神奈川県勢・年度別戦績表(1972年)

1972年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦日大桜丘5-0日大三2回表、日大桜丘が川畑の適時打で1点を先制。4回にも仲根の3塁打と上野のスクイズで2点目。仲根が2安打完封の力投。投手:仲根正広(近鉄→中日)−小曽根修治(電電関東)・待井昇(太平洋)。
《日大桜丘の戦績》日大桜丘6-0松江商業/日大桜丘3-1高知商業/日大桜丘3-2東北/日大桜丘5-0日大三
出来事沖縄の本土復帰を記念して名護高校が出場。ベスト4を日大桜丘(投手:仲根正広)、日大三、東北、銚子商の東日本勢が独占。耳付きヘルメットの着用を義務付ける。1回戦、日大桜丘−松江商業戦で、日大・仲根が8回まで無安打に抑えるが、9回に松江・山内に安打され、快記録を逸する。
主な選手 ◇PL学園:池田勝之(東京ガス)・園田末男(ホンダ)・松本勇(新日鉄堺)◇花園:本田勤(南海)・斉藤明夫(大阪商大→大洋→横浜)◇戸畑商業:小川一夫(南海)・岡山努(北九州大)◇高知:橋本幹雄(三菱自動車)◇高知商業:安岡直記(明大→東京ガス)・益永博之(明大)・岡村和彦(明大)・安岡正則(四国銀行)◇今治西:木村富士夫(法大→川崎重工業)・渡辺公夫(法大)・渡部道則(伊予銀行)◇市立神港:奥野善英(神戸学院大→大倉工業)◇鹿児島実業:下川洋一(東洋大)・和気清憲(リッカー→鹿児島鉄道管理局)
◇松商学園:宮沢温(専大→北陸銀行)・米川満(駒大)・小町谷悦男(駒大)・中島昭男(三協精機)◇静岡商業:深沢茂(早大→日本鋼管)・大滝敏之(駒大→拓殖銀行)・山本睦夫(東海大→河合楽器)・尾上均(中大)・原一洋(東海大)・野木文夫(日体大)◇大鉄:岩木哲(新日鉄広畑→南海)・木村宏(中大→富士重工)◇銚子商業:根本隆(日本石油→大洋→西武)・多田弘道・八角寛二(専大→日本石油)◇東北:庄子茂(法大→日本石油)・伊藤博(日本石油)・末永善博(盛岡鉄道管理局)・石川清一(三菱自動車川崎→電電東北)◇日大桜丘:仲根政裕(近鉄→中日)・細田初雄(日大→ホンダ)・常田昭夫(日大中退→日立製作所)・青木孝文・川端康雄・柘植美之・井坂英夫・高橋将博・上野嘉郎◇日大三:待井昇(太平洋)・吉沢俊幸(早大→阪急→南海)・小曽根修治(電電関東)・羽田悦郎(日大→ホンダ)・柳沢敏夫・小杉治・中橋俊彦・大山正成・小池栄造(青学大)・羽生津彰夫(日産自動車)◇箕島:島本啓次郎(2年、法大→巨人→近鉄)◇名護:城間盛雅(阪急)

1972年夏 東海大相模

出場回数2年ぶり3回目
主な選手(1)石黒秀雄・藤村正人  (2)金子智昭  (3)菅野保  (4)小泉有司  (5)渡辺良(東海大→日産自動車) (6)林裕幸(2年、東海大→日本石油→日石監督→明治安田生命監督) (7)石井昭男(2年、東海大→中日)  (8)坂東寿彦(東海大→いすゞ自動車)  (9)斎藤正明               
対戦成績 1回戦0-3中京
東海大相模 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中京 1 0 1 1 0 0 0 0 X 3
1972n1.bmp 1回裏、中京の先頭打者・横井に遊ゴロ内野安打を打たれ、盗塁、送りバントで1死3塁に。続く海老名に右前打を打たれ、先制点を許す。3回裏、中京の先頭打者・鈴木純に中前打を打たれ、鈴木2盗の後、横井に左前打を打たれ無死1,3塁に。続く犬飼はショートライナーに討ち取り1死に。ここで東海は投手を石黒にスイッチするが、次打者・海老名にスクイズを決められ2点目を許す。さらに4回裏にも金本の中前打で1点を奪われる。東海は中京の1年生、軟投派・金本投手に看板打線が3安打に抑えられる。中京は3回までに5盗塁を決めるなど、そつなく加点。相手投手:金本誠吉(1年、ホンダ鈴鹿→阪急→韓国三星→韓国サンバンウル)。
《中京のその後》2回戦○4-0足利工業/準々決勝●2-4高知商業
甲子園決勝戦津久見3-1柳井津久見が2回に犠牲フライで1点を先制。3回にも2点を追加。柳井は8回裏に岡村のタイムリーで1点を返すが、要所を締められて10安打も実らず(津久見は5安打)。投手:水江正臣(ヤクルト)−杉本義勝。
《津久見の戦績》津久見3-2鹿児島商業/津久見13-1苫小牧工業/津久見1-0明星/津久見5-3天理/津久見3-1柳井
出来事古豪津久見が水江正臣(ヤクルト)の力投で優勝。ベスト4は西日本が独占する(津久見、天理、高知商業、柳井)。センバツ優勝の日大桜丘が1回戦で高知商業に延長11回の末3-4で敗れる。1回戦で三重と長崎の両”海星”が対戦し、2-0で長崎海星が勝利する。
主な選手 ◇丸子実業:堀場英孝(2年、慶大→プリンスホテル→広島→大洋→巨人)
◇峡南:深沢恵雄(2年、日本楽器→阪神→ロッテ)◇広陵:竹桝和也(亜大)・杉浦三六(南海)・門可義則(亜大→電電中国)・加登義基(広島経済大)◇高松一:鎌田重雄(中大→三菱重工名古屋)・東山毅彦(早大)◇高知商業:安岡直記(明大→東京ガス)・益永博之(明大)・岡村和彦(明大)・安岡正則(四国銀行)◇三重海星:中田健◇鹿児島商業:堂園喜義(1年、広島)◇秋田市立:船木千代美(TDK監督)・戸部良一(秋田鉄道管理局→JR東日本東北監督)・・畠山和彦(東洋大→秋田相互銀行)◇習志野:掛布雅之(2年、阪神)◇星稜:谷内野隆(北陸銀行)◇膳所:遠藤裕久
◇足利工業:石田真(阪急)◇中京:金本誠吉(1年、ホンダ鈴鹿→阪急→韓国三星→韓国サンバンウル)・大竹順一(三協精機)・横井勲(明大→三協精機→電電東海)・鈴木勇夫(中京大→三協精機)・浅野正二(青学大)・海老名敏彦(拓殖銀行)◇長崎海星:松尾格(ロッテ)◇津久見:水江正臣(ヤクルト)・吉近寿一(専大→日鉱佐賀関)・矢野敏明(日鉱佐賀関)・中川信秀(太平洋)・村越英之(日本生命)・坂東一彦(九州産交)◇天理:新谷守(同大→ホンダ鈴鹿)・吉田昌義(明大)・吉川博敏(同大→同大監督→日本新薬監督→大和高田クラブ監督→神戸国際大監督)・佐藤清(2年、早大→日本生命→早大監督)◇東海大工業:黒川理◇東筑:徳野晴美(専大→門司鉄道管理局→JR九州監督)・石田義幸(明大)・小笠原義治(明大→明治生命)・城迫一美(専大→電電信越)・松尾壮吾(明大)◇東北:庄子茂(法大→日本石油)・伊藤博(日本石油)・末永善博(盛岡鉄道管理局)・石川清一(三菱自動車川崎→電電東北)◇東洋大姫路:山川猛(駒大→西川物産→西武→阪神)◇日大桜丘:仲根政裕(近鉄→中日)・細田初雄(日大→ホンダ)・常田昭夫(日大中退→日立製作所)・青木孝文・川端康雄・柘植美之・井坂英夫・高橋将博・上野嘉郎
◇米子工業:大下朗(大阪商大→電電近畿)◇名護:城間盛雅(阪急)◇明星:藤田正博(同大→大和銀行監督)◇柳井:岡村隆則(中大→河合楽器→西武)・杉本義勝
県大会決勝戦東海大相模5-0秦野
秦野 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東海大相模 0 1 1 0 3 0 0 0 X 5
1972k.bmp 秦野・岸山投手が準決勝で肉離れを起こし不調。立ち上がりから四球や暴投を連発。東海は3回の裏、林・渡辺が連打の後、小泉のピッチャーゴロで1死1・2塁。石井が安打して満塁とした後、斉藤が二遊間を抜いて1点追加。投手:藤村−岸山。
出来事TVKのテレビ中継が始まる。県大会準決勝(東海−法政二)では、東海が2-6で迎えた9回に二死から法二・中野遊撃手のエラーを機に満塁とし、4番・石井の中越打と遊撃手の再度のエラーで4点差を追いつく。さらに、投手を石黒から藤村に替え、延長15回、振り逃げで出塁した藤村を石井が再び中越打で返し、準々決勝の横浜戦(延長11回逆転サヨナラ勝ち。相手投手:永川)に続き奇跡の延長サヨナラ勝ち。秦野高校が3回戦で第2シードの浅野を破り波に乗り、準々決勝では前年度全国制覇の桐蔭学園に延長18回3-3の引き分けとし(4時間22分)、再試合の末8-4で桐蔭を破る。引分け再試合は59年の一商−小田原、61年の県商工−南に続き史上3度目。秦野・岸山は215球を投げぬく。準決勝は秦野が木田の一商を延長11回4−3で降す。秦野高校・市内で準優勝パレードを実施。川崎球場の1回戦、新城−吉田島農林は6回から初のナイターに突入。2回戦で日大・宮林が横須賀戦でノーヒットノーラン。一商の木田が大磯戦で18奪三振の大会タイ記録。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]秦野4-3横浜一商/東海大相模7-6法政二
[準々決勝]横浜一商10-0鶴見工業/秦野8-4桐蔭学園/東海大相模4-3横浜/法政二8-0日大藤沢
主な選手 ◇東海大相模:石井昭男(2年、東海大→中日)・林裕幸(2年、東海大→日本石油→日石監督→明治安田生命監督)・小泉有司・坂東寿彦(東海大→いすゞ自動車)・石黒秀雄・米沢晴己(関東学院大→鷺宮製作所)・佐藤幸男(関東学院大→リッカー)・金子智昭・斎藤正明◇横浜:青木実(日産自動車→ヤクルト)・斉藤宏(キャタピラー三菱)・猪之尾英雄(帝京大)・鈴木正己(東京鉄道管理局)・安里耕吉(東京鉄道管理局◇横浜一商:木田勇(日本鋼管→日ハム→横浜大洋→中日)◇横浜商業:柴崎良之(日本通運)◇鎌倉学園:高林勝(東京農大→大昭和製紙→日本鋼管)◇橘:河守峰男(日本楽器→大洋)◇桐蔭学園:池田修(関東学院大)・大泉博(関東学院大)◇慶応:福田修也(慶大→ホンダ鈴鹿)◇秦野:岸山明・佐藤秀夫◇逗子開成:高橋正勝◇藤沢商業:田代富雄(大洋)・安達義春(三菱重工横浜)・清家康貴(三菱重工横浜)◇日大:宮林和徳(日大→三菱自動車川崎)




戻る