検査結果を総合して行いますが、この検査が可能になったことにより診断がより速く正確になりました。

ナイオックス・マイノは2リットル入りのペットボトルぐらいの大きさで、患者さんが両手で持ち、背面にセットしたマウスピースをくわえ、一定の速さで6秒以上息を吹き込むだけで検査が終わります。検査時間は数分です。咳が止まらず気管支喘息が心配な方や気管支喘息で治療を受けているが現在のコントロール状況を客観的な数字で見てみたい方は、是非一度この検査を受けていただくことをお勧めします。



私の今一番の楽しみ   事務員 望月 弘子

私が業務課に異動して早や9ヶ月が過ぎ、毎日奮闘している日々です。さてコラムの依頼があり、私が今一番楽しみな家庭菜園についてお話ししたいと思います。庭先に野菜があると直ぐに採りに行け、採りたての野菜のみずみずしさと甘さは何とも言えない旨さです。毎日新鮮な野菜が食べられるということは最高の贅沢だと実感しています。

今年も庭先にキュウリ、ナス、トマトなど5種類の野菜を植えました。毎日見ていると少しずつ成長しているのがわかり、花が咲くともうワクワクしてきます。実がつき待ちきれず、少し早いと思いましたが、収穫して夕ご飯でいただきました・・・美味しいこと美味しいこと!新鮮さはこれ程違うものか?と思い大感激です。

今年は畑でじゃがいもを初めて植えてみました。5月は雨が少なく水不足で、汗びっしょりになって水をやりました。7月の収穫では、楽しみにしていた孫と一緒に芋ほりをしましたが、初体験の孫は大興奮でした。出てくるじゃがいもに感動し、ワイワイ、ガヤガヤと賑やかなひと時でした。採れたてをじゃがバタやコロッケにして食べたのですが、新じゃがの味は格別美味しくて孫の喜ぶ顔も見られて、家庭菜園をやって本当に良かったと感じられた瞬間でした。

採りたての新鮮な野菜は、食べる人を幸せな気持ちにさせてくれるような気がします。是非、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょう・・・



2015年 夏の思い出   介護福祉士 吉田 雄哉

我が家の5人家族夏物語です。

今年の子供達の夏休みは、一番上の子が中学生になり部活が始まり、去年までの夏休みとは違う始まりでした。

去年までは、私の仕事が休みのときは公園やプールに行ったりしていましたが、上の子の部活にあわせたスケジュールになり、下の子達はレンタルDVDを観たり宿題をしたりで家の中で過ごすことが多くなっていました。そんな中一番下の息子が夏休み前から言っていた仮面ライダーの映画を観にいくことになりました。映画館に行くと決まってから毎日ハイテンション!いざ映画館に行くとさらにハイテンション!うれしそうな姿をみられてホッとしました。そして大満足でした♪

上の女の子二人は妻と買い物に行き、息子と二人で観に行きました。終わった後もたくさん話をして大満足でした♪

以前までは家族5人で行っていた映画館!今では上の女の子2人は友達と観に行くことが多くなり、観るジャンルも違ってきましたがまた5人で映画館に行ける日を作りたいと思います。

映画って家族の会話を作ったり、友達と楽しんだり笑顔にするすばらしいものなのだなと、改めて思いました。

お盆に千葉の実家に帰り毎年恒例の夏休みになりましたが、子供達が大きくなるにつれて夏休みのスケジュールがどんどん変わっていくのだろうなと少しさびしいような、子供達の成長がうれしいような、そんな忘れられない夏休みの一ページになりました。

この先子供達が大きくなるにつれてどんな我が家の夏物語が、そして映画のようなワンシーンが心に刻まれていくのか楽しみです。

映画ってサイコ~~ 映画って素晴らしいですね♪ それでは さよなら さよなら さよなら



“認知症かな?”と思ったら   医師 桑原 武夫

①いつも日にちを忘れている

②少し前のことをしばしば忘れる

③いつも同じ話をする、と言われる

④特定の単語や言葉がでてこないことがしばしばある

⑤会話を理解することがかなり難しくなったと感じる

⑥料理や仕事の段取りが極端に悪くなった

⑦何をするにもおっくうに感じたり、イライラしたりする

⑧夜、部屋の中で家族以外の気配がしたり、姿が見えたりする

⑨性格が極端に変わった、協調性がなくなった、と言われる


年を取れば誰でも物忘れがでます。加齢による“物忘れ”と病的な“物忘れ”の大きな違いについて述べます。加齢による物忘れではエピソードの一部(食事の内容など)を忘れてしまいますがヒントで思い出すことができます。アルツハイマー病などの病的な物忘れは体験全体が欠落してしまい、ヒントを与えられても思い出せないことが起こります。例えば、食事の内容のみでなく、食べたこと自体を忘れてしまうのです。

認知症かなっと思ったら、このリストをチェックしてみて下さい。①~⑥はアルツハイマー病で見られる症状です。特に、記憶力や言語機能が低下している場合に良く起きます。⑥、⑦は脳梗塞や脳出血などで起きる脳血管障害性認知症の代表的な症状で、意欲や自発性の低下が見られます。⑧はレビー小体型認知症に多くみられ、幻覚や妄想が特徴的です。⑨は前頭側頭型認知症(ピック病)でみられ、場にふさわしい行動ができなくなったり、気分のむらが強くなったりします。社会ルールを守れなくなる例もあります。認知機能を低下させる病気は他にもあります。

先に示したチェックリストで大丈夫でも、不安や違和感がある場合は、神経内科を受診しましょう。



臨床検査技師として   臨床検査技師 小川 早紀

第61回臨床検査技師国家試験を受け、合格することができました。合格発表が3月30日で入職日は4月1日と中1日しかなかったので、検査技師だ!という実感がほとんどない状態で入職日を迎えることになりました。入職したばかりのときは毎日覚えることがたくさんあり余裕がありませんでしたが、1か月半が過ぎ、少し仕事も覚え、患者さんと話す機会も増え、ようやく実感が湧いてきました。検査技師として働きだしてから、病院を受診した両親や友人から検査結果の写真が送られてきて「これどういうこと?見ても全然わからない」と質問されることが多くなりました。

座学では得意だと思っていた生理機能検査はとても奥が深く、肺機能検査の誘導はとても難しいと感じました。患者さんが検査を行いやすいようにコミュニケーションをとりながら、スムーズに検査を進めていけるように頑張りたいと思います。



働いていて感じたこと   事務員 藤本 美紅

私は学生の時から研修として、4月からは新入職として働かせていただいています。新社会人として学生の時に勉強してきたことを生かそうと思っていましたが、慣れないことだらけで戸惑うことがたくさんありました。その時に医事課の先輩方や看護師さんに声をかけていただき、嬉しかったことを鮮明に覚えています。また、朝など廊下で挨拶することで、たくさんの方と接することができました。働き始めのころは挨拶をすることで、職員だということを認知してもらおうと努力しました。入職して少し経った今では、挨拶することが私の良い習慣になりました。

先日、専門学校の先生にお会いした時に「働いている病院の雰囲気と藤本さんの雰囲気がとても合っている。」と言われ、とても嬉しかったです。これからは来院する方にもそう思っていただけるよう頑張っていきたいと思います。



腸内細菌と内科疾患   医師 中島 弘明

昨今、腸内細菌、善玉・悪玉菌、乳酸菌・ビフィズス菌などの言葉を見聞きすることが多い。「生きたまま腸までお届け」「腸内環境を整える」「善玉菌でおなかすっきり」などの文言があふれている。実は今巷でブームであるだけでなく、医学界でもトピックスになっている。善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)が果たしてどんな作用を持ち、体に良いのであろうか?。皆様のイメージは、「便秘に良い」「何となく健康になれる」「ひょっとしたら長生きできる」といったところでしょうか?。

ヒトの消化管には約1,000種、100兆個の細菌が存在すると言われている。ヒトの細胞数は60-70兆個程度と言われており、まずその数の多さに驚く。さらに腸内細菌の重量は成人1人約1.5kgで、便の半分が細菌とその死骸からなるというから驚きである。

腸内細菌は食物繊維を嫌気的に発酵して短鎖脂肪酸(酢酸・プロピオン酸・酪酸など)の産生をもたらす。短鎖脂肪酸は、上皮細胞の増殖や粘液分泌機能、水やミネラルの吸収のためのエネルギーとして利用される。ビタミンKも腸内細菌によって供給される。腸内細菌の役割には、難消化性の食物繊維の分解、腸管免疫の獲得、栄養獲得、エネルギー獲得、無数の宿主代謝経路への影響、エネルギー消費への関与などがある。ちなみに体内および体表に微生物(ウイルスや寄生虫を含む)が存在しない無菌動物は通常の動物より太りづらく、長生きをすると言われている。

今医学界で話題なのは、腸内細菌のさまざまな疾患との関わりがわかってきたことによる。肥満、糖尿病、腸管ホルモン、炎症性腸疾患、過敏性腸疾患、NASH/NAFLD(脂肪肝関連)、動脈硬化症、気管支喘息を代表としたアレルギー疾患、関節リウマチ、神経疾患(多発性硬化症、ギランバレー症候群、パーキンソン病など)、精神疾患(自閉症、うつ病など)など幅広い。

治療としては、腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)の改善を目的とする、プロバイオティクス(乳酸菌やビフィズス菌など)、抗生物質、Fecal microbiota transplantation(FMT,糞便微生物移植)などがある。FMTとは、あえて簡単に言わせてもらうとウ○コの移植である。大抵は家族や友人の便を貰うそうだが、健康な便であれば誰のものでもいいとの事だ。方法は喉からチューブを入れて移植、大腸内視鏡を使用して移植など。それが手術や薬に頼ることなく様々な病気に効果があると、医学界では静かな波紋を呼んでいる。潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、クロストリジウム・ディフィシル感染症、便秘、自己免疫障害、肥満、メタボリック症候群…などなど。それらの病状で併発した精神病などを含め、今までに他人の“健康な便”の移植だけで回復してしまったケースは数多い。日本でも普及するか?。皆さんは病気回復のため、やせるためならやる?、それともやはり抵抗がある?。

以上、腸内細菌の話でした。



気持ちを新たに   看護師 新井 麻衣子

私にとって2014年は様々な転機の連続でした。まず1つ目の転機は結婚をしたことです。ずっと実家で暮らしていた私にとって全て生活が一変し、仕事と家庭の両立がうまくできずドタバタな1年でした。今年はもっと効率よく家庭と仕事の両立ができるよう頑張りたいです。まずはお昼のお弁当作り復活が目標です。

2つ目は主任という責任ある職務を任されたこと。まだまだ未熟な部分もあり周りの方達に支えられた1年でした。今年は支えられるばかりでなく少しでも患者さんや3階スタッフの皆さんの役に立てるように頑張っていきたいと思います。

スキルアップのためにと入学した大学も最後の年となり、卒業論文の作成に追われた1年でした。ですがこの大学での4年間はまた新たに医療や看護の復習や新たな学問、心理学、倫理学なども学ぶことができました。通信制だったのですが、実際の対面授業もあり多くの方達との出会いも良い刺激となりました。同じ医療従事者の方もたくさんいましたが中には定年退職を迎えた方、普通のサラリーマンの方、劇団を率いている方もいました。その方達と話をしていると自分の知らない世界も知れとても新鮮でした。

多くの事柄を前に辛いこともたくさんあった1年でしたが、その反面多くの学びや喜びもありました。新しい年度を迎え、気持ちも新たにまた新たなことに挑戦したいと考えています。



主夫   事務員 和田 壮平

料理も洗濯もしたことがなかった。

元々職人家族だったこともあり、昔から家の中では「男は家事をするものじゃない。」という空気が流れていた。気がしていた。

しかし、今の時代「主夫」なんて言葉が普通に使われるようになり、寧ろ家事をしない男性の方が少ないのではないかと思える。そして私も壮年期にして、ようやく家事をする決心をした。

・・・大変だった。

洗濯機の動かし方が当然分からない。洗剤・柔軟剤はどこにどのくらい入れていいのか。洗濯ネットって何の意味があるのか。

料理については、味付けが分からない。レシピ通りに調味料を入れたが、途中で味見してみても完成するまで旨いのか不味いのか分からない。何かが足りないが、何が足りないのか分からず味の調整ができない。「○○少々」の「少々」ってどのくらい?何を基準にどう考えれば「少々」の量が導き出せるのか。「適量」が適量と判断できるのは完成し、旨かった時ではないだろうか。

改めて思った、家事は大変だ。今まで、当たり前に揃っていたことの有難さを妻と母親に日々感謝する。



「大腸がん」Q & A   医師 茂木 健太

Q1「どのような人が大腸がんになりやすいですか。また、影響を及ぼす原因としてはどういうものがありますか。」


大腸がんは、50歳を過ぎると増加します。50歳を過ぎた人は特に症状がなくても検診を受けるようにしましょう。

大腸がんに影響を及ぼす原因としては、遺伝子と食事(食生活)があげられます。一部の大腸がんは遺伝することがわかっていますが、大部分の大腸がんは遺伝子の影響と食事などの環境の影響が複雑に絡み合って発症すると考えられています。食事などの環境の影響としては、動物性脂肪の摂りすぎや野菜の摂取不足、またタバコの影響などが指摘されています。適度の運動も大腸がんの予防になると言われています。現時点で大腸がんの確実な原因は判明していませんので、バランスのとれた食事・適度な運動を心がけ、健康的な生活を送ることが大腸がんの予防につながるといえます。


Q2「大腸がんの症状はどのようなものですか。また、自分でわかる症状はありますか。」


早期の大腸がんの場合にはほとんど症状がないと考えたほうがよいでしょう。ですから、早期の大腸がんの発見には症状が出現しない状態で検査を受けなければなりません。ただ注意が必要なのは、大腸がん検診で行われている便潜血反応検査では早期がんの発見率はそれほど高くありませんので、早期の大腸がんを発見するには、大腸内視鏡検査を受ける必要があります。

進行した大腸がんになると、排便時の出血(下血)や便が細くなる等の症状が認められます。さらにがんが進行すると、腸が詰まってしまい(腸閉塞)腹痛が出現します。このような症状が認められた方は、すぐに近くの医療機関を受診しましょう。


Q3「検診はどれくらいの間隔で、どのような検査を受ければよいですか。」


大腸がん検診や人間ドック(便潜血反応検査)は毎年受けたほうがよいでしょう。ただ、注腸造影検査や大腸内視鏡検査は2年に一度程度でもよいという意見もあります。



最近考えていること   薬剤師 阿久澤 和彦

当院に入職して早3年半という月日が経ち、今年で30歳となった。最近ふと過去の事を思い出すことがある。親しかった大学の頃、高校の頃の友人は何をしているのかと。今は何をするにもネットが必要でネットがあれば大体のことは検索することができる。大学卒業以降なかなか連絡をとることができない友人ともface book、twitter等で今どこでどんな生活を送っているかも知ることができる。学生時代遊び呆けていたが今は所帯を持ちマイホーム生活を送っている者、学生時代と変わらずのらりくらりと生活する者、音信不通になってしまった者・・・。人生人それぞれであるが、親しかった友人が日々の生活のため頑張っている姿をみると自分も頑張らないとと最近よく思う。この上武新聞もyahooやgoogle検索で閲覧することができるので下手なことは書けない。話は戻るが、20歳になった頃、想像していた10年後と今を比較すると10年前には想像もできなかったことがたくさんあり、それを経て現在の生活に至っている。この10年で想定外の出来事が多いのならば、今からさらに10年、20年後はどうなっているのか見当もつかない。ことわざで「千里の道も一歩から」というものがある。どんなに大きな事業でも、まず手近なところから着実に努力を重ねていけば成功するという教えである。10年後、20年後のビジョンを明確にし生活を送ろうとすると1歩目を踏み出す勇気がなくなるタイプなので個人的には、あまり先のことは考えず今できること、今日できることの積み重ねが数年後の結果になると勝手に解釈している。これから10年、20年後、今日のように過去を振り返り今日書いた文章をあの頃はまだまだだったと言えるようになっていれば、それはそれでおもしろいと考えている今日この頃である。



肝機能障害   医師 中島弘明

肝臓専門医の私にとって、肝機能障害として紹介・相談されることが多い。総ビリルビン、AST(GOT) 、ALT(GPT)、ALP、γ-GTの高値として発見される場合がほとんどだ。腹痛・黄疸・倦怠感(だるさ)・食思不振など症状がある場合もあるが、ほとんどの場合無症状である。問題なのはその数値の高さよりもその原因である。急性のもの慢性のもの、無治療でかまわないものから命にかかわるものまで多種多様である。その原因を鑑別し、原因に応じた適切な治療をすることが大切であり、肝臓専門医の腕の見せ所である。

世間的に肝障害で一番有名なのはアルコール性肝障害かもしれないが、日本においてはそれほど頻度が多いものではない。

ウイルス性肝炎の場合、日本でもっとも多く最大の課題であったC型肝炎は治療が進歩し、以前と違い重い副作用もなく、ほとんどが治せる時代に突入している。B型肝炎は完全治癒できないまでも、画期的な薬の進歩により、肝障害を抑え肝癌・肝硬変に進行させずに人生を全うすることが可能になってきている。

緊急性が高く、比較的頻度が多いものとして、胆石が胆管に詰まることにより生じる肝障害がある。無治療では死に至るためすぐに適切な治療が求められる。

入院患者で多い肝障害としては、薬の副作用によるもの、高カロリー輸液に伴うもの、うっ血肝と言い心不全に関連して生じるもの、などがある。

近頃増加傾向な肝障害としては、(単純性)脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH) などがある。いわゆる生活習慣病であり、NASHはメタボリック症候群の肝の表現型と言われていて関心を集めるようになって久しい。肝臓専門医にとって最大の課題であったB型C型肝炎が治療終焉を迎えつつある現在において、研究課題がこれらの疾患にシフトしつつある。時代の変遷を感じる次第である。

まだまだ挙げればきりがない肝障害であるが、比較的身近な肝障害について簡単に述べさせていただいた。肝臓の世界は進歩の変化が著しく早く、専門医といえども勉強していないと変化についていけなくなる。皆様の期待に答えられるよう日々勉強に努めていきたい。



小さなつながり   診療放射線技師 野村 哲郎

私も社会人になり10数年が経ち、大人という年齢になりました。地域の活動を通し、微力ながら社会に役に立つことに参加しています。

私の住むところには青壮年会というものがあります。字の通りなのですが、青年と壮年の集まりです。「相互の融和を図り教育を高め、地域社会の発展に貢献すること」という会則があります。活動内容は、年数回の神社周辺と川の土手の草刈り、他の会と合同での夏祭りや道祖神祭などがあります。

長年この会に所属していた父が辞め、代わりに私が入り、皆さんと活動させて頂いております。特に神社の草刈りを行っている時にふと思うことがあるのです。朝6時から開始する作業は大変なところもあります。ですが、子供のころ鬼ごっこやかくれんぼ、鉄棒やブランコで遊んだこの神社。時にはバチ当たりにもサッカーや野球もしました。当時も今も神社はきれいです。子供の頃は大人が朝から作業をしていることも気にしないで遊んでいました。今の子供も大人が行っていることを何も思う必要はないと思います。私のように大人になって感謝する時がくればいいなと。そして私の息子にもそんな時が来ると少しうれしいなと思いながら、また草刈りをしながら心の中でニコッとしてしまうのです。



セルフトーク   医療相談員 吉田 伸明

普段の生活の中で無意識のうちに心の中で「つぶやく」ことをセルフトークといいます。また、「口癖」や「ボヤキ」も自分自身に言っているならば、セルフトークに相当します。

トップアスリートはこのセルフトークを巧みに操って、つらい練習を乗り越え、試合中のモチベーションを最適な状態に保っています。セルフトークを学び、コントロールの仕方を身につければ、気持ちの切り替えが上手になり、緊張する時、苦手なことに取り組む時でも、前向きに仕事に取り組めるようになります。そのセルフトークの方法をご説明します。

私たちは子どものころ、親や教師から「馬鹿だ」「どうしようもない」とか「感心な子ね」「お利口ね」と言われた言葉をいつしか自分の中に取り込み、セルフトークを習慣化します。セルフトークには、マイナスの「なんてドジなんだろう」「みんなに嫌われている」というものもありますが、自分を勇気づけるにはプラスのセルフトークを使用します。

プラスのセルフトーク例は、私は素晴らしい人間だ/私には無限の可能性がある/私は価値のある人間だ/私の人生は私のもの/ありのままの自分が好き/自分を思いっきりほめてあげたい/もう自分を許してもいい/自分なりにここまできた/必要なものは備わっている/たまには感情的になってもいい/嫌なことはイヤと言っていい/失敗してもいい/弱音をはいてもいいじゃないか/自分にはなすべき仕事がある/段々良くなっている/私にはたくさんの協力者がいる/私には素晴らしい仲間がいる/他人の目なんか気にしない/相談に乗ってくれる人がいる/人と比べなくてもOK/一人でがんばらなくてもいい/大丈夫何とかなる/あの人が好意を持ってくれている/乗り物に乗って気持ちがいい/あー爽快/年齢相応の磨きがかかってきた/冷静に対処できてよかった/こんなこと何度も経験済み/自分は運に恵まれているなどがある。以上の例を読んで自分にあてはまる言葉を書き出しましょう。言い方や言葉づかいなどしっくりこない場合は、いつも自分が使っている言葉に置き換えたり、自分でアレンジして例を作って下さい。次にセルフトークを家族や友人に読んでもらって下さい。このとき読む人は正面からではなく、後ろから読んで下さい。時間は60秒間繰り返し読み続けます。読んでもらったセルフトークの中でいちばん勇気をもらった言葉をつぶやいてみましょう。ただ、元巨人の桑田投手のように公の場でボールに向かってつぶやくのは怪しまれますので、顔を洗う時や運転中の信号待ちの時間などに習慣づけてみて下さい。何時しかモチベーションが上がりポジティブ志向になっていくでしょう。

梅雨のジメジメしたこの時期、特に理由があるわけでもなく、ただなんとなく体調が悪い、何故かやる気が起きずに沈みがちになる人など、是非お試し下さい。



タバコ1本で約10分寿命が縮む!   医師 富岡 眞一

タバコを吸うと肺癌や心筋梗塞などの生活習慣病になりやすく、死亡率が高くなることは周知のことであるが、最近、日本人における喫煙の死亡率と寿命に対する影響の新しいデータが発表された(放射線影響研究所疫学部;坂田 律ら)。それによると、喫煙する人は非喫煙者と比べて男性で8年、女性で10年、余命が短くなるという。この数値は欧米の研究結果と同等であった。これまでの日本人における喫煙の寿命に対する影響の疫学研究では、男性の場合は3.5年、女性では2.2年短縮すると算定されており、欧米の半分以下であった。今回の論文では、それは以前のデータが、喫煙開始年齢が高く喫煙本数が低かった昔の世代を対象にしていたためであろうと考察している。

タバコを吸うと10年自分の人生を失うわけであるが、これを死ぬまでに吸ったタバコの本数で割ると、タバコ1本で約10分余命が短くなる計算になる。怖い数字である。しかし、このリスクは禁煙をできるだけ早く、できれば35歳以前にすれば避けることができ、それ以後の禁煙でも軽減できることが判っている。禁煙頑張ろう!!



バイクとの出会い   准看護師 町田 拓也

私の趣味は、バイクである。私が初めてバイクに興味を持ち始めたのは、中学生の頃に観た映画にでていた名前も知らないバイクでした。後に映画に出ていたバイクが、ハーレーというバイクだと知った。高校を卒業して社会人になってからは、周りの友人や会社の同期にもバイク乗りが多くなってきた。ある日突然、「バイクの免許を取ればいいじゃない?」と、友達に誘われた。友達がバイクに乗っていた事は知っていたし、休日にツーリングに行って観光名所や、美味しい食べ物等、ツーリングに行った話を何度も聞いた。しかし、当時の自分は車が大好きで、バイクの事は自分にとっては関係のない話であり、聞き流していた。でも友達からの誘いはとても驚いたし、何だか大人として認められた様で、上辺だけの付き合いではない親友だと思ってくれている様で嬉しかったのを覚えている。

ある休日、出先では団体で楽しそうに走るハーレーの姿や、駐車場で気の知れたメンバー全員で共通の趣味の話をしている姿をみかける機会が多くなり、とても羨ましく思ったのを覚えている。私は車が大好きでしたが、共通の話題で盛り上がり、語りあえる親友は居なかった。「バイクって良いな!」、「免許取って憧れのハーレーに乗ろう」とバイクに対する気持ちが急激に強くなってきた。本格的にバイクの免許を取得しようと行動したのは28歳の時でした。すぐに教習所に通い始め、初めてバイクと向き合ってみたが引き起こし等、力の無い自分にはとても大変だった。教習所では、中型免許を取得してから続けて大型免許に挑戦し、無事に合格することができた。バイクが納車されてからは、毎週のように夢中になって走り込んだ。一人前になれる様に仕事に行く前にも走り込んだ。恐々と走りだしたあの日の感覚、車の流れに乗れずクラクションを鳴らされたり、後ろから追い越しされたり、向きを変えようとしてバイクを倒してしまったあの日。初めて自分の力で山や海に行った思いの一つ一つがしっかりと頭の中に刻み込まれている。バイクとは不思議なもので、出先で話掛けられたり、ディーラーに行けば老若男女の方たくさんの方から声を掛けられ、自然に多くの仲間ができた。仲間とは多くのイベントやキャンプに参加した。様々な年代の方と仕事や人生経験の話を語り合う事で、自分自身を成長させてくれた気がする。これからも体力が続く限り、大切な仲間と僕は走り続ける。この先どんな新たな出会いが待っているのだろうか。バイクとは本当に不思議なものだ。本当に素晴らしい趣味に出会えたと、僕は誇りに思う。



一人暮らしで思うこと   事務員 田村 遼祐

24歳になり初めての一人暮らしも、4か月が過ぎました。実家にいた頃は、黙っていても食事が出てきて、脱いだ服は翌日きれいに洗濯され部屋に戻ってくる、というのが当り前な日常でした。こんな何もできない息子の一人暮らし。母親は「ちゃんとご飯食べてる?掃除洗濯はできてる?」と、今でも心配しています。

慣れない家事、食事もインスタントや冷凍ばかりで、この先どうなるかと不安でした。しかし最近では、なんだかんだ家事も料理もこなせるようになり、ふと、思うことがありました。毎日食べていた母親の味噌汁。特別おいしいだなんて思ったことありませんでしたが、自分で作る味噌汁では絶対あの味が出せません。やっぱり「おふくろの味」ってあるんですね。

車で片道たったの1時間。たまには実家に帰ってみようと思います。心配性な母親の、おいしい味噌汁を食べに。



国家試験の思い出   臨床検査技師 藤野 歩

臨床検査技師には学科を卒業するだけではなれません。年に1回行われる国家試験に合格し免許申請をすることでやっと検査技師になれます。試験科目は10科目で午前・午後100問ずつあります。

私は国家試験に合格するため、朝から晩まで勉強漬けの日々を過ごしました。午前中は学校で国試対策の授業を受け、夕方まで自習をし、夜は家で勉強という生活スタイルでした。

私は非常に国試に対し危機感があり、限界まで勉強をしようとして、一時期コタツで自然に寝るまで勉強するという事をしていました。漫画でよくある、机に向かったまま気が付いたら朝だったというアレです。そういうことを数日していると頭がキューッとなる感じがしてきたので、このままでは寝不足でダメになると思い、久しぶりに布団で寝ることにしました。いざ布団に入って目をつぶったとたん、頭痛というか、頭がどこかに行くというかもうなんとも言えない感じに襲われ適度な睡眠は脳には絶対に必要だと思い知らされました。

試験は今年の二月に行われ、疲労こんぱいのうちに終わりました。出来たという手ごたえもなく、全然分からなかったという感じでもありませんでした。だからこそ、一体どうなるのかわからないという不安でいっぱいになりました。しかし、努力の結果国家試験に合格することができました。自分の受験番号があったとき本当に今まで頑張ってきて良かったなと感じました。あの感動は今でも忘れられません。

私はまだ入職して3ヶ月なのですが、日々患者さんの為に一生懸命頑張っていきたいと思います。



片頭痛のトリビア   医師 桑原 武夫

片頭痛の原因(外的要因)としてはストレス(44%もっとも有力),アルコール(20%),天候の変化(11%),食物(10%),薬剤と続きます.内的誘因としてはエストロゲン(女性ではもっとも有力),疲労,睡眠不足(31%)/過眠(24%),絶食等々があげられます.

片頭痛を引き起こす食品にはカマンベールチーズなどの熟成チーズや赤ワイン,チョコレート,燻製,カフェイン含有飲料などのチラミン含有物があります.

頭痛発作回数の最も多い曜日は金曜または土曜などの週末で,最も少ないのは月曜日または火曜日などの週始めです.緊張がとれてホッとした時に多く起こるようです.

週末に起こる片頭痛患者101名へのアンケート調査では30%は週末に発作があり, 1日当たりのカフェインの平均摂取量は734mg(510~1253mg)でそれ以外の患者の約2倍の摂取量でした.睡眠時間については,週末頭痛患者は土曜日や日曜日にそれ以外の患者より平均1.8時間(30分~3時間)長く寝ているという結果でした.



特定保健指導   管理栄養士 後藤 栄里子

食欲の秋、美味しいものが増えるこの季節、つい食べすぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。最近、『おなかがぽっこりしてきた・・・』『ズボンがきつくなった・・・』という方は要注意です。そこで、腹囲を1㎝減少させるためには、約何キロカロリー(kcal)の消費が必要か、皆さまご存知でしょうか。答えは、約7000kcalとなります。その数値からすっかりやる気をなくされた方もいらっしゃると思いますが、ここで重要なのが食事・運動の組み合わせと毎日の積み重ねです。

例えば、1ヶ月で腹囲を1㎝減らすためには、1日に230kcalマイナスの計算になります(7000kcal÷30日≒230kcal/日)。その230kcalを食事と運動でどのように分けるか、自分ができる方法を考えればよいのです。そこで[食事150kcal(ビール350ml缶1本)+運動80kcal(速歩30分・体重50kgの場合)=230kcal]とすると、毎日ビールを2本飲んでいた場合は1本にし、1日散歩(早歩き)を30分行うと良いということになります。これなら実現に向けて具体的になるのではないでしょうか。

以上のような考え方の内容を特定保健指導にてもおこなっています。特定検診による喫煙習慣と肥満状態および検査結果から判断された段階により、保健指導が行なわれます。当院にても実施しておりますので、対象となられた方はお気軽にご相談ください。

以前、保健指導を受けられた方が3カ月で腹囲マイナス4㎝という結果を得られ、短い期間で日々努力をされたことがうかがえました。そのまま継続できれば、数年、数十年後にかかる可能性のあった病気を自ら防いだことになります。目標を達成できたときの嬉しい気持ちは同じです。ですが、それに向けて決断し、実行するのは患者さまご自身です。とはいえ、指導側である私自身も説得力のない体型にならないよう、一緒に頑張る気持ちで日々生活してまいりたいと思っております。



薬局の仕事「調剤と服薬指導」  薬剤師 井之川 芳之

上武呼吸器科内科病院の薬局の仕事は、大学病院などの院内薬局における仕事と基本的には同じであると考えていますが、主な仕事の内容としては、入院患者さんへの処方箋に基づく調剤業務とその処方された薬剤について、患者さんに効き目や副作用あるいは飲み方(服薬方法)等の説明をして、ご自分が服薬されている薬についてご理解頂くことです。

調剤業務では、薬をPTP(ピーティーピー)シート☆から1錠ずつ取り出して、処方箋に記載された処方日数分を1日ごと(朝食後・昼食後・夕食後など)に患者さんが飲めるよう薬袋に入れて機械的に分別することになります。この作業を一包化☆☆(1回分を一つの袋にまとめてしまう作り方)と言い、実際には患者さんが服用する薬は2種類以上、場合によっては1日に朝食後・昼食後・または夕食後に5~6種類も多く服用する方もおられますので、確実に処方された通りに服薬頂くためにこの一包化の作業は大切な業務となっています。



この作業(一包化)により、患者さんが朝食後などに服薬する際に、まとめて間違いなく服薬することができるようになります。

ところで入院されている患者さんが錠剤やカプセル剤をそのまま飲める方ばかりではありません。一包化の作業においては、胃ろう(胃壁に直接小さな穴をあけてカテーテルチューブを設置した状態)のある患者さんが薬を口から飲めない状態ですので、胃ろう用のチューブから直接服薬頂くこととなります。そのため薬を粉砕して粉末化し、それをお湯または水に懸濁して、チューブで注入することとなります。従って錠剤を粉砕して、さらに一包化する作業が必要となるのですが、錠剤によっては吸湿性が高いため粉砕することが難しい薬や粉砕することで粘膜への刺激が強くなってしまう薬もありますので、予め薬の性質を確認して粉砕が妥当かどうかも判定することになります。

薬剤師のもう一つの仕事ですが、薬の効果や服薬の仕方(飲み方など)、さらに副作用に関する情報を説明して患者さんご自身がどのような薬で治療を受けられているか、ご理解頂くことも仕事に含まれます。(このことを服薬指導と言いますが、副作用が現われていないかどうか等を確認することにも対応しています)。先ほども調剤業務の中で説明しましたが、1日に多種類の薬を飲んでいる方もおられます。その時の薬の体内での動き(このことを体内動態と言いますが)は、それぞれの薬で違った動きをする場合もあり、薬の組み合わせによっては、ある薬が別の併用された薬の動きに変化を及ぼすことも知られていますので、その組み合わせがお互いの動きに影響するかどうかを予め調べることも必要となります。そして併用される薬による影響が大きく予測される場合は、主治医の先生にその情報をお知らせして、薬の量の変更や、薬そのものの変更を提案する場合もあります。

このように、院内での薬剤師の仕事は患者さんの治療に直結する業務ですので、やりがいもあり、またそれだけ重要な仕事であると思っております。

ここまでは薬局の主な仕事の説明でしたが、ご不明な点や分り難い内容などありましたら、いつでもお問合せ下さい。



何げない出来事   診療放射線技師 野村 哲郎

私は、当病院に勤務しております診療放射線技師です。わかりやすく言いますと、レントゲン技師と言われています。患者様の医療画像を医師に提供する仕事をさせていただいております。医療画像を提供といいましても、その前に患者様に挨拶をし、会話をし、状態を見たりしながら、医師の指示のもと、患者様と共に撮影を行っていきます。

そもそも私がこの職業を選んだのは、高校生の時でした。思いとしてあったものは、機械を相手にするのみでなく、人と接することもでき、人のためになることがしたいということだったのです。私に最も適したものが、この職業だと感じました。そして今に至ります。

話は変わりますが、私の中学生からの友人、中には保育園、物心が付く前からの友人にて先日、フットサル(サッカーの様なもの)の試合に出場して参りました。結果は残念ながら負けてしまったのですが、今回この文章を書かせていただく内容のきっかけになる小さな出来事があったのです。友人の娘は、小学生の低学年生です。その子に将来どんな仕事をしたいのかと聞きました。子供らしい「~屋さん」という答えを期待していたところ、「人を助ける仕事」と言ったのです。私が高校生の時に思った「人のためになる」とは少し違うかもしれませんが、近い感覚に驚かされたと同時に、いつも心掛けていることとはいえ、初心に返り仕事をしていく大切さを再確認しました。友人の娘に感謝したい気持ちでいっぱいです。

今回のことは何げないことかもしれませんが、今後も、人との繋がりによって体験させてもらうことと友人関係を大切にしていこうと思いました。



運動の習慣化   理学療法士 宇賀 大祐

少し階段を昇り降りした時、ゆるやかな坂道を歩く時、「ゼー、ハー、ゼー、ハー」、「こんなんで息が切れるなんてもう歳だなー」。よく耳にする言葉です。40歳以上の日本人は、約530万の人が肺の病気COPDと考えられています。しかし、厚生労働省の調査(2008年)では、実際に医師からCOPDと言われている患者数はたったの約17万人です。要するに、「隠れCOPD」の方が500万人以上いることになります。

筋力は30歳代をピークとしてゆっくりと弱くなっていき、50歳頃から一気に弱くなります。80歳代では30歳代の30~40%弱くなってしまいます。また、肺も加齢により弱くなります。そうなれば、階段の昇り降りや坂道を歩くことは大変になることは容易に想像できます。しかし、同じ年代の人と比べて息切れが強い場合、「隠れCOPD」かもしれません。

当院のリハビリテーション課では、COPD等の呼吸器疾患の方を対象にリハビリテーションを提供しています。患者さんの中には、「苦しいのに運動する」ことを嫌がる方も多く感じます。「使わない機能は低下する」、つまり、苦しい→動かない→筋肉が弱くなる→動くと余計苦しい、といった悪循環の出来上がりです。その悪循環を断ち切るために運動を指導します。

このように運動を指導する際、自分の生活も見直さなければならないなぁと気付かされます。徒歩3分のコンビニに車で行っているようでは、運動を指導する側としてダメですね。患者さんに運動を勧めているのですから、病院のスタッフを含めた全員で運動する習慣をつけましょう。まずは、エレベーターではなく階段を使う。些細なことからスタートです。



経鼻的上部消化管内視鏡検査   准看護師 押江 保江

食道や胃など上部消化管の疾患が疑われる場合、口から内視鏡(胃カメラ)を挿入して、消化管の中を観察する「上部消化管内視鏡検査」が行われます。上部消化管内視鏡検査は、バリウム検査(X線による胃透視検査)とは違い、実際に食道、胃、十二指腸の表面を詳細に観察できますので、臓器の異常、例えば潰瘍やポリープ、癌などができていないか、また、それがどの程度のものかも分かり、病変が疑われる場合には、患部の粘膜を一部採取して、顕微鏡による組織検査をする事もできるので、より正確な診断ができ、病気の早期発見に役立てる事もできます。

上部消化管内視鏡検査には、内視鏡を口から挿入して行う方法と、「経鼻的上部消化管内視鏡検査」と云い、経鼻内視鏡を鼻から挿入して行う方法があります。上部消化管内視鏡検査において、少しでも患者様の負担を軽減しようと、経鼻内視鏡が開発されました。

当院でも、従来通りの内視鏡を口から挿入して行う方法に加えて、平成22年7月より、経鼻内視鏡を鼻から挿入して行う方法も実施されています。

経鼻内視鏡検査は、通常の口からの内視鏡検査で使用する内視鏡よりも細い内視鏡(直径5mm程度)が使用されます。口からの内視鏡に比べ、半分程度の太さです。その細さから経鼻内視鏡検査は、「楽な検査」と一般に人が思う程、楽な検査とは言えないかも知れません。鼻炎のある方や鼻腔の狭い方では、鼻の痛みや鼻出血等を伴う事もあり、経鼻内視鏡を鼻から挿入できない場合もあるからです。但し、検査中に会話は可能で、口から行う内視鏡検査でみられるような嘔吐反射等は殆んどありません。

最近、胃の調子がよくないと感じている方や上部消化管内視鏡検査の受診を考えている方は、経鼻での内視鏡検査も、候補の一つとして検討してみては如何でしょうか。



感謝   看護師 菅野 あき子

6畳1間、収納なし。部屋の横幅2m強。細長い部屋でした。もちろん家賃は激安。ガスは通っていません。良く言えばオール電化かもしれません。深夜電力で貯められたタンク内のお湯のみが私のお湯…。貴重なお湯…。大事に大事に使用しなければ洗髪中泡だらけでお湯は終了し水へと急に変化します。冬場は辛かったです。その他不自由な点は多々ありました。でも私だけではない、右隣りには身長180cm以上ある黒人女性、毎朝太鼓の民族音楽で私を目覚めさせて頂きました。片言の日本語で「おはようございます…」とベランダごしに挨拶した朝、今では良い思い出です。

学生時代色々な経験をし、周りの皆様に支えられ、今日があります。晴れて何とか看護師免許を取得できた現在、ガスが通りお湯が使いたい放題の小さなアパートに居ます。色々な人達との出会いと、周囲の皆様の御指導御鞭撻を心より感謝し、これからもより患者様や御家族の方々が安心できる看護を提供できるよう技術と知識の向上に努力していきたいと思います。

そしていつか2DKの部屋に住みたいという小さな夢…でも1人には、やはり1Kで十分かもしれないと思う今日この頃です。



夜勤デビュー   看護師 高橋 俊行

看護師として勤務し5ヶ月目。日勤業務は慣れてきたけれど「夜勤」となると初めての事なので不安とプレッシャーを感じていました。夜勤初日は、師長さんに指導して頂きながらでしたのでいつもより余計に緊張する中スタートしました。日勤と比べて倍近い患者様を受け持ち、巡視に入る。夜なのでもちろんほとんどの患者様は寝ている。そんな中起こさない様患者様の状態の変化がないか観察し点滴のチェックその後記録やオムツ交換、検温や採血など想像以上に忙しかったです。最初は眠かったが、次第に眠気どころか神経が高ぶり目も冴えてきて夜勤帯もあっという間に過ぎていきました。夜勤初日、何事もなく過ぎましたが、急変時の対応、夜勤外来・入院の対応などまだまだ不安な事ばかりですが、そんな不安を少しずつ減らし、自信に繋げていけるよう先輩方のご指導のもと一生懸命頑張って勉強していきたいと思います。



公開講座を受講して   診療放射線技師 野村 哲郎

群馬県立県民健康科学大学にて「正しい方法を再確認!放射線測定と被曝相談」というテーマの公開講座に参加し、放射線測定と被曝相談の基礎を学び、実際に機器を使用しての測定と被曝相談に必要な話し方などを学んで参りました。

何度かこういった講座に参加したことはありますが、今まで経験したことのない内容がありましたのでご紹介致します。

二人一組になり、普通に話をする場合と、相手の方が話をしづらい態度をあえてとった場合との比較をするのです。例えば、時計を見る、視線を合わさない、落ち着かない態度をとるなど。勿論、会話にもならず、相談なんてもってのほかです。このことを実際に体験して再確認できました。

患者様と接する時は、話の内容だけでなく、声の抑揚、表情、動作、視線などの非言語的表現を今まで以上に大切にし、今回の講座を通して学んだことを実際の医療現場で活かして行きたいと思います。



肺機能検査   臨床検査技師 福島 和夫

待合室を通り過ぎると、「よっ!」と声がかかる。以前、肺機能検査をした患者さんだ。「あんときゃつらかった~。」と、検査の時の話題になる。「また、がんばってくださいね。」とお答えして、その場を去る。

どうも、「あのつらい検査をする人」ということで、患者さんに顔を覚えていただいているようです。

肺機能検査は、患者さん自身に頑張ってもらわなければ成り立たない検査です。検査をすすめるには、患者さんとのコミュニケーションが欠かせません。患者さんに息の吸い方・呼き方を理解していただき、出来るだけスムーズに終えるよう努力をしていますが、やはりつらい検査です。「呼いて!、呼いて!」「がんばって!、がんばって!」と声を掛け、ひたすら検査技師は応援に徹します。

肺機能検査では、大きな声で一生懸命に応援をしますので、よろしくお願いします。



経鼻内視鏡のすすめ   医師 茂木 健太

皆さんは、「鼻から内視鏡を入れる」と聞くと「痛くないのだろうか?」と心配になってしまうのではないでしょうか?

しかし、ちょっと待ってください。当院には鼻からチューブ(内視鏡ではありませんが)を入れている患者様がたくさん入院しています。内視鏡もN・Gチューブ程度の細いものでしたら、結構簡単に挿入することができるのです。(もちろん十分な麻酔が必要ですが)

最近は、胃癌になっても、それが微小癌(粘膜内癌)で発見されれば、内視鏡的手術(EMR、ESD)で治療が可能です。ただ、微小癌(粘膜内癌)の発見には内視鏡検査が不可欠です。

経鼻内視鏡の欠点は、口からの内視鏡に比べて半分程度の太さであるため明るさや解像度が劣り、小さな病変を見落とす危険性があることです。

当院では昨年、オリンパス社製の最新の経鼻内視鏡(XP-260NS¨2010年2月発売)を導入しました。この内視鏡は先端部外形5.4ミリメートルの細いスコープの中にライトガイドを2本装着しており、従来のライトガイド1本の機種に比べ2倍の明るさで観察することができます。

当院では、安全で確実な検査ができるよう1日当たりの検査数を他の医療機関より少なめに設定しており、経験豊富な内視鏡専門医(消化器内視鏡学会指導医・専門医)が、患者様1人1人に十分な時間をかけて丁寧に対応することを心がけています。

皆さんの中にも、最近胃の調子がよくない・・・と感じている人はいませんか?そんな方は、勇気をだして是非一度経験してみてください。



私たちの職業・・・   診療放射線技師 野村 哲郎

皆さんは、診療放射線技師という職業についてどのくらいご存知でしょうか。私はこの資格を取得して7年が経ちます。職業を問われ、「診療放射線技師です」と答える度に、「どんな仕事ですか」と再度質問されることが多くあります。

診療放射線技師とは、厚生労働大臣の認可を受けて、医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射することを業務とする者をいいます。

仕事内容としては

・X線撮影(俗に言うレントゲン、全身のあらゆるところの撮影、骨や肺など)

・CT撮影(断面の撮影)

・透視撮影(俗に言うバリウム、消化管の撮影など、胃や腸)

・骨塩定量(骨密度、放射線を用いないものもある)

・画像処理など

当病院では行っていませんが

・核医学検査(放射性医薬品を用いた検査)

・MRI(磁気と電波を用いた断面の撮影)

・放射線治療など

私たち診療放射線技師は、様々な撮影を行い、多くの医療情報(画像)を提供しています。そして、患者様に苦痛なく撮影できるように日々心掛けています。最後に余談ですが、「レントゲンさん」と呼び止められた技師がいたそうです。レントゲンさんでは、X線を発見した本人になってしまいますのでご注意を(1901年 第1回ノーベル物理学賞受賞)。



骨粗鬆症について   診療放射線技師 横堀 健弥

骨粗鬆症とは、骨量(カルシウムやコラーゲンなど)が減って、骨がふ菓子のようにもろくなって骨折しやすくなっている病気です。

「原因」 老化やカルシウム不足、運動不足、喫煙や飲酒などが関係しています。特に女性では、閉経による女性ホルモンの減少が最も大きな要因となります。これらの要因によって、新しい骨をつくる働き(骨形成)と古い骨を壊す働き(骨吸収)のバランスが悪くなることで骨粗鬆症になります。

「症状」 骨粗鬆症の初期は自覚症状が少ないため、骨折してはじめて病気を自覚することも少なくありません。病気が進むと、背中や腰が激しく痛む、身長が縮む、背中・腰の曲がりが目立つ、転んだだけで骨折するなどの症状が現れます。

「予防」 年齢とともに骨をつくるよりこわすスピードの方が早くなっていくのは生理的な現象です。食事のバランス、適度な運動、日光浴、お薬などを上手に取り入れ、つくるとこわすのバランスを整えることが必要です。

「骨密度検査」 骨に含まれるカルシウムやコラーゲンなどの量を測定します。当院では、両手をX線撮影し、骨密度を測定する検査を行っております。これにより簡単にご自分の骨密度を把握していただくことができますのでお気軽にご相談下さい。



肺がんCT検診認定技師   診療放射線技師 横堀 健弥

技師講習会ならびに認定試験に参加する機会を頂きました。お陰様で講習会に参加でき、試験にも合格する事ができました。

肺の基本構造、基本画像を再確認することができるとともに、新しい知識を学ぶことが出来ました。また、CT画像の異常所見を検出する技術も得ることができました。

講習会で得た知識、技術をこれからの現場でいかしつつ、安全で、精度の高いCT検診が出来るよう努力して参りますので宜しくお願い致します。



▲page top